スポンサードリンク




2015年11月11日

電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカード まとめサイト作りました

2015-11-11 15-44-13.png


「電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカード」のまとめサイト作りました!

現金に変わる様々な決済手段が身の回りにあふれてきました。私も好きでいろいろチャレンジしてきましたが、そろそろ管理が困難になってきました。

これまでブログに書いた記事とあわせて、ピックアップしたものをまとめました。総数は39種類、すごい数です。

まとめサイト【保存版】電子マネーマップ

電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカードを一挙にご紹介しています

http://premiumcard.jp/

内容

●交通系電子マネー
1. Suica[スイカ]
2. PASMO[パスモ]

●流通系電子マネー
3. nanaco[ナナコ]
4. WAON[ワオン]
5. 楽天Edy[ラクテンエディ]
6. CoGCA[コジカ]
7. uniko[ユニコ]

●カード会社系電子マネー(後払い)
8. iD
9. QUICPay

●共通ポイントカード
10. おさいふPonta
11. 楽天ポイントカード
12. Tマネー
13. ココカラクラブカード

●金融系デビットカード
14. 三菱東京UFJ-VISAデビット
15. りそなVisaデビットカード
16. イオンデビットカード
17. スルガ銀行 Visaデビットカード
18. Financial Pass Visaデビットカード
19. 楽天銀行デビットカード(Visa)
20. 楽天銀行デビットカード(JCB)
21. JNB Visaデビット
22. Sony Bank WALLET

●通信系プリペイドカード
23. au WALLET[エーユーウォレット]
24. ソフトバンクカード

●カード会社系プリペイドカード
25. JCBプレモカード
26. 三井住友VISAプリペイド
27. バニラ Visa オンライン

●バーチャルプリペイドカード
28. e-さいふ
29. Vプリカ
30. 楽天バーチャルプリペイドカード

●GS系電子マネー
31. Speedpass[スピードパス]
32. Speedpass+[スピードパスプラス]
33. Speedpass+nanaco[スピードパスプラスナナコ]
34. Shell EasyPay[シェル イージーペイ]

●プリペイドカード(ハウスカード)
35. Starbacks Card[スターバックスカード]
36. TALLY'S CARD[ターリーズカード]
37. KOMECA[コメカ]
38. KFC CARD[ケーエフシーカード]
39. クロネコメンバー割

まとめサイト【保存版】電子マネーマップ

電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカードを一挙にご紹介しています

http://premiumcard.jp/
posted by Ken at 15:56 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

Kanebo Cosmetics, Lissage and E’quipe recall the brightening products from the Japanese market containing the quasi-drug ingredient Rhododenol 4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol

2013-07-04 14-30-43.jpg

kanebo カネボウ化粧品が美白化粧品54製品を自主回収すると発表しました。ロドデノール配合で「肌がまだらに白く」なる事例が報告されています。

その影響は、世界へと広がっています。回収は日本の市場に限られるようですが、土産物として買い求めた海外の方などもいることでしょう。

正確な情報が伝わることを願います。

以下は、カネボウのグローバルサイトに掲載されたリリースです。


Kanebo Cosmetics Inc.
Lissage Ltd.
E’quipe Ltd
.
Tokyo, July 4, 2013

For immediate release Voluntary recall of products containing the quasi-drug ingredient Rhododenol
4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol
Kanebo Cosmetics Inc.,Lissage Ltd. and E’quipe, Ltd. have decided to recall the brightening products from the Japanese market containing the quasi-drug ingredient Rhododenol 4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol. The voluntary recall was initiated after a discovery that consumers
who have used certain brightening products manufactured and sold by Kanebo Cosmetics Inc. and its
affiliates Lissage Ltd. and E’quipe Ltd. have reported the appearance of white blotches on their skin. The brightening products in question all contain Rhododenol.
Rhododenol is an active quasi-drug ingredient approved by the Ministry of Health, Labour and Welfare in accordance with the Pharmaceutical Affairs Act after passing extensive safety tests.
As long as there is the possibility of a connection between Rhododenol and the symptoms mentioned
above, Kanebo Cosmetics Lissage Ltd. and E’quipe Ltd. have decided to voluntarily recall all of their products containing it.

