スポンサードリンク




2012年09月21日

Passbook(パスブック) ANA国内線で10月1日から利用可能に

10月1日から、iPhoneの新機能Passbook(パスブック)で、ANA国内線に搭乗できるようになります。

2012-09-21_0829.png
http://www.ana.co.jp/share/mobile/smartphone/passbook/

本日9月21日からiPhone 5が発売され、iOS 6もリリースされますが、期待されていた新機能を早速使うことができます。

使い方は簡単です。

航空券を購入したら、ANAのスマートフォンサイトの2次元バーコード取得画面にアクセスします。

「Passbookに登録」のボタンが出ているのでタップします。これだけ。

あとは、搭乗時にPassbookを立ち上げてPassをリーダーに読み込ませるだけ。

従来どおりのスキップサービスが利用できます。

便利なのは、Pass上に運行状況や出発時刻の変更が表示されること。

空港内でわざわざ掲示板を探して確認する手間もありません。

「ご搭乗に関するご案内はPass右下の「i」マークをタッチし、ご確認ください。」とホームペ時の案内に書いてあるので、もしかすると搭乗ゲートの変更なども教えてくれるのかもしれません。

これこそ、Passbookの素晴らしいところです。

iOS 6搭載のiPhone、iPod touchが対象で、残念ながらiPadでは使えないようです。

JALの対応が気になるところですが、今のところ発表はありません。

ホームページを見ると、つい最近Android向けの「JALタッチ&ゴー」搭乗サービスを発表しています。

そのサービス開始が9月26日ですので、もしかするとこれにあわせて、Passbookのサービスも近々発表されるかもしれませんね。

再上場でそれどころではなかったのかもしれませんが、来週には落ち着くでしょうから。

ANA
iPhone向けアプリケーション"Passbook"がご利用可能に!
http://www.ana.co.jp/share/mobile/smartphone/passbook/

JAL プレスリリース
タッチ&ゴーでらくらくフライト!スマートフォン向け「JALタッチ&ゴー」サービスの提供を開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201208/002231.html


posted by Ken at 08:34 | Comment(1) | Passbook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iRig STOMP 国内出荷開始!

IK Multimediaからまたも興味をそそられる製品が出ました。

2012-09-21_0730.png

iRigのSTOMPバージョンである「iRig STOMP」。

iRigを従来のエフェクターのようなインターフェースから使えるようにしたものです。

エフェクターをすでに使っていて、iRigも使いたい場合には一体化できるので非常に使い勝手がいいです。

エフェクターではおなじみの9Vの電池を使っていて、iRigの音質もよくなる効果があるとか。

AmpliTubeで使うSTOMが、そのままリアルのエフェクターと並べて使えるわけですから、新しい世界が広がりますね。

今までiRigを練習や曲作りのみに使用していたものの、実際のライブでどう活用していいのかピント来なかった人も多いと思います。

iRig STOMを使えば、従来のエフェクター同様に使えるので、演奏スタイルに影響がありません。

ライン出力だけでなく、ヘッドホン出力もあるので練習やリハにも便利です。



iPhone、iPod touch、iPad用ギター/ベース・インターフェースの定番となったiRig。

進化し続けてます。


iRig STOMP 製品ページ
http://www.ikmultimedia.com/products/irigstomp/

→Amazonで見る
【正規代理店品】IK Multimedia iRig STOMP IKM-OT-000005

→楽天で見る
IK Multimedia iRig STOMP
posted by Ken at 07:45 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。