スポンサードリンク




2012年10月07日

LS-L320GL BUFFALO NAS“LinkStation”修理

iMacのバックアップを取ろうとしたところ、BUFFALO製のNASLS-L320GL“LinkStation”が故障しました。

http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ls-lgl/

≪症状≫

電源スイッチを入れると一瞬ファンが回って、ディスクにアクセスに行くものの、その後反応がなくなる。

アクセスランプが点灯しない。電源ランプのみ点灯。ファンも静か。

ネットワークにつないでも認識されない。

メーカーに修理に出そうかと調べてみると、驚きをこえてあきれました。

ドライブ 12,300円〜

インターフェイス基盤 7,000円〜

電源 7,000円〜

外部パーツ 6,200円〜

何を寝ぼけたことを言っているのか、ご丁寧に「ご購入金額を超える場合がございます。」とまで書いてあります。

≪対応≫

1.ディスク交換を検討

当然ディスクが壊れたと思い、ディスク交換を検討。

元のディスクが320GBだが、この際1TBのディスクを換装することに。

手順は以下を参考に。

http://nagou.cocolog-nifty.com/haley/2007/12/tftp_d068.html

http://d.hatena.ne.jp/ls-lgl/20090606/1244253520

1TBのディスクとあわせてクロスケーブルを購入。

今更こんなものを買うとは少し自己嫌悪。

NASのケースは簡単に開き、ディスクを取り出し、1TBの新品に入れ替え。

とりあえず電源を入れてみるが、あれっ?同じ症状。いやな予感がしつつも、上記換装の手順を実施。

今となっては当然と思えるが、ディスクが認識されていないので上がってこない。

2.コンデンサの交換

途方に暮れながらググっていると、電源部のコンデンサの故障の可能性を示す記事に遭遇。

電源の容量不足でディスクの動作に不具合が出るらしい。

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=11920220/

http://ichikawa-sekiyu.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/buffalo-linksta.html

電源部を開けてみると確かにコンデンサがふくれあがっている。

そこまでやるか?と思いながらあきらめることも考えたが、ダメもとでやってみることに。

まずはコンデンサの仕入れ。下のサイトで同じ容量のコンデンサを購入。

http://www.marutsu.co.jp/

同じモデルのNASがもう一台あるので念のため2個買い、送料込みで734円。

【ご注文商品】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
商品名    : 日本ケミコン 【EKMG100ELL222MJ20S】105℃電解コンデンサー 10V 2200μF
数量     : 2 個
単価(税込)  : \131
総額(税込)  : \262
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小計(税込)  : \262
(うち消費税 : \12)
送料     : \472
決済手数料  : \0
梱包手数料  : \0
ポイント使用 :-\0 (0P)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お支払合計金額: \734

数日後に部品が届き、何十年かぶりに半田ごてを出してきた。

コンデンサの交換は戸惑いつつも、わりとスムーズに完了。

3.電源投入

電源を入れてみると、ファンの盛大な音とともにガチガチとディスクにアクセスを開始。

元の320GBのディスクに差し替えてみると、何の問題もなく動作するではないですか。

1TBのディスクを買ってしまったことを後悔しつつ、せっかくだから換装にもチャレンジ。

手順中、元のファームをリネームして移動したりするのですが、

再度ファームを読み込む際にその不完全な状態のまま読み込んでしまいエラーになる。

何度かやりなおしているうちにやっと原因に気づき、あらためてファームを読み込むと当然成功。

やりなおしには、一度書き込んでしまったファームを消して、ディスクを初期化する必要がありました。

データはLinuxのようなものなので、Windows上からはさわることができません。

ググってみてもLinuxの入ったPCにつないで初期化しないとダメというような記事ばかりでした。

でも私がとった方法は以下。

IO DATAのNAS、HDL-S1.0のケースを開けてディスクを抜き、上記のディスクを入れる。

このNASはLANとともにUSB接続もできる優れもの。USB接続でWindows PCに接続。

バックアップに使っているAcronis TrueImage 2010を起動。

http://www.acronis.co.jp/homecomputing/products/trueimage/

(最新版は2012、同様の機能があるかは保証しません。)

「ツールとユーティリティ」から「Acronis DriveCleanser」を実行。

接続したUSBドライブを選んで、データ消去を実行。

パーティション情報も壊されるので、ディスクの頭の消去が終わったかな(進捗2%ほど)というあたりで終了。

ディスクを取り出し、また元のLS-LGLのケースに入れてやり直す。

ちょっとググれば自分で部品交換して数百円で直せてしまう。すごい時代になったものです。

せっかくなので、しばらく1TBのディスクを入れておくことにします。




posted by Ken at 05:56 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

当ブログ『クビでも年収1億円』の書評 小玉歩氏ご本人にtwitterで紹介していただきました。

9月27日のエントリーに、『クビでも年収1億円』を読了後、興奮冷めやらぬの状態で書評を書きました。


http://greenhand.seesaa.net/article/294467725.html


すると、何ということでしょう!!

