スポンサードリンク




2012年11月08日

折りたたんで持ち運べる 電子ドラム 登場 ローランド(Roland) TD-4KP-S 12月7日(金)に発売

えっ?折りたたんで持ち運べる電子ドラム??ローランド(Roland)からTD-4KP-Sが12月7日(金)に発売されます。

2012-11-08_0601.png

ドラムが、とうとうここまで進化しました。

ドラムセットが備え付けてあるスタジオならいざ知らず、演奏の度にドラムのセッティングは大変です。

これまでは、機材を運ぶのも、バンドメンバー総出で運ばなくてはなりませんでした。

車に載せて運ぼうとすれば、人の乗るスペースにも困りました。

ストリートライブには、カホンなどパーカッション楽器で間に合わせることも多く、自分のパフォーマンスを発揮できずにモヤモヤしていたドラマーの方も多かったことでしょう。

ところが、ローランドの電子ドラムTD-4KP-Sなら、なんと肩に掛けて持ち歩けます。

折りたたんだサイズ: 30cm(幅)×70cm(高さ)×50cm(奥行)

重さ:12.5kg

女性には、ちょっとつらいかもしれませんが、10キロの米を買いに行くのと変わりません。

広げても、100cm(幅)×125cm(高さ)×120cm(奥行)です。

これなら、電源さえあればどこでもマイ・ドラムセットでプレイできます!

2012-11-08_0606.png

家にドラムセットを置くことがかなわずにいた方も、広さの制約も、家族の理解もクリアできるでしょう。

キック・パッド、スネア、ハイハット、ハイハット・ペダル、タム×3、クラッシュ、ライドの構成で、125種類のドラム/パーカッション音色から、さまざまな音楽ジャンルに対応した25種類のドラム・セット音色を内蔵しています。

練習メニューも用意されているので、初心者から使えますし、すでにドラムをやっている方には練習用に最適。

オプションも用意されていて、機材をアップグレードすれば、本格的な演奏もできます。

最近、子どもなのに大人顔負けの演奏をする、いわゆる天才子どもドラマーをテレビなどでよく見ます。

ピンときた方は、お子さんへのクリスマスプレゼントにどうでしょう?万が一、興味を持たなくても自分で使ってしまえばいいんですから・・・

まったく経験がないし、やったことがないから心配という方にも、「ドラム練習ソフトウェア V-Drums Tutor DT-1」というのがあるようですから心配いりません。

日頃のストレスも、ドラムをたたいて発散するというのもいいかもしれませんね。

価格は、オープン価格で、69,800円程度から。


→ AmazonでROLAND TD-4KP-S V-Drums Portable エレクトリックドラム
を見る

→ 楽天でROLAND TD-4KP-S V-Drums Portable エレクトリックドラムを見る

TD-4KP-S 製品ページ
http://www.roland.co.jp/products/jp/TD-4KP/

ローランド ニュースリリース
http://www.roland.co.jp/news/0571.html




posted by Ken at 07:29 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

【書評】『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』(ぺリー・マーシャル/トマス・メローチェ 著 ダイレクト出版)

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』(ぺリー・マーシャル/トマス・メローチェ 著 ダイレクト出版)が発売中です。

bfb.jpg

Facebookが普及し始めたころには「どうやって使ったらいいのか分からない」という声をよく耳にしました。

しかし、あっという間にFacebookが広まった結果、今では大企業も含めてFacebookページを作成することが多くなりました。

ただし、本書で取り上げているような、Facebookの広告を取り入れて、うまく活用しているケースというのは、まだ少ないように思います。

まだまだ、Google AdwordsやYahoo!のリスティング広告などに重きをおいているのが現実ではないでしょうか。


Facebook広告って何?どう使うの?という疑問が先に立つのが現実でしょう。

「グーグル アドワーズと同じやり方をしたら、確実に失敗する!」と本の帯にもあるように、Facebook広告は新たなツールとしてとらえる必要があるようです。

本書では、Facebookの広告をGoogle Adwordsと比較する部分もありますが、異なるものとして認識する必要性がよく理解できます。

自分のビジネスが、Facebook広告に向いているかどうかのチェックリストも掲載されていますから、興味をお持ちの方は試してみるといいと思います。


本書は、Facebookの生い立ちの解説、アカウントを作るところから始まるので、Facebookにあまり関心の無かった人でも読みやすく、思い立ったらすぐに始められます。

