スポンサードリンク




2012年11月23日

もしドラクエやFFみたいなゲームで、本当に月収100万円を稼ぐことができたら

もしドラクエやFFみたいなゲームで、本当に月収100万円を稼ぐことができたら、あなたはそのゲームを買ってプレイしてみたいと思いませんか?

2012-11-23_2234.png

ドラクエやFFというキーワードだけで、ついつい気になります。

この手の教材もゲーム形式で学べるモノがいくつか出てきて、注目を集めています。

今回は、リアルビジネスゲームで、333人で1,000万円を争奪するというもの。

ゲームを勝ち抜くと巨万の富を得られるというもので、このゲームの参加者は333人限定です。

詳しくはこちら
http://123direct.info/tracking/af/737033/rvD1ZD20/

今回のキャンペーンでは、この「リアルビジネスゲーム」の招待が明かされていきます。

コンサルや塾が知識を得る方法のすべてだと思っていた現実が壊され、楽しみながら競い合いながらビジネスを展開します。

何せ、本当のお金の争奪戦というのですから驚き。現実に収益が入るゲームになります。

本気で取り組むあなたには、一切の金銭的なリスクがありません。むしろ、争奪戦なので大金を手に入れることすらできるかもしれないのです。

詳しくはこちら
http://123direct.info/tracking/af/737033/rvD1ZD20/

この企画の主催者や、すでにアフィリエイトで結果を出している講師陣が、現在進行形で稼いでいるすべての手法を公開します。

月1,000万円以上の収益を上げたり、個人で月400万円以上稼ぐノウハウのすべてです。

たとえば、

twitterで半年の間に15,000リスト以上を集め、一世を風靡したtwitter史上最大の集客法。

facebookで最も顧客を集めることができるバイラルマーケティング手法とは?

メルマガで効果的に収益をあげる究極のマーケティング手法。

など、重要な手法が、惜しげもなく披露されるようです。

今なら、無料でこの情報にアクセスできます。

人数限定ですから、今すぐ登録して、リアルビジネスゲームの販売開始に備えましょう。

http://123direct.info/tracking/af/737033/rvD1ZD20/





posted by Ken at 22:42 | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

使用レポート クイックシールドエアーマスク (Quick Shield Air Mask) 名前ホルダー型首かけ「マスク」

クイックシールドエアーマスク(Quick Shield Air Mask)が人気のようです。

Image0001.JPG



Image0002.JPG

*クリックすると画像のみ表示されます。もう一度クリックすると大きな画像をご覧になれます。

名前ホルダー型首かけ「マスク」として、手軽に使えることがウケているんでしょうね。

当ブログでも以前に書いています。

http://greenhand.seesaa.net/article/298683164.html


聞いた話しでは、職場用にと、人数分をまとめ買いして配っている人もいるとか。


さて、遅ればせながら私も使ってみましたので、簡単に使用レポートをお届けします。

去る、11月17日(土)、東京ビッグサイトで行われたイベントに出かけたついでに、1日首から下げて過ごしました。

交通手段や、会場の人混み。試してみるには最適、と考えたからです。

まず、パッケージを開封。

2012-11-21_0611.png

外観・・・ネームプレートの様。

重さ・・・ネームプレート以上には感じない。

あたりまえです。


次に、薬剤を開封。

におい・・たぶん無臭。

2012-11-21_0612.png

二酸化塩素を発生するとあるので、どんな刺激臭がするだろうかと、鼻を近づけてみますが、特に何もにおいません。

薬剤をネームプレートにセットし、首から下げてみます。

2012-11-21_0613.png

2012-11-21_0615.png

2012-11-21_0617.png

2012-11-21_0619.png

心配で、もう一度においをかいでみましたが、ネームプレート部分のビニールのにおいのほうが強いくらい。

さて、東京ビッグサイトまでは、私鉄とJR、ゆりかもめを乗り継いで2時間弱の距離です。

道を歩く最中も、電車の中も、人の視線が気になります。

でも、本人が意識するほど、周りの人は関心がないようです。

何せ、空のネームプレートを首から下げているだけですから。

今は、職場でも一般的ですし、アルバイトでも、ネームプレートを下げていますから、「仕事が終わったのに、はずし忘れている人」くらいにしか、思われないのでしょう。

途中、横浜Fマリノスのユニホームを着た、サッカー少年にジロジロとネームプレートを見つめられましたが、おそらくヒモがブルーなので、チームのスタッフか何かを連想したのだと思います。

