スポンサードリンク




2012年12月29日

「なりすまし」被害防止 ウイルス感染後も対策

「なりすまし」被害が話題になった今年、「なりすまし」の防止の課題が浮き彫りになりましたが、ウイルス感染後の対策がポイントになってきそうです。

2012-12-29_0642.png

ウイルスというと、これまではノートン、トレンドマイクロなどの、いわゆるアンチウイルスソフトによる、対策が一般的でした。

ウイルス対策ソフトさえ入れてあれば安心!と思っていたところに、「なりすまし」が横行。

身に覚えのない疑いで、逮捕される異常事態になりました。

これまでのウイルス対策ソフトの欠点は、未知のウイルスに対しては、防備が完全でないという点。

そこで、たとえウイルスに感染しても、ウイルスに勝手な動きをさせない、あるいは、コンピュータ内の動きを記録して、持ち主が意図的に操作したのではないことを証明する、
といった対策の重要性が注目を集めています。

ソフトウエア各社は、対策ソフトの開発を進めています。

調べてみると、「なりすまし」事件以前から、効果的なソフトを開発しているメーカーもあり、ユニークな製品がいろいろあるようです。

今朝の日本経済新聞に掲載されていたものからピックアップしてみましょう。

2012-12-29_0630.png

●Optim(オプティム)
世界初!不正遠隔制御対策ソフト
Optimal Guard(オプティマルガード)

1. 不正遠隔制御盗み見対策:遠隔制御の監視・制限

遠隔操作ウイルスが画面を転送する事を監視し、不正な第三者への送信を防止します。

2. 不正キーロガー対策:キーボード操作の検知・制限

キーボード操作が記録される事を検知し、不正な第三者への送信を防止します。

3. クロスサイトリクエストフォージェリ対策・不正POST送信対策:POST内容の辞書検索

不正な書き込みが行われるかを自動で監視し、ユーザの意図しない不正な書き込みを防止します。

4. 冤罪対策:パケットログ保存

不正プログラムが行った通信を記録する事で、身に覚えのないパソコン操作を明らかにします。

来年1月下旬発売、価格は9,800円。

オプティム ニュース
世界初!不正遠隔制御対策ソフト「Optimal Guard」を発売
−不正遠隔制御対策、クロスサイトリクエストフォージェリ対策を実装−
http://www.optim.co.jp/news-detail/6546

2012-12-29_0633.png

●Haming HEADS(ハミングヘッズ)
全く新しいアンチウイルス あらゆるウイルスを漏れなく捕獲します
Defense Platform(ディフェンスプラットフォーム)

1. 100%ウイルスを捕獲する新機能「H4E」

新機能「Humming Heads 4 Elements(H4E)」により、あらゆるサイバー攻撃を防ぎます。

2. H4E機能で、標的型攻撃も、未知のウイルスも100%シャットアウト

パターンファイルに頼ることなく、ウイルスが行う情報流出やデータ破壊などの行為をシャットアウトします。

3. なりすまし、遠隔操作ウイルスも履歴で対策、あなたの無実を証明します

Defense Platformならば、操作履歴を事細かに記録しているため、無実を簡単に証明してくれます。

4. ウイルスの動きが「見える」!よりスムーズな運用はホワイトリストで

詳細に記録された履歴から「ホワイトリスト」へ事前に正しいプログラムや正しい動作を登録します。

5. パターンファイル更新「なし」でストレスフリー!他社製品との共存も可能な、脅威の自由度

これまでのウイルスの積み重ねであるパターンファイルがいりません。

価格6,000円

Haming HEADS(ハミングヘッズ)
Defense Platform(ディフェンスプラットフォーム)
http://www.hummingheads.co.jp/dep/landing/index.html


Haming HEADS(ハミングヘッズ) プレスリリース
アンチウイルスソフト「Defense Platform*1」を発売開始
新機能「H4E」の搭載で、標的型攻撃や未知のウイルスなど
あらゆるサイバー攻撃への対策も完璧に!
http://www.hummingheads.co.jp/press/pressrelease_120720_defense_platform.html

2012-12-29_0635.png

●AOSテクノロジーズ

スペクタープロ7 Plus

主な機能

1. Webで表示された文章・画像

2. 送受信したEメールの内容

3. チャット・インスタントメッセージ

4. 使用したプログラム

5. タイプした、キー入力

6. 情報流出の経緯、原因

7. 検索履歴、検索キーワード

8. 掲