続いて、実際に広告を作る方法も、順を追って分かりやすく解説しています。

例えば、原稿の作り方や画像を選ぶ方法、課金方式の種類と選びかた、広告の設定方法、ターゲットのしぼり方などが、非常に分かりやすく説明されています。

また、広告をリリースしたあとの運用方法、メンテナンス方法なども細かく書かれています。

もちろん、広告からランディングページへ導き、商品を売って利益を得る方法までカバーする内容です。

とても分かりやすく、簡単に試せるので、さっそく当ブログの広告を作ってしまったほどです。

ボリュームはありますが、とても読みやすい文章と構成になっていて、Facebook初心者にもお勧めします。

かく言う私も、Facebook画面に出てくる「広告作成」って何だろうか、とピンとこなかったひとり。

Facebookの上場後の株価下落の対策として、広告収入を柱と考えて動き出しているところですから、これからより有益なツールとして整えられていくのでしょう。

Facebook広告があまり知られていないこともありますが、本書の内容は新たな発見や役立つ知識に富んでいて、とても濃い内容になっています。

本書を読み通すだけで、一歩先を行く知識を得られることは間違いありません。

Facebookコンサルタントを名乗る人たちや、「Facebookで稼ぐ」というような高額情報商材を出してきた人たちには、完全にネタバレになってしまうのではと心配になるほど。

米国の事情を反映しているところは、無きにしも非ずですから、日本ですべてがあてはまるのかというと疑問がないわけではありません。

しかし米国の市場で効果が実証されているのも事実ですし、日本でこれだけの内容を網羅した本はまだ他にないと思います。

これからビジネスにFacebook広告をどう取り入れるかが、ビジネスの明暗を分けるのではないかと、明確に気づかされます。

一般企業の担当者はもちろん、ネットビジネスを志す方には、ぜひおすすめしたい一冊です。


ダイレクト出版 紹介ページ
こちらから購入できます。

※一般書店では購入できませんのでご注意ください。

posted by Ken at 06:20 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

Amazon Kindle Store(アマゾン キンドルストア)の電子書籍、本 Mac、Windowsなどパソコン(PC)で読むには 

Kindleが日本でも販売されて、Kindle Store(キンドルストア)のサービスも開始されました。



さっそく、電子書籍を購入してiPad、iPod Touch、iPhone、Android端末などで楽しんでいる方も多いことでしょう。

早い方はKindleを入手してご覧になっているかもしれませんね。

さて、ご存じの方も多いと思いますが、米アマゾンのKindle Storeはパソコン(PC)にも対応していて、Mac、WindowsなどPC用のアプリも用意されています。

残念ながら、日本では今のところ未対応です。

日本でのサービス開始を受けて、PCで読める!と期待していた方の中にはがっかりしている方もいらっしゃるでしょう。

(私もそのひとりです)。

Amazon.jpのサイトのFAQを見ると、

Q: "Kindleアプリはどの端末に対応していますか? "
A: "KindleアプリはiPad/iPhoneおよびAndroidの端末でご利用いただけます。その他の端末について、日本語版のKindleアプリは現在提供しておりませんのでご了承ください。 "

とあります。

しかし、日本でKindle Storeに慣れたら、米AmazonのKindle Storeを利用することもあるかもしれません。

そんなときのために、PC用のアプリ「Kindole for PC」の入手方法を紹介しておきましょう。


1. 米Amazon http://www.amazon.com/ にアクセスします。

2. ドロップダウンのメニューから「Kindle Store」を選び、右の「Go」をクリックします。




3. 「Free Reading Apps」をクリックします。




4. 「Computers」からお使いのPCにあった項目をクリックします。




5. 「Download now」をクリックします。これは「Windows 7 , XP & Vista」を選択した例です。




6. 「実行」をクリックします。「保存」をクリックして保存したあとに、実行しても同様です。(画面の説明が「実行」なのであわせて説明しています。)




7. Kindleが起動しました。登録して使用できます。(米Amazonのアカウントで登録)




あとは、米AmazonのサイトでKindle for PCに対応した電子書籍を購入し、お楽しみください。

※日本でサービスが開始したからなのか、米Amazonでは購入できないものもあるようです。

参照:Kindleに関するFAQ
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=kinw_clar_clar_5?ie=UTF8&nodeId=200698610


posted by Ken at 07:20 | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

小玉歩氏 最新セミナー情報! 2012年の締めくくり 注目の極秘セミナーが開催されます

あなたはAYUこと小玉歩さんをご存知でしょうか?

