スポンサードリンク




2012年09月22日

kindle(キンドル) 10月上旬 日本で発売か

今朝の日経新聞によると、Amazonのkindle(キンドル)が10月上旬にも発売される見込みのようです。

2012-09-22_0600.png
米Amazonサイトより

カラー液晶を搭載したキンドル・ファイアも含まれるようで、「キンドル・ファイアなどを販売する方向」としています。

これは大手出版社幹部の話しで、アマゾンはキンドルの日本発売についてはコメントしていません。

ただし出版社の準備が整わない可能性も残されていて、さらに発売が遅れることもありそう。

いずれにせよ、年末商戦には間に合わせてくるのでしょうから、時間の問題というところでしょうか。


posted by Ken at 06:07 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

Passbook(パスブック) ANA国内線で10月1日から利用可能に

10月1日から、iPhoneの新機能Passbook(パスブック)で、ANA国内線に搭乗できるようになります。

2012-09-21_0829.png
http://www.ana.co.jp/share/mobile/smartphone/passbook/

本日9月21日からiPhone 5が発売され、iOS 6もリリースされますが、期待されていた新機能を早速使うことができます。

使い方は簡単です。

航空券を購入したら、ANAのスマートフォンサイトの2次元バーコード取得画面にアクセスします。

「Passbookに登録」のボタンが出ているのでタップします。これだけ。

あとは、搭乗時にPassbookを立ち上げてPassをリーダーに読み込ませるだけ。

従来どおりのスキップサービスが利用できます。

便利なのは、Pass上に運行状況や出発時刻の変更が表示されること。

空港内でわざわざ掲示板を探して確認する手間もありません。

「ご搭乗に関するご案内はPass右下の「i」マークをタッチし、ご確認ください。」とホームペ時の案内に書いてあるので、もしかすると搭乗ゲートの変更なども教えてくれるのかもしれません。

これこそ、Passbookの素晴らしいところです。

iOS 6搭載のiPhone、iPod touchが対象で、残念ながらiPadでは使えないようです。

JALの対応が気になるところですが、今のところ発表はありません。

ホームページを見ると、つい最近Android向けの「JALタッチ&ゴー」搭乗サービスを発表しています。

そのサービス開始が9月26日ですので、もしかするとこれにあわせて、Passbookのサービスも近々発表されるかもしれませんね。

再上場でそれどころではなかったのかもしれませんが、来週には落ち着くでしょうから。

ANA
iPhone向けアプリケーション"Passbook"がご利用可能に!
http://www.ana.co.jp/share/mobile/smartphone/passbook/

JAL プレスリリース
タッチ&ゴーでらくらくフライト!スマートフォン向け「JALタッチ&ゴー」サービスの提供を開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201208/002231.html
posted by Ken at 08:34 | Comment(1) | Passbook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iRig STOMP 国内出荷開始!

IK Multimediaからまたも興味をそそられる製品が出ました。

2012-09-21_0730.png

iRigのSTOMPバージョンである「iRig STOMP」。

iRigを従来のエフェクターのようなインターフェースから使えるようにしたものです。

エフェクターをすでに使っていて、iRigも使いたい場合には一体化できるので非常に使い勝手がいいです。

エフェクターではおなじみの9Vの電池を使っていて、iRigの音質もよくなる効果があるとか。

AmpliTubeで使うSTOMが、そのままリアルのエフェクターと並べて使えるわけですから、新しい世界が広がりますね。

今までiRigを練習や曲作りのみに使用していたものの、実際のライブでどう活用していいのかピント来なかった人も多いと思います。

iRig STOMを使えば、従来のエフェクター同様に使えるので、演奏スタイルに影響がありません。

ライン出力だけでなく、ヘッドホン出力もあるので練習やリハにも便利です。



iPhone、iPod touch、iPad用ギター/ベース・インターフェースの定番となったiRig。

進化し続けてます。


iRig STOMP 製品ページ
http://www.ikmultimedia.com/products/irigstomp/

→Amazonで見る
【正規代理店品】IK Multimedia iRig STOMP IKM-OT-000005

→楽天で見る
IK Multimedia iRig STOMP
posted by Ken at 07:45 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

