スポンサードリンク




2012年11月21日

使用レポート クイックシールドエアーマスク (Quick Shield Air Mask) 名前ホルダー型首かけ「マスク」

クイックシールドエアーマスク(Quick Shield Air Mask)が人気のようです。

Image0001.JPG



Image0002.JPG

*クリックすると画像のみ表示されます。もう一度クリックすると大きな画像をご覧になれます。

名前ホルダー型首かけ「マスク」として、手軽に使えることがウケているんでしょうね。

当ブログでも以前に書いています。

http://greenhand.seesaa.net/article/298683164.html


聞いた話しでは、職場用にと、人数分をまとめ買いして配っている人もいるとか。


さて、遅ればせながら私も使ってみましたので、簡単に使用レポートをお届けします。

去る、11月17日(土)、東京ビッグサイトで行われたイベントに出かけたついでに、1日首から下げて過ごしました。

交通手段や、会場の人混み。試してみるには最適、と考えたからです。

まず、パッケージを開封。

2012-11-21_0611.png

外観・・・ネームプレートの様。

重さ・・・ネームプレート以上には感じない。

あたりまえです。


次に、薬剤を開封。

におい・・たぶん無臭。

2012-11-21_0612.png

二酸化塩素を発生するとあるので、どんな刺激臭がするだろうかと、鼻を近づけてみますが、特に何もにおいません。

薬剤をネームプレートにセットし、首から下げてみます。

2012-11-21_0613.png

2012-11-21_0615.png

2012-11-21_0617.png

2012-11-21_0619.png

心配で、もう一度においをかいでみましたが、ネームプレート部分のビニールのにおいのほうが強いくらい。

さて、東京ビッグサイトまでは、私鉄とJR、ゆりかもめを乗り継いで2時間弱の距離です。

道を歩く最中も、電車の中も、人の視線が気になります。

でも、本人が意識するほど、周りの人は関心がないようです。

何せ、空のネームプレートを首から下げているだけですから。

今は、職場でも一般的ですし、アルバイトでも、ネームプレートを下げていますから、「仕事が終わったのに、はずし忘れている人」くらいにしか、思われないのでしょう。

途中、横浜Fマリノスのユニホームを着た、サッカー少年にジロジロとネームプレートを見つめられましたが、おそらくヒモがブルーなので、チームのスタッフか何かを連想したのだと思います。

さて、電車内では、二酸化塩素を発生して、他の人に気づかれないだろうかと心配しましたが、寒さが一段と増した日でしたので、たんすから出してきたであろう上着の防虫剤のにおいがする人もいたり、女性の香水のほうがよっぽど気になり、全く心配いりませんでした。

車内では、目の前に座った人が、さかんにせきをしていました。いつもならば、カゼをうつされるのではと心配になりますが、クイックシールドエアーマスクを下げていますから精神的に楽です。

「ぜんぜん、平気だもんね」と余裕です。

会場へ着いて、セミナー会場で隣に座った男性も、なんかちょっと怪しい人で、時間中半分くらい居眠りをしていました。

途中で咳き込んだり、ため息をついた息がこちらまで届いてイヤな感じだったのですが、ここでもクイックシールドエアーマスクを下げている安心感で救われました。

いつもなら、さっさと席を移るところですが、心穏やかでいられました。

ただ、会場では、ネームプレートを下げているのはスタッフですから、会場へ入るなり「えっ?」という反応をされてしまいました。

仕方ないので、受付でもらった参加者用のステッカーを、ネームプレートに貼って、誤解のないようにしましたが。

さて、全体の使用感をまとめると、

ネームプレートを下げるだけなので、とても楽です。

マスクなどすると、息苦しかったり、人と話したり、食事をする際にはわずらわしいですが、そのストレスがないのが、とても快適です。

好奇の目で見られたり、においでイヤな顔をされることもありません。

空のネームプレートを下げるのは、抵抗があるという方も、職場で使えば問題なしですし、外では中のネームプレートを裏返したり、お気に入りのカードでも入れれば大丈夫です。

ただ、ネームプレート自体をひっくり返すと、「Quick Shield」のロゴが入った、薬剤を入れるケースがまる見えですのでご注意を。

それと、薬剤を入れるケースの口は閉じませんから、タテに貼るときには、薬剤が落ちないように工夫が必要です。

口をテープなどで閉じると、効果も出ませんからご注意を。

二酸化塩素への恐れは消えましたが、子どもの近くで使ったり、風通しの悪い密室で使うのは、抵抗を感じます。

正直、よく分かりませから。

道中、クイックシールドエアーマスクを使っている人は、一切見かけませんでした。

オフィスなどでの状況は分かりませんが、一般にはまだ普及していない様子です。

少し前に、ドラッグストアで聞いてみたら、よく分からないようで「うちには、そういうのありませんねー」という話しでした。

逆に、今なら気づかれることなく、さりげなく使えるのでチャンスかもしれません。

さて、肝心の効果ですが、専門家でもありませんし、相手が菌や、においという目には見えないものです。

はっきりと効果がありますよ!とは、当然言えません。

ただ、お守りのようなもので、精神的な安心感を得られたのは実感しました。

人混みや、通勤の電車など、近くでせきやくしゃみをする人でイヤな思いをしていましたが、クイックシールドエアーマスクで心の余裕が生まれます。

ちなみに、東京ビッグサイトのあと、カゼをひくこともありませんでした。

ネットなら手軽に買えますし、1,000円程度ですから、興味のある方はお試しください。


→ Amazonでクイックシールドエアーマスクを見る

→ 楽天でクイックシールドエアーマスクを見る

中京医薬品 製品紹介ページ
http://9383.jp/airmask.html




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。