2012-11-03_1228.png

サラリーマンの副業で始めたネットビジネスからの収入が1億円を越え、
それが会社にバレてしまいクビになったという変わった経験を持っています。

その経験は『クビでも年収1億円』という書籍となり、
発売1ヶ月で4万部を越えるベストセラーとなっています。

2012-11-03_1226.png

そのAYUさんがセミナーを開催致します。

2012年4月、AYUさんは「フロントライン・マーケティング」という教材を発売しました。

これが、たった14日間で8000万円の売上を達成したそうです。


この8000万円の売上を作った教材ですが、
驚くべきは「ほんの数日」で作ったと言う事なのです。

今回のセミナーでは14日で8000万円を作った
「フロントラインマーケティング」の全てを公開します。

⇒ https://www.viral-manager.com/aff/32885/1012/



当日はAYUさんの他に家入繁永さんが講師を務めます。

彼に関しては知らない方も多いと思います。


彼はAYUさんのパートナーとして、
ここまで1年半以上全てのビジネスに関わってきました。

AYUさんのビジネスは全て影で彼が仕切っているのです。


ただ、彼自身のスタンスから今まで表に登場する事はありませんでした。

今回はAYUさんが「どうしても」と頼み込んで
表に出てくれる事になりました。


ですので、非常に貴重なセミナーになると思います。


また、さらに2名のスペシャルゲストが参加します。


1人目は小島幹登さん。

小島さんは3億円以上を売り上げた「与沢塾」や2億円を売り上げた「Facebook塾」の仕掛人として知られ、現在は30社以上を経営するやり手経営者として知られています。

オンライン・オフライン共に全てのマーケティングに精通する人物です。


そして2人目は山本雄太さん。

彼はセールスの天才で「5分で4000万円売り上げた」「1日で2億円売り上げた」など数多くの伝説を持っています。

また、指導力も卓越しており
全くダメだった社員を月間売上1億円の優秀社員に育て上げています。



このようなメンツだけでもかなり豪華なセミナー。

注目を集めない訳はありませんね。


席が完全に限られているとの事ですので、まずはこちらを今すぐチェックして下さい。

https://www.viral-manager.com/aff/32885/1012/


PS


当日は懇親会も開催されますが、なんとこちらが無料となっています。

この4人と直接話ができる機会は非常に貴重ですので
ぜひ懇親会でアピールしてビジネスにつなげましょう。

https://www.viral-manager.com/aff/32885/1012/



posted by Ken at 12:41 | Comment(0) | 小玉歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

ひるおび!で紹介 ウィルスブロッカー(Virus Blocker) 首かけでマスクがわり

ひるおび!でも紹介された「ウィルスブロッカー(Virus Blocker)」が話題になっているようです。

2012-11-02_0659.png

以前に、同じジャンルの商品「名前ホルダー型首かけ「マスク」 クイックシールドエアーマスク (Quick Shield Air Mask)」を当ブログで紹介しました。

http://greenhand.seesaa.net/article/298683164.html

ウィルスなどの菌を除去し、ニオイも解消するというウィルスブロッカー(Virus Blocker)。

その秘密は、二酸化塩素の働きにあります。

二酸化塩素は、ウィルスや細菌、悪臭の原因となる物質に含まれるタンパク質を酸化させ分解するそうです。

安全性が気になりますが、FDA(米国食品医薬品省)やWHO(世界保健機構)などで安全性が証明、保証されているとのこと。

この商品を開発したのは、エンブロイ株式会社(代表取締役社長 和気清弘)。

東日本復興支援のため、東日本の各県で製造の最終工程を依頼しているそうです。

2012-11-02_0700.png

首からかけて使える仕様ですから、手軽に周囲の除菌ができることがウケているようです。

効果は1か月持続します。

空気も乾燥してきましたし、カゼがはやる季節です。

仕事柄マスクをつけることがむずかしい、接客、営業などをされている方、あるいは密閉空間で、仕事をされている運転手、事務職の方などには、かぜの予防、ニオイの解消などの効果があるかもしれません。

据え置き型や、スプレータイプもあるようです。

ホームページには「体から発する加齢臭にも効果を発揮します。」なんて記述もあります。

ほんとかよ!?とツッコミを入れたくなりますが、気になる方はぜひお試しください。

この商品、個人が一人で付けるより、職場や学校でみんなで付けるほうが効果があがるので、まとめて購入されることが多いそうです。

考えてみれば当然。自衛のためには自腹で無理矢理プレゼントするのもアリかなと思います。

上手に利用して、快適な生活を手に入れましょう。


ウィルスブロッカー ホームページ
http://virusblocker.biz/

→ Amazonでウィルスブロッカーを見る

→ 楽天でウィルスブロッカーを見る

posted by Ken at 07:12 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。