【書評】『世界一ずる賢い価格戦略』(ダン・S・ケネディー/ジェイソン・マーズ著 ダイレクト出版)

『儲けの9割は「値決め」で決まる!』(西田順生・著 中経出版)を読んで、もう少し価格の決め方について踏み込んだ本を読みたいと思っていたところ目にしたのがこの本。

2012-09-20_1534.png

著者は、まず、理論編として価格戦略の誤解やあやまりをあげ、商品の値下げや無料サービスの提供について考察し指摘を加えています。

その上で、正しい(有効な)無料サービスの使い方、戦略的な値下げの方法などを様々な例をあげながら解説していきます。

さらに、値上げの是非の判断とその方法にも触れています。

結論としては、価値のある高品質な商品・サービスを提供するならば、質の良い客は高価な価格でも受け入れるので、価格競争で疲弊する必要はないというもの。

そのためには、販売の戦略が必要であり、顧客に購入させるための環境も含めて整えていく必要を説いています。

さらに、実践編、サンプル編と続き、具体的かつ実践的な価格戦略が述べられています。

自ら物販を手がける著者の、細かな解説が非常に参考になります。

また、2人の著者以外にもchapterごとに豊富な経験をもつ人物が解説をしていて納得させられる点も多いです。

著者も本書の中で指摘していますが、私たちのまわりには(頼んでもいないのに)何パーセント引き、今なら無料、クーポン券が使えるなど値引き合戦があふれています。

ただそれが消費者にとって必要なものなのか、消費者が求めているものなのかと、あらためて考えさせられます。

たしかに安いのはありがたいことですが、消費者としてそれだけのためにコマーシャル戦略にのせられ続けていることに疑問を感じます。

私たち消費者は、たとえ多少値が張っても、価値のある高品質な商品・サービスを本来求めているのではないか。

逆に、消費者に向けて高品質、高価格のサービスを提供していく戦略が、ビジネスモデルとしていかに可能性があるかという点についても気づかされました。

さすがマーケティング大国の米国だけあって大胆な指摘も多く、日本人にはここまで書けないだろうなという内容ですが、思わず引き込まれる面白い本だと思います。

※一般書店では販売されていませんのでご注意ください。(下記から購入可能)

『世界一ずる賢い価格戦略』
(ダン・S・ケネディー/ジェイソン・マーズ著
ダイレクト出版

posted by Ken at 15:31 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

三菱UFJニコス プラチナカード 明大と学生、OBを対象に発行

三菱UFJニコスが、明治大学の学生や卒業生を対象に、プラチナカードを発行するそうです。

2012-09-19_0716.png
http://www.cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_platinum/index.html?bid=a_pc_apply_list

卒業生も図書館を使えたり、結婚式に学長から祝福のメッセージが届くなどの特典があります。

国際ブランドはアメックス。申し込み制で10月1日から募集。

情報は今朝、9月19日の日経新聞朝刊に記事が掲載されているのみで、三菱UFJニコスのニュースリリースは見当たりません。

詳しいことは10月1日の募集が開始されないと出てこないのかも。

明治大学にはもともと、JCB、三井住友カード、クレディセゾン、三菱UFJニコスと提携して「明治大学カード」と、JCB以外の上記と提携している「明治大学学生カード」があります。

今回のプラチナカード発行は、想像ですが、おそらく三菱UFJニコスが提携しているカードを発展させたものなのではないでしょうか。

「明治大学カード」は大学卒業生やその父母も発行対象で、それなりの属性も期待できますから、審査を通過してプラチナカードが発行される可能性は高いでしょう。

学部学生を対象にプラチナカードが発行されるのかは疑問ですが、両親の属性や、将来性を担保に発行されることもあるのでしょうか。

注目されるのは、他のカード会社の動き。同じような囲い込み戦略広がるかもしれません。

となると、他大学の学生や新卒者もプラチナカードを取得するハードルが下がってくるなんてことがあるかもしれません。

注意して続報を待ちましょう。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

明治大学カード
http://www.meiji.ac.jp/mcard/index.html
posted by Ken at 07:24 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。