昨日、小玉歩氏ご本人がtwitterで紹介してくださっているではありませんか。

2012-10-06_0736.png
2012-10-06_0734.png

小玉歩氏には、心からお礼を申し上げます

つたない文章で恐縮ですが、取り上げていただいてありがとうございました。


数日前に書いたものですが、あわてて読み返してみると読書感想文レベルです。

紹介していただいてうれしいさ半分、恥ずかしさ半分です。

先日、小玉歩氏から届いたメルマガにこんなエピソードがありました。

『クビでも年収1億円』の発売後、ご家族とともに新宿の書店を訪れたときのこと。

1人のサラリーマンが、『クビでも年収1億円』を手にとって立ち読みをしていました。

小玉氏は、それを見つめつつ、特に声をかけるでもなく別の書棚へ移り、雑誌をめくっていたそうです。

するとしばらくして、そのサラリーマン氏が近づいてきて本を購入したことを告げ、名刺交換を申し出ます。

その場は軽いあいさつで終わりますが、帰宅後にそのサラリーマン氏から丁寧な感想とお礼のメールが届いたとのこと。

そのエピソードを読んで、セレンディピティを持っている人はいるものだなぁと感心していました。

私も、書店には頻繁に行きますが、もちろん著者と会うなんてことはまずありません。

しかも、もし私がサラリーマン氏の立場だったら果たして声をかける勇気があっただろうか?小玉氏と名刺交換してあいさつを交わすセレンディピティをものにできただろうか?と思い巡らしてしました。

それだけに、今回の件は驚きでした。

私の元にもセレンディピティが降りてきたのかなと、ちょっと不思議な感覚です。

気が早いですが、小玉氏の次回作にの書評に向けてライティングの腕をみがく覚悟です?!





クビでも年収1億円

クビでも年収1億円
著者:小玉歩
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




小玉歩氏の手法を余すところなく公開した本書ですが、読んだ方の中には「紹介するだけでお金になる」手法、「自分のオリジナルコンテンツ」を売る手法について、もの足りない方も多いでしょう。

下に記したのが、小玉歩氏の手法がよく分かるコンテンツです。
『クビでも年収1億円』を読んだ方は、よりいっそう理解が深まると思います。

また、本書の中で触れられる「メルマガ」も小玉歩氏から届くきっかけになります。

はじめての方は、きっと高価なコンテンツを想像されると思います。

でも、下の3点はなんと無料!メールで動画のURLが届きます。

クリックしたら法外な請求をされるのでは、とかの心配ももちろん無用です。

名前とメールアドレスの登録が必要ですが、こちらも何の心配もいりません。

無視しても、月に数通メールボックスのメールが増えるだけです。

リアルな実業に軸を移している小玉氏ですので、下のコンテンツもいつまで残っているか分かりません。

早めに登録しましょう。


AYU×沼倉 特別対談「ジェフリー式アフィリエイト徹底分析」
ジェフリー式アフィリエイトを小玉歩が丸裸にします。
「初心者」ほど稼ぐことができてしまう全貌とは!?

小玉歩×原田翔太 特別対談
21歳で1億円稼いだ原田翔太、副業なのに1億円稼いだ小玉歩が、
大金を稼ぐ方法を期間限定で大公開!!


全く真逆のスタイルで毎月数千万円を稼ぎ続けているネットビジネス界の2人の帝王の「秘密」がついに明らかに・・・


超有料ですけど、小玉歩氏と確実にお近づきになれるチャンスです。
小玉歩氏と与沢翼氏がタッグを組んで、成功への近道を用意してくれます。

ネット有名人完全プロデュースパッケージ




posted by Ken at 08:31 | Comment(0) | 小玉歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

【書評】『やっぱり!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!』 (藤村正宏・著 実業之日本社)

このところ、価格戦略に関する本を立て続けに読んだのですが、価格の前にどうやって商品に興味を持ってもらい、購入意欲をかき立てるのかと考えていたときに、目にして即買って、速攻で読み終えました。

やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!

