スポンサードリンク




2012年11月17日

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』 ブログの広告で実践してみました

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』(ペリー・マーシャル/トマス・メローチェ 著 ダイレクト出版)の書評を以前に当ブログで書きました。

http://greenhand.seesaa.net/article/300411250.html

bfb.jpg

その中で、「とても分かりやすく、簡単に試せるので、さっそく当ブログの広告を作ってしまったほどです。」と書きました。

今回は、その成果を披露したいと思います。

本を見ながら広告を作成したのが、11月4日(日)の19:14でした。

広告の申請と同時に、ステータスが「承認待ち」になります。

承認されたのが、11月6日の2:30ごろでした。

1回目の広告は、予算500円。期間は11月6日(火)の19:14までと、小予算、短時間で試しました。

結果、クリックが3、アクションが1、「いいね!」を1ついただきました。(なぜか反映されなかった)

2回目の広告は、11月14日(水)の朝から23:59まで。

予算が1,000円でした。

クリックが10、アクションが6、「いいね!」を5ついただきました。

2度目の広告は、「完了」のステータスになった1度目の広告の編集画面で、予算と日程を編集するだけで、すぐに広告が再表示されたようです。

なお、広告の作成の際に、価格設定でクリック単価(CPC)、インプレッション課金(CPM)を選択できますが、今回はとりあえず「いいね!」をいただきたかったのでCPCを選択しました。

入札価格を入れる項目もあったはずですが、入れたかどうか記憶がありません。

さて、通算のレポートを出してみると以下の結果でした。

2012-11-17_0652.png

CPCが115円というのにはびびりましたが、2日に満たない中で35,198のインプレッションがあったのは、さすがFacebookです。

結果「いいね!」をいただいた訳ですし、小予算でチャレンジしてみることが目的でしたので、まあよしとしましょう。

ただ、事業ベースで広告を打つとなると、少々検討して改善していく必要があるのでしょうね。

今回は、ブログの右端に出しているtwitterのアイコンをそのまま使いましたので、このあたりもう少し目立ったものにするといいのかも。

広告記事は、ライティングがぜんぜんダメだと思いますしね。

今回は主目的ではありませんが、ブログの宣伝のはずが、Facebookページからブログに見に来ていただいたのは4件ほどでした。

でも、これに懲りず、Facebookでインサイトデータにアクセスできるという30クリックまで、今後も何度かトライしてみようと思っています。

個人ブログの広告という、なんだかよく分からないチャレンジとなりましたが、少ない予算で、期間も自由に設定できますので、ホームページやブログの宣伝に使ってみるのは面白い!という印象でした。

もちろん、事業をされている方には、YahooのPPCやGoogleのAdwordsに比べてライバルも少ないですし、まだ先行者利益を得ることができる状況のように思います。

興味のある方は、ぜひお試しください。

広告設定の詳細は、下記『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』が分かりやすくてホントにお薦めです。

今回、「いいね!」をいただいた皆様には、この場でお礼を申し上げます。ありがとうございました。


ダイレクト出版 紹介ページ
『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』
こちらから購入できます。

※一般書店では購入できませんのでご注意ください。

>> ナレ・ブロ Facebookページ
https://www.facebook.com/knowleblo




posted by Ken at 07:49 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「QUICPay」としても利用できる非接触型決済ツール「Speedpass+(スピードパスプラス)」 東燃ゼネラルグループとJCBが共同開発

Speedpass(スピードパス)がQUICPay(クイックペイ)と合体して、Speedpass+(スピードパスプラス)へと進化します。

2012-11-17_0608.png

エッソ、モービル、ゼネラルなどのガソリンスタンド(正式には、セルフ・サービスステーション エクスプレス SSと言うらしい)を展開する、東燃ゼネラルグループのEMGマーケティングと、JCB(ジェーシービー)の共同開発です。

これまであったSpeedpass(スピードパス)。

アメリカの映画で、給油のときにキーホルダーのようなものをかざして支払う姿に「何これ?」と思ったことがありました。

調べてみたら日本にもSpeedpassがあることを知ったのですが、ガソリンスタンドでしか使えないし、そもそも給油はコスモ石油のスタンドを使っているので、いらないか・・・と忘れかけていました。

ところが、Speedpass+(スピードパスプラス)へと変化を遂げて、QUICPay(クイックペイ)としても使えるというではないですか。

iD、suica、pasmo、楽天Edy、nanaco、waonなど、いわゆる電子マネーはひととおり試してみました。

ただ、QUICPayだけは、どうしても手を出せずにいました。

JCBカードも持っていますから、申し込みをするだけだったのですが。

結局、おサイフケータイか、カード型のQUICPayしか選べないので面白くありません。クレジットカードの決済なのも少しハードルが高い。iDがあればいいか、となんとなく思っていました。

しかし、Speedpass+の写真を見てショック!とてもかっこいいのです。

2012-11-17_0606.png

これはいくしかない。

エクスプレス SSのホームページはまだSpeedpassのままです。

http://www.self-express.jp/speedpass/index.html

一番下に、Speedpassの入会フォームがあり、記入して印刷し、店舗へ持っていくことができるようになっています。

Speedpass+だと、異なる申し込み書が必要なのかもしれませんが、一応作っておきました。

ホームページを見ると、現金払いはnanacoポイントがたまるようです。

「ポイント付与の対象となる支払い方法は、現金のみとなります。」とありますが、Speedpass+に進化するので、nanacoポイントも付けてもらえると俄然利用したくなるのですが。

小さいので落としたら心配ですが、SpeedpassのQ&Aというのがありました。

Q2. 小さいから紛失や盗難が心配だけど?

A2. おクルマのキーに、キーホルダーとして付けておけば安心です。また、ご入会と同時に盗難補償に自動加入していますので、万一、落としたり、盗まれたりした場合でも、ご連絡いただいた日の60日前〜3日後の不正利用による損害は、60万円を限度に補償されます。

Q5. スピードパスの中に個人情報が入っているの?

A5. スピードパス自体には、顧客の名前・住所・クレジットカードなどの情報は一切記録されていないので、スピードパスから顧客情報が漏洩することはありません。

QUICPayが付くと若干違うかもしれませんので確認しましょう。

この週末は、給油ついでにSpeedpass+をもらってきたいと思います。


12月13日更新
後日談 スピードパスプラスを入手すべく、いろいろと手をつくしましたが、ニュースリリースにある一部地域は沖縄などだそうです。3月の本格展開まで、待つしかなさそうです。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
よろしければ右の”顔入りの「いいね!」”もしていただけるとうれしいです!!


Express スピードパス ホームページ
http://www.self-express.jp/speedpass/index.html

東燃ゼネラルグループ EMGマーケティング合同会社 ニュースリリース
「QUICPay」としても利用できる非接触型決済ツール「スピードパスプラス」を共同開発!
〜あなたのドライブに、便利をプラス。 先進の決済ツールがエクスプレスSSに登場〜
http://www.tonengeneral.co.jp/news/uploadfile/docs/Key%20message%20for%20PR%20final%5BFor%20internet%5D.pdf

JCB ニュースリリース
http://www.jcbcorporate.com/news/seq_1249.html


posted by Ken at 06:33 | Comment(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。