1. Affected products
KANEBO brands
Kanebo BLANCHIR SUPERIOR:
-White Deep Clear Conditioner (all 7items)
-White Deep Milky Conditioner (all 3items)
-White Deep Night Conditioner (all 4items)
-White Deep Mask
-White Deep UV Day Protector

SUISAI:
-Whitening Essence

TWANY:
-Esthetude White Lotion (all 6items)
-Esthetude White UV Protect Serum
-Esthetude White Clear Tight Mask
-Century The Lotion (all 2items)

IMPRESS:
-IC White Lotion (all 2items)
-IC White Emulsion (all 2items)
-IC White Fit Mask 3D
-Granmula Lotion

AQUALEAF
-MCT Whitening Essence

LISSAGE brands
LISSAGE:
-White Skin Maintenizer (all 8items)
-White Whitening Repair Cream
-White Trial Set (all 4items)
-Beauté Circu Lead a

E’quipe brands
RMK:
-Skintuner Brightening (both 2 items)
-Intensive Brightening Essence

SUQQU:
-Whitening Repair Essence
-Whitening Lotion
-Whitening Barrier Emulsion


2. Sales outlets

Drugstores, supermarkets, specialist cosmetics outlets, department stores
in Japan(about 15,000 sales outlets)


3. Customer inquiries

Customers who have question s about the recall or require further information may contact the
Kanebo Cosmetics Customer Service at 0120-137-411 (toll-free in Japan) or through the website:
https://www.kanebo-cosmetics.ne.jp/global/contact/index.php/

The telephone line is open:
9 am - 9 pm (until the July12, including weekends and public holidays)
9 am - 5 pm (from July 13-31, including weekends and public holidays)
9 am - 5 pm (from August 1, excluding week ends and public holidays)






Kanebo Cosmetics Inc.
http://www.kanebo.com/

kanebo カネボウ化粧品 美白化粧品 54製品を自主回収 ロドデノール配合で「肌がまだらに白く」
http://greenhand.seesaa.net/article/368286300.html





posted by Ken at 18:19 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kanebo カネボウ化粧品 美白化粧品 54製品を自主回収 ロドデノール配合で「肌がまだらに白く」

kanebo カネボウ化粧品が美白化粧品54製品を自主回収と発表。ロドデノール配合で「肌がまだらに白く」なる事例が報告されています。

2013-07-04 14-30-43.jpg

kanebo(カネボウ化粧品)が衝撃の発表を行いました。

日差しが強くなる夏本番を控えて、多くの女性が愛用する美白化粧品を自主回収するという発表です。

回収の対象となったのは、医薬部外品有効成分「ロドデノール」が配合された商品。

肌がまだらに白くなるという事例が多数報告されているようです。

カネボウ化粧品とともに、子会社のリサージ、エキップで製造販売されている製品も対象となっていますので注意が必要です。

5月に皮膚科医から情報が寄せられ、調査を開始したようです。

肌がまだらに白くなるという報告は39件、うち14件はすでに回復し、15件は治療中とのことです。

使用を止めると回復するとの報告もあるようですが、実態は把握しきれていないでしょう。

今後、同じような経験をしている購入者が名乗り出ることも考えられますから、数は増える可能性もあります。

「ロドデノール」はカネボウが独自に開発した美白成分だそうですから、他のメーカーで同様の現象が起こる可能性は少ないと思いますが、今後の情報には要注意です。

「この夏は美白で乗り切る!!」と暑い中でも”完全防備”で戦っている女性の皆さんには水をさされるようなニュースとなりました。

しかし、紫外線が有害となりうる事実は変わりません。

私の化粧品は大丈夫?これからどうしたらいいの??と、悲鳴が聞こえてきそうです。

各化粧品メーカーもコメントを出すかもしれませんし、心配であれば問い合わせてみましょう。

これ以上、騒ぎが広がらないことを望みます。



調べてみました。

<< ロドデノールとは >>

正式名:
4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール
「4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol」