さて、電車内では、二酸化塩素を発生して、他の人に気づかれないだろうかと心配しましたが、寒さが一段と増した日でしたので、たんすから出してきたであろう上着の防虫剤のにおいがする人もいたり、女性の香水のほうがよっぽど気になり、全く心配いりませんでした。

車内では、目の前に座った人が、さかんにせきをしていました。いつもならば、カゼをうつされるのではと心配になりますが、クイックシールドエアーマスクを下げていますから精神的に楽です。

「ぜんぜん、平気だもんね」と余裕です。

会場へ着いて、セミナー会場で隣に座った男性も、なんかちょっと怪しい人で、時間中半分くらい居眠りをしていました。

途中で咳き込んだり、ため息をついた息がこちらまで届いてイヤな感じだったのですが、ここでもクイックシールドエアーマスクを下げている安心感で救われました。

いつもなら、さっさと席を移るところですが、心穏やかでいられました。

ただ、会場では、ネームプレートを下げているのはスタッフですから、会場へ入るなり「えっ?」という反応をされてしまいました。

仕方ないので、受付でもらった参加者用のステッカーを、ネームプレートに貼って、誤解のないようにしましたが。

さて、全体の使用感をまとめると、

ネームプレートを下げるだけなので、とても楽です。

マスクなどすると、息苦しかったり、人と話したり、食事をする際にはわずらわしいですが、そのストレスがないのが、とても快適です。

好奇の目で見られたり、においでイヤな顔をされることもありません。

空のネームプレートを下げるのは、抵抗があるという方も、職場で使えば問題なしですし、外では中のネームプレートを裏返したり、お気に入りのカードでも入れれば大丈夫です。

ただ、ネームプレート自体をひっくり返すと、「Quick Shield」のロゴが入った、薬剤を入れるケースがまる見えですのでご注意を。

それと、薬剤を入れるケースの口は閉じませんから、タテに貼るときには、薬剤が落ちないように工夫が必要です。

口をテープなどで閉じると、効果も出ませんからご注意を。

二酸化塩素への恐れは消えましたが、子どもの近くで使ったり、風通しの悪い密室で使うのは、抵抗を感じます。

正直、よく分かりませから。

道中、クイックシールドエアーマスクを使っている人は、一切見かけませんでした。

オフィスなどでの状況は分かりませんが、一般にはまだ普及していない様子です。

少し前に、ドラッグストアで聞いてみたら、よく分からないようで「うちには、そういうのありませんねー」という話しでした。

逆に、今なら気づかれることなく、さりげなく使えるのでチャンスかもしれません。

さて、肝心の効果ですが、専門家でもありませんし、相手が菌や、においという目には見えないものです。

はっきりと効果がありますよ!とは、当然言えません。

ただ、お守りのようなもので、精神的な安心感を得られたのは実感しました。

人混みや、通勤の電車など、近くでせきやくしゃみをする人でイヤな思いをしていましたが、クイックシールドエアーマスクで心の余裕が生まれます。

ちなみに、東京ビッグサイトのあと、カゼをひくこともありませんでした。

ネットなら手軽に買えますし、1,000円程度ですから、興味のある方はお試しください。


→ Amazonでクイックシールドエアーマスクを見る

→ 楽天でクイックシールドエアーマスクを見る

中京医薬品 製品紹介ページ
http://9383.jp/airmask.html


2012年11月20日

PILOT(パイロット)「cocoon(コクーン)」(FCO-3SR) 男性用の「入門編」万年筆 売れ行き好評

PILOT(パイロット)が20代から30代の男性をターゲットに発売した、「入門編」万年筆「cocoon(コクーン)」(FCO-3SR)の、売れ行きが好調だそうです。