一言でいうと実に面白い!本でした。

著者の藤村正宏氏はエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)を推奨し、「物を売るな、体験を売れ」と一貫して主張しています。

まず、本をめくると、実際に藤村正宏氏がコンサルタントとして関わり、明快な成果をあげてきたチラシがいくつか掲載されています。

BeforeとAfterが並べられていますが、一目瞭然。なるほど、、、と思わされます。

詳しい解説が本文の中でもされていますので、それを読んでみるとあらためて、緻密な計算にもとづいた戦略が参考になります。

数ページめくるだけでも購入した甲斐があったと実感しました。

さて、購入者に共感をいだかせて販促する、いわゆる共感マーケティングというのがありますが、藤村正宏氏の薦めるエクスマはそれに似たところがあるかなと思いました。

さらに言えば、共感マーケティングをさらにシンプルにしたものが、エクスペリエンス・マーケティングかなという感じです。

あくまでも私見ですが、共感マーケティングが戦略的に顧客の心を動かそうと試みるのに対し、エクスペリエンス・マーケティングは体験・経験をさせる仕掛けをするというのですから、心を動かすよりもハードルが低いと感じます。ちがいますかね??

本書の中では、著者がちまたにあふれる商品コピー、店頭のPOP、凋落が目に余る家電メーカーなどにダメだしをしていきます。

これが、実に当を得る指摘で小気味よいのです。まさにあるあるのオンパレードです。

反対に、著者が思わず感心して、高く評価したマーケティングのエピソードも紹介されています。

なるほど、自分も手を伸ばすだろうなと思わされる話しが多数ありました。

本書の中で、最も印象的だったのが、インターネットと実店舗の比較。

ネット販売が隆盛を極める中で、実店舗の不振が伝えられることが多いですが、実店舗だからこその強みがあると著者は主張します。

それが、体験・経験を売る!ということ。

ネット上のサイトで体験・経験を売るのに比べたら、実店舗ではコストをかけずにいくらでも方法があります。

多くの店舗で参考になるであろう事例も取り上げられていて興味をそそられました。

繰り返しになりますが、エクスペリエンス・マーケティングは敷居が低いのがいい。

本書は「売れる売り方」は実践あるのみ!というタイトルの章で閉じられるのですが、そこに「ともかくすぐやる、失敗したら変えればいい」という言葉があります。

著者の単純明快で分かりやすい文章もあり、ついつい乗せられてしまいます。

私も早速、サイト上でエクスペリエンス・マーケティングを試しました。

するとどうでしょう、すごい成果が・・・

と書きたいところですが、SEOの技量不足でまだ検索にもあがってこない。

顧客の目に届かないのでは仕方ありません。

冗談はさておき、不況と言われて久しく、デフレからは一向に抜け出せず、低価格競争にさらされている経営者のみなさんにお薦めしたい元気の出る本です。

また、消費者として商品を購入する立場の方でも、本書を読むと良い店を見つけて、楽しく買い物ができるヒントを得られると思います。

マーケティングの本というと難しそうなイメージがありますが、よい意味で裏切られる名著だと思います。



posted by Ken at 07:09 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

flex by Filofax(フレックス バイ ファイロファックス) ファイロファックスが紙手帳を発売中

Filofax(ファイロファックス)から紙手帳が発売されています。

2012-10-04_0646.png

flex by Filofax(フレックス バイ ファイロファックス)と名付けられた手帳は、英国の老舗システム手帳ブランドが放つ革新的な新しいコンセプトのもと、フレキシブルなモジュラー・パーソナル・ステーショナリー・システムとうたわれています。

2011年に英国で発売された当初は、「Filoxがシステム手帳を見限るのか」と衝撃をもって迎えられた製品で、今年初めて日本で発売されました。

さて、製品の概要を見てみましょう。

2012-10-04_0641.png

flex by Filofaxは、カバーとノートタイプのリフィルから構成されます。このあたりはシステム手帳の特徴を継承していますね。

カバーには、型押しとナチュラルレザーがあり、ブラック、マゼンタ、スレートの3色がラインナップされています。

カバーのポケットには、名刺やスマホも整理できるようです。

サイズはA5、B7変形型のスリム、そしてポケットの3種です。

2012-10-04_0644.png

リフィルは、横罫ノート、無地のメモが用意されています。また、ペンを差し込んで収納するペンループのアクセサリもあり、これらは全てあらかじめカバーに付属して発売されます。