効果:
メラニン色素を作り出す酵素「チロシナーゼ」の働きを妨害することで、メラニンの生成を抑えます。

成分:
植物に含まれる天然化合物をターゲットにした探索により見出された成分で、白樺の樹皮などに多く含まれています。


参考

会社案内 研究・技術
「メラニンの生成を抑制する研究2 ―― ロドデノールの開発」
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/rd/list/brightening/rhododenol.html


kanebo ニュースリリース
「独自の美白有効成分 「ロドデノール」のメラニン生成抑制作用メカニズムをさらに解明
“ユウメラニン(黒色メラニン)”を顕著に減少させる新効果を発見」
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/pdf/20101221-01.pdf




<< 以下、カネボウHPより抜粋 >>


1. 対象製品名

【株式会社カネボウ化粧品】
●カネボウブランシール スペリア

ホワイトディープ クリアコンディショナー 全7品
ホワイトディープ ミルキィコンディショナー 全3品
ホワイトディープ ナイトコンディショナー 全4品
ホワイトディープ マスク
ホワイトディープ UVデイプロテクター


●suisai

ホワイトニングエッセンス


●トワニー

エスティチュードホワイト ローション 全6品
エスティチュードホワイト UVプロテクトセラム
エスティチュードホワイト クリアタイトマスク
センチュリー ザ・ローション 全2品


●インプレス

IC ホワイトローション 全2品
IC ホワイトエマルジョン 全2品
IC ホワイトフィットマスク3D
グランミュラローション


●アクアリーフ

MCTホワイトニングエッセンス


【株式会社リサージ】
●リサージ

ホワイト スキンメインテナイザー 全8品
ホワイト ホワイトニング リペアクリーム
ホワイト トライアルセット 全4品
ボーテ サーキュリードa


【株式会社エキップ】
●RMK

インテンシブ ブライトニング エッセンス
スキンチューナー ブライトニング 全2品


●SUQQU

ホワイトニング リペア エッセンス
ホワイトニング ローション
ホワイトニング バリア エマルジョン


※当該製品の各種サイズ並びにサンプルが、回収の対象となります。


2. 商品送付先

〒254−0013 神奈川県平塚市田村9−8−7
株式会社カネボウ化粧品 お客様受付係


3. お問い合わせ先

株式会社カネボウ化粧品 お客様窓口  フリーダイヤル 0120-137-411
受付時間:
午前9時〜午後9時(7月12日まで、土日を含む)
午前9時〜午後5時(7月13日〜7月31日、土日祝日を含む)
午前9時〜午後5時(8月1日以降、土日祝日を除く)





カネボウ化粧品
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/

「Kanebo Cosmetics, Lissage and E’quipe recall the brightening products from the Japanese market containing the quasi-drug ingredient Rhododenol 4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol」
http://greenhand.seesaa.net/article/368300588.html


posted by Ken at 14:52 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

Visa TravelMoney "Gonna" (ビザ トラベルマネー ゴナ) 海外で使えるプリペイドカード

ジャックスは、Visa、シティバンク銀行と共同で、複数通貨に対応した、海外で使えるプリペイドカードを発行します。

2013-06-26_1342_001.png

マルチカレンシー機能と呼ばれるもので、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、日本円を一枚にチャージできる機能を持つカードは、日本初とのこと。

Visaが発行するトラベルプリペイドカードを基本として、シティバンク銀行のマルチマネー口座から直接チャージをすることができます。

マルチマネー口座とは、シティバンク銀行の外貨預金口座で、複数の外貨で預金ができます。

「Visa TravelMoney "Gonna"」は外貨を両替することなく、マルチマネー口座から直接チャージできるのが特徴です。

海外では、チャージした現地通貨を、VisaのネットワークのATMから引き出すことができます。

「Visa TravelMoney "Gonna"」で引き出せる額は、チャージした額が上限。使いすぎや、万が一のトラブルに巻き込まれた際にも安心です。

チャージは、あらかじめ登録した口座から、インターネット経由で行います。

チャージや引き出しの履歴が、インターネット上で管理できるほか、預金が引き出された際には通知を受けることができたり、引き出しができるか否かのオン・オフの切り替えもインターネットから操作可能です。