2012-11-20_0628.png

最近、若い男性が、しゃれた筆記具を持っているのを目にする機会が増えたと思ったら、こんなヒット商品が出ているんですね。

まず、特徴的なのは、価格。

万年筆というと高価な印象がありますが、この「コクーン」は3,150円と低価格。

実売は2,500円程度ですから、お手軽な価格です。

しかし、1万円以上する普通の万年筆に引けをとらない高級感をまとっています。

「コクーン」という名前は、英語の繭(まゆ)から名付けられたもの。

「"ものごとのはじまり"の象徴でもある「繭」のように、美しい曲線で構成されたフォルム。"手にしたときから、すべてがはじまる"、そんな思いが込められています。」

と商品紹介のホームページに記されています。

カラーも豊富な5種類。シルバー、ブルー、ボルドー、チタン、メタリックグレーがそろっています。

1_fco_3sr.jpg2_fco_3sr.jpg3_fco_3sr.jpg4_fco_3sr.jpg5_fco_3sr.jpg

太めのボディーは、直径が13.2mmあり、男性の手にしっかりとなじみます。

ペン先は、FとMが選べますので、こだわってみるのも楽しいですね。

驚いたのは、カートリッジインキだけでなく、インキを吸入するコンバータにも対応していること。

同社の別売りオプションを利用できます。


専用のギフトケースも別途用意されていますから、プレゼントにも最適です。

これから、クリスマス、お正月のお年玉、卒業、入学と続きますから、プレゼントのリストに加えてもいいかもしれません。

プレゼントをする人のセンスが現れて、素敵だと思います。

もちろん、万年筆をまだ使ったことがない、ちょっといい筆記具を持ちたいという方の、自分用にもいいですね。

この「コクーン」から始めて、ステップアップして、いい万年筆を持つ男性が増えるといいなと思います。

万年筆って、結構持ち歩くのに気を遣います。傷つけるのではないかとか、インキが漏れるのではないかとか。

その点、この「コクーン」なら気軽にポケットに入れて出かけられそうです。

2本目として、手元に置きたい万年筆です。



パイロット 商品紹介ページ
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/cocoon/index.html



posted by Ken at 06:51 | Comment(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

数量限定で販売再開決定! Soup Stock Tokyo(スープストック東京)オリジナル「スープ専用まほうびん」 11月18日(日)より

「スープ専用まほうびん」。有りそうで無かったモノをSoup Stock Tokyo(スープストック東京)が商品化したところ、大好評であっという間に品切れ。

2012-11-18_0646.png

11月1日の発売開始から2週間、やっと18日(日)から販売が再開されます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

2013年02月11日(月)更新

2013年02月11日(月)数量限定で販売が再開されます。

毎回、販売開始とともに、すぐ品薄になる人気です。

季節的にも、今シーズン最後になるかもしれませんね。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

この間、心待ちにしていた方も多いことでしょう。

数量限定ですから、今朝から戦闘モードで待機している方もいるかもしれませんね。

さて、温かいスープは温かいまま、口にしたいと思いますが、冷たいスープも冷たいままというのが、スープ専用まほうびんの目的だそうです。

えっ、寒いのに冷たいスープ?と思いましたが、暖かい部屋でなら冷たいスープもいいのかもしれませんね。

熱々のスープを、「まほうびん」に入れておくと、2時間経っても68度以上に保温してくれます。

自分や家族のお弁当用にはもちろん、火を使わせたくないお子さんのための作り置きの食事、帰りの遅い旦那さんのための夕食など、お母さんの愛情を温かなスープとともに届けましょう。

7.8センチもある広口で大きな具材もOK。250mlの容量が入ります。

その上、丸底形状ですから最後まで食べやすくなっています。

液もれしにくいスクリュー栓や、清潔に保てるスーパークリーン加工など、スープを持ち運んで楽しめる配慮も十分です。

あのタイガー魔法瓶が製造していますから、信頼性もバッチリです。

寒い日が続いていますから、温かいスープはうれしいですね。

今年の冬は、この「まほうびん」とともに色々なスープを満喫してはいかがでしょう。

店舗に、「スープ専用まほうびん」を持参すれば商品代から20円引いてくれる特典付きです。

販売は各店舗にて、下記ネットショップでも扱い中。価格は、2,500円

Soup Stock Tokyo お知らせ
Soup Stock Tokyoオリジナル「スープ専用まほうびん」
http://www.soup-stock-tokyo.com/index.php?t=type6&l=news_index&r=news_index209&tb=news

