スポンサードリンク




2012年09月05日

店頭で、紙の本を見てから電子書籍が買える!

電子書籍を販売するサイトが充実してきましたが、リアルの店舗のように本を選びづらく、今ひとつ使いづらいと思っている方も多いことでしょう。

私も、本が部屋を占拠しつつある状況なので、電子書籍で省スペースを実現したいと思っているのですが、なかなか進みません。

電子書籍のショップでは、表紙が並んでいるだけで本の中身がよく分からないことが多いですよね。

簡単に目次やあらすじが書かれている場合もありますが、それでも情報不足です。

店頭で平積みの本の中から気になる本を見つけて、パラパラとめくるだけでも結構な情報を得ているんだなと再認識します。

さて、本題はここから。

店頭で、紙の本を見てから電子書籍が買える仕組みが、12月からスタートします。

2012-09-06_0650.png

出版取次のトーハンがサービスを始めるもので、3,000の店舗でサービスを開始します。

まず、店頭で本を立ち読みします。種類は7万点の中から選べるそうですから十分ですね。

気に入った本があれば、本といっしょに置いてある「買い物カード」をレジに持って行って代金を払います。

シリアルナンバーが書かれたバウチャーシートが発行されるので、デバイスにシリアルナンバーを入れ、ダウンロードして電子書籍を手に入れます。

将来的には、オーディオブックや電子新聞、音楽や映像・ゲームといったあらゆるデジタルコンテンツの販売にも対応させる予定のようです。

これまで、書店で気に入った本を見つけてから電子書籍を探したり、逆に電子書籍を見つけてから書店に確認に行くことをしていましたが、ワンストップで済むなら便利かなと思います。

対応店舗、対応書籍も拡大していくようなので、楽しみに待とうと思います。

トーハン ニュースリリース
業界初、取引先書店へ電子書籍流通サービスを提供
http://www.tohan.jp/whatsnew/news/post_248/


タグ:電子書籍
posted by Ken at 23:32 | Comment(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。