スポンサードリンク




2012年10月02日

Moleskine(モレスキン)とEvernote(エバーノート)のコラボ 「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」

Moleskine(モレスキン)とEvernote(エバーノート)のコラボが実現しました。

2012-10-02_1446.png

「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」は、紙のノートに書いた内容を、スマートフォンやタブレットで撮影して、Evernoteに保存することができます。

Moleskineは、世界中にファンのいる「伝説のノート」。ヘミングウェイ、ピカソ、ゴッホなどの作家や芸術家が愛用していました。

その歴史は2世紀にもおよびます。

現在でも愛用者は多く、日本でも近年、Moleskine関連の書籍が相次いで出版され、あらたなにファンとなる人も多いようです。

Evernoteは言わずと知れたWEBアプリ。ノートと呼ぶメモをクラウド上に保存でき、PC、スマートフォン、タブレットなど様々な端末からアクセスできることが人気です。

今や、多くのユーザーに愛されるサービスです。

この両者がコラボするのですから、期待は高まるというもの。

使い方は簡単で、ノートに書いた文字、絵などをスマートフォンのEvernoteアプリからカメラで撮影するだけ。

撮影した画像は、傾き補正やコントラストの自動調整が行われた上で、Evernoteに保存されます。

保存されたノートは、共有することも可能。

これまでは、コピー機でコピーするしかなかったノートも、一瞬でデジタル化され、共有できます。



ユニークなのが「Moleskine スマートステッカー」。

カラフルな地に記号が書かれたステッカーを、ページに貼り付け撮影すると、それぞれの種類によってEvernoteでのタグ付けされます。

「承認」「拒否」「ホーム」「トラベル」「アクション」「仕事」などがそろっていますが、これらはアプリで変更することもでき、自分だけのタグを作ることができます。

現在、EvernoteのアプリはiOS 5以上に対応していて、iPhone、iPod Touch、iPadで利用できます。

Androidには対応していませんが、Evernoteで現在開発中とのことです。

「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」を買うと、3か月分のEvernoteプレミアムアカウント無料コード付いてきます。

プレミアムアカウントでは、月ごとのアップロード容量が1GBになるなどの特典を入手できます。

昨日、10月1日から発売、出荷されています。

「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」は公式オンラインショップ、有楽町ロフト内「ショップインショップ」のみでの販売です。

来年2013年3月頃より、全国のモレスキンお取り扱い店舗・オンラインショップでの一般発売を開始する予定。

人気が予想されますので、早めに入手しましょう。

出遅れると、来年3月までおあずけですから。

モレスキン ニュース
【公式オンラインショップ 先行販売】
「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」ついに登場
http://www.moleskine.co.jp/Moleskine-World/News/nws_120825_evernote-smart-notebook

モレスキンについて知りたい方はこちらを。




posted by Ken at 15:25 | Comment(0) | MOLESKIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

スターバックス Wi-Fiサービスに申し込みました

スターバックス Wi-Fiサービスに申し込みました

starbucks.JPG

「Starbucks Wi-Fi Service」文字通り、スターバックスの店舗内でWi-Fiを利用できるサービスです。

都内などでサービスが開始されていたのは知っていましたが、(都内ではない、、)家の近くのスタバにひさしぶりに行ってみるとWi-Fiのサービスを開始していました。

事前に登録が必要で、料金は無料です。

Wi-Fi(IEEE802.11 a/b/g/n)規格を満たした無線LANが搭載されている端末であれば、パソコン、タブレットPC、スマホなどで利用可能です。

通信の暗号化はされていないようですので、ネットサーフィンくらいにとどめておくのが無難かもしれません。

さて、当日たまたまPCを持っていたので「ラッキー!」と思いましたが、事前の登録はまだでした。

「じゃ、ケータイからサクッと登録すればいいじゃん」とサイトにアクセスしたところ、「この機種では表示できません」とつれない反応。

仕方ありません。まだスマホを持っていないし、ケータイはガラケーですから。

数時間、スタバに長居してPCは使ったものの、ずっとオフラインのままでした。

家へ戻りリベンジです。次回にそなえて早速登録しました。

2012-09-30_0726.png

「Starbucks Wi-Fi Service」のホームページ。

SSIDの「at_STARBUCKS_Wi2」がサービス名になっています。

2012-10-01_1622.png

トップページ右上から「ご利用方法」ページに進むと、登録方法。接続方法などの説明が書かれています。

ページ内に登録画面へのリンクがあります。

2012-09-30_0727.png

登録画面。メールアドレスと自分で決めたパスワードを入力します。

このメールアドレスとパスワードが、接続の際にも使われます。

2012-09-30_0725.png

入力後、情報を送信すると仮登録が完了です。

入力したメールアドレスに確認メールが届くので、メールに記載されたURLをクリックして登録完了です。

当日PCでWi-Fiのアクセスポイントを見てみましたが、「at_STARBUCKS_Wi2」は見つかりませんでした。

もしかすると手入力しないといけないのかもしれません。

さて、数日前に登録したものの、なかなかスタバへ行けません。

あまり、オンラインで使う必要もないのですが、ブログでも書きに近々行ってみるつもりです。

「Starbucks Wi-Fi Service」のホームページ
http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html

利用可能店舗の検索ができます。
http://300.wi2.co.jp/area/2/sbj_area/

posted by Ken at 16:51 | Comment(0) | Wi-Fiサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。