VisaのネットワークのATMは全世界にあり、現地通貨をチャージしていなくても、日本円でチャージしていれば現地通貨を引き出せます。

両替の手間や、為替変動のリスクを抑えて、万が一の時にも安心なカードです。

海外旅行や出張、短期の留学など、使い勝手は良さそうです。

今回は、「シティバンク銀行口座振替専用」となっていますが、今後Gonna(ゴナ)ブランドで、プリペイドカード事業を展開していくようですから期待しましょう。

券面のデザインがちょっと地味で、あまり所有欲をくすぐられないのも残念です。

また、意外とコストがコストがかかるので、じっくり検討してから本当に必要か判断したほうがいいかもしれませんね。

カード発行手数料 1,050円相当

入金手数料 入金額の4.00%

ATM出金手数料 200円相当

年会費 2,100円(初年度無料)

その他、シティバンク銀行で、円預金からマルチマネー口座で外貨に振り替える際にもコストがかかります。


海外で使えるプリペイドカードといえば、JTBが扱う

「MoneyT Global」
http://www.travel-prepaid.com/

などもあります。

こちらは、加盟店の支払いにも使えるなどの特徴があります。

必要に応じて、賢く選択しましょう。

「Visa TravelMoney "Gonna"」は7月1日から、下記ホームページで申し込みを受け付けるようです。

ジャックス お知らせ
「ジャックスが提供するプリペイドカードサービスの統一ブランド “Gonna”(ゴナ)のWebサイトを公開しました」
http://www.gonna-jaccs.jp/


シティバンク銀行 マルチマネー口座外貨普通預金
http://www.citibank.co.jp/investment/foreigncurrency/savings/

posted by Ken at 13:57 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

JCBが台湾でデビットカード事業を開始 審査なしでザ・クラスなみのサービスが付帯?!

クレジットカードのJCB(ジェーシービー)が、台湾でデビットカード事業を開始します。

2013-06-19_1308.png

台湾にある華南銀行の口座保有者を対象として、「華南 LOVE TSCC JCB デビットカード」の会員募集を始めるというもの。

デビットカードとは、発行金融機関の口座から直接引き落とされる決済です。

原則、利用したその場で決済されますが、時間をおいて引き落とされる場合もあるようです。

口座からの引き落としですから、口座残高が利用限度額になります。

残高があることを前提に利用しますから、クレジットカードのような審査、本人確認などの与信も必要ありません。

発行する銀行などに口座さえあれば、利用できるわけです。

今回、華南銀行で発行されるデビットカードには、日本のsuica、pasmoなどにあたる交通系の電子マネーTSCCが搭載されます。

日本と同様に、地下鉄、バスのほか、コンビニ、カフェなどでもTSCCが利用されているそうです。

さらに、JCBプレシャスのサービスを付帯しているのが注目です。

JCBプレシャスとは、台湾で発行されるJCBクレジットカードの最高位(プラチナのさらに上)にあたるもので、国際空港への送迎や、ホテルの食事の優待などのサービスを受けられるそうです。

台湾で華南銀行の口座に資産をもつ富裕層の方には、喜ばれそうなカードですね。


国内では銀行などの金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして利用できるJ-Debit(ジェイ デビット)や、VISAブランドのVISAデビットのサービスがあります。

ちなみに日本でも、日興證券(現・SMBC日興證券)の口座保有者を対象としたVISAデビットカードが、VISAプラチナカードと同等のサービスを付帯していたことがありました。

イチロー選手が募集広告に登場していましたので、記憶にある方もいるかもしれませんね。

利用者が少なかったのか、合併にそなえてリストラが必要だったのか分かりませんが、早々にサービスを終了してしまいました。

今回の、JCBによるデビットカードの展開は、JCBブランドとして世界初となるほか、日本を含む、台湾以外の国・地域でも展開を検討しているとしています。


アベノミクスは雲行きが怪しくなってきましたが、再び経済の上昇気流を巻き起こしていくならば、それに乗じて台湾と同様のサービスを開始する金融機関が出てくるかもしれませんね。

日本でいえば「JCB ザ・クラス」なみのサービスが与信なしで・・・ということになりますから期待大ですね。



ニュースリリース
「JCB、グローバル市場でデビットカードの展開を開始」
http://www.jcbcorporate.com/news/seq_1985.html


posted by Ken at 13:16 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。