スポンサードリンク




2012年10月26日

保土ヶ谷電子販売 SPINTSO(スピンツオ) レフリーウォッチ SPT-100-GR、SPT-100-OR

SPINTSO(スピンツオ) レフリーウォッチ、SPT-100-GR、SPT-100-ORをご紹介します。

2012-10-26_0628.png

『週間サッカーマガジン』に掲載されるなど、国内でも話題になっている審判のための時計です。

この時計、スウェーデンのサッカー協会と国際サッカー連盟(FIFA)の審判員が共同開発したという本格派。

国際A級マッチで使用され、ロンドンオリンピックや多くのメジャーな大会でも使用されています。

その性能は折り紙付きです。

何が審判用かというと、

まず、SPINTSO(スピンツオ) レフリーウォッチには、時計、ストップウォッチ、レフリーモードの3つのモードを搭載しています。

時計、ストップウォッチは文字通りですが、レフェリーモードが特筆です。

1つの画面に、現在時刻、ゲームの残り時間を表示するカウントダウン、カウントアップ、ロスタイムを同時に表示でき、審判のゲームコントロールを助けます。

2012-10-26_0641.png

使い方は、

1. ゲーム前にレフリーがプログラムを設定します。

→ ピリオド数、試合時間、ブレークタイムの設定などを設定します。

2. スタートすると、4つのカウントダウン機能が同時に動きます。

→ 時間の経過は常にカウントされます。
カウントダウンはストップボタンを押すと休止します。
ロスタイムは、ゲームピリオドが終わり、ストップ時間とブレークタイムがスタートすると自動的にカウントされます。

3. バイブレーションでレフリーにそれぞれのピリオドの開始時間、予定終了時間を知らせます。

→ カウントが止まると10秒毎にバイブレーションで知らせます。再スタート時、各ピリオドの終了時、ブレークタイムの終了時にもバイブレーションで知らせます。


高校生のころに、部活動で練習試合の審判をやらされることがありました。

思い出してみると、ストップウォッチを片手に審判をしていましたね。

こんな便利で特化された時計があれば、便利だと思いますよ。

2012-10-26_0630.png

【機能一覧】

・バイブレーション振動
・バッテリー残量予告表示
・ゲームセット/ピリオド設定/
ハーフタイム時間設定(カウントダウン)
ストップタイミング(ロスタイム換算)
・世界50都市の時間設定
・サマータイム設定
・12/24時間表示設定可能
・ストップウォッチ 1/100秒(最大計測99時間59分59.99秒)
・20ラップメモリー
・ELバックライト
・5気圧防水
・オートカレンダー機能(2099年まで)
・電池寿命約1年(使用頻度により異なります。)
・使用電池:CR-2032(2個使用)

全2色で、価格は17,850円。

本格的に審判をされている方はもちろん、仲間内で楽しむ方も腕にSPINTSO(スピンツオ) レフリーウォッチがあれば、注目を集めることまちがいありませんよ!

カウントダウン機能、バイブレーション機能など、アイデア次第ではスポーツ以外でも便利に使えそうですね。

→ 楽天でSPINTSO(スピンツオ) レフリーウォッチを見る




posted by Ken at 06:43 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。