肝心なスケジューラは来年の発売になるようです。

2012-10-04_0642.png

リフィルは、カバーに左右、または上から差し込むことができ、製品名のとおりフレキシブルに使えます。

国内の代理店のニュースリリースを見ると、発売は当初2013年となっていて、リフィルも来年「見開き一週間ダイアリー」「イヤープランナー」のバリエーションが追加予定とされています。

また下記リリースには、カバーのバリエーションとして、3色の他にも「タン」「クリムゾン」「ブラックカラント」なども見られます。

となると、未だラインナップは出そろってはいないようです。

「サイズが選べるカバーと、豊富な種類のリフィルの組み合わせは100万通り以上。使い手のライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのが特徴です。」

とありますから、関連製品がまたまだ出てきそう。これからの発売が楽しみです。



filofax ホームページ
http://www.filofax.jp/

DKSH ニュースリリース
英システム手帳のパイオニアブランドFilofaxから新ジャンルの手帳が日本初上陸 『flex by Filofax』

日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=318160&lindID=4

filofax 専門店 e-filofax
http://www.filofaxe-store.com/

→楽天でflex by Filofaxを見る


posted by Ken at 07:15 | Comment(0) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

「プラスEX(イーエックス)」サービス JR系以外のクレジットカードでも 10月9日(火)スタート!

ついに、JR系以外のクレジットカードでも東海道新幹線を便利に利用できるサービスが開始されます。

2012-10-03_0551.png

サービスの名前は「プラスEX(イーエックス)」サービス。

従来の新幹線の予約がネットからできて、チケット発行不要でIC乗車券が利用できるEX(エクスプレス)予約、EX-ICと同等のサービスです。

残念ながら東海道新幹線専用のサービスですが、それでも利用者にはうれしいニュースです。

ずっと使ってみたいサービスでしたが、JR東海の「エクスプレス・カード」またはJR西日本「J−WESTカード(エクスプレス)」に入会する必要がありました。

カードを申し込んでもよかったのですが、そのうち手持ちのカードでも使えるようになるはず、と信じて何年経ったことでしょう?

携帯電話やパソコン、スマートフォンを使い、オフィスや自宅、移動中でも、新幹線指定席の予約・変更ができる点は同じ。

また、EX予約とセットで、乗車時にICカードを改札機にタッチするだけで乗車できるEX-ICサービスも魅力でしたが、プラスEXサービスで発行されるプラスEXカードを使用して同じように利用できます。

その他、予約時にシートマップから座席を選べたり、手数料なしで何度でも予約を変更できるサービスもEX予約と同様です。

また、EX-ICと同じく、TOICA、Suica、ICOCAなどのICカードとプラスEXカードを重ねて改札でタッチすることで在来線との乗り換えもスムーズ。

今回、対象となるのは以下のカード会社が発行するクレジットカードです。

・ジェーシービー
・三井住友カード
・三菱UFJニコス
・トヨタファイナンス

ジェーシービーでは「プラスEX スタートキャンペーン」として、非売品の「300系新幹線量産先行試作車モデル」の鉄道模型などが抽選で当たるキャンペーンもあるようです。

2012-10-03_0606.png

鉄道ファンには魅力的なプレゼントですね。

一部には利用できないクレジットカードもあるようですのでご注意ください。

利用できるカードは順次増やす予定とのことですので、今回対象のカードを持っていない方もあきらめずに待ちましょう。

「プラス・ナビ」の「プラス EX カードナビ」で申し込み可能なクレジットカードかどうかを診断できます。

http://plus-ex.jp/plus_navi/

サービスの開始は10月9日。

「プラスEX」のサービスを利用するには申し込みが必要です。入会受付も同日から開始されます。

年会費525円が必要です。


プラスEX ホームページ
http://plus-ex.jp/top.php

プラス・ナビ
http://plus-ex.jp/plus_navi/

EX予約 ホームページ
http://expy.jp/top.php

JR東海 ニュースリリース
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001068.html

posted by Ken at 06:22 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。