→ 楽天で見る
【NEW】【送料無料】スープ専用まほうびん

【NEW】【送料無料】スープ専用まほうびん
価格:2,500円(税込、送料込)



→ Yahoo!ショッピングで見る
【NEW】【送料無料】スープ専用まほうびん

【NEW】【送料無料】スープ専用まほうびん


※Yahooショッピングでは昨日から販売中、現在在庫あり。楽天も昨日からですが、売り切れになっています。





posted by Ken at 06:53 | Comment(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』 ブログの広告で実践してみました

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』(ペリー・マーシャル/トマス・メローチェ 著 ダイレクト出版)の書評を以前に当ブログで書きました。

http://greenhand.seesaa.net/article/300411250.html

bfb.jpg

その中で、「とても分かりやすく、簡単に試せるので、さっそく当ブログの広告を作ってしまったほどです。」と書きました。

今回は、その成果を披露したいと思います。

本を見ながら広告を作成したのが、11月4日(日)の19:14でした。

広告の申請と同時に、ステータスが「承認待ち」になります。

承認されたのが、11月6日の2:30ごろでした。

1回目の広告は、予算500円。期間は11月6日(火)の19:14までと、小予算、短時間で試しました。

結果、クリックが3、アクションが1、「いいね!」を1ついただきました。(なぜか反映されなかった)

2回目の広告は、11月14日(水)の朝から23:59まで。

予算が1,000円でした。

クリックが10、アクションが6、「いいね!」を5ついただきました。

2度目の広告は、「完了」のステータスになった1度目の広告の編集画面で、予算と日程を編集するだけで、すぐに広告が再表示されたようです。

なお、広告の作成の際に、価格設定でクリック単価(CPC)、インプレッション課金(CPM)を選択できますが、今回はとりあえず「いいね!」をいただきたかったのでCPCを選択しました。

入札価格を入れる項目もあったはずですが、入れたかどうか記憶がありません。

さて、通算のレポートを出してみると以下の結果でした。

2012-11-17_0652.png

CPCが115円というのにはびびりましたが、2日に満たない中で35,198のインプレッションがあったのは、さすがFacebookです。

結果「いいね!」をいただいた訳ですし、小予算でチャレンジしてみることが目的でしたので、まあよしとしましょう。

ただ、事業ベースで広告を打つとなると、少々検討して改善していく必要があるのでしょうね。

今回は、ブログの右端に出しているtwitterのアイコンをそのまま使いましたので、このあたりもう少し目立ったものにするといいのかも。

広告記事は、ライティングがぜんぜんダメだと思いますしね。

今回は主目的ではありませんが、ブログの宣伝のはずが、Facebookページからブログに見に来ていただいたのは4件ほどでした。

でも、これに懲りず、Facebookでインサイトデータにアクセスできるという30クリックまで、今後も何度かトライしてみようと思っています。

個人ブログの広告という、なんだかよく分からないチャレンジとなりましたが、少ない予算で、期間も自由に設定できますので、ホームページやブログの宣伝に使ってみるのは面白い!という印象でした。

もちろん、事業をされている方には、YahooのPPCやGoogleのAdwordsに比べてライバルも少ないですし、まだ先行者利益を得ることができる状況のように思います。

興味のある方は、ぜひお試しください。

広告設定の詳細は、下記『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』が分かりやすくてホントにお薦めです。

今回、「いいね!」をいただいた皆様には、この場でお礼を申し上げます。ありがとうございました。


ダイレクト出版 紹介ページ
『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』
こちらから購入できます。

※一般書店では購入できませんのでご注意ください。

>> ナレ・ブロ Facebookページ
https://www.facebook.com/knowleblo


posted by Ken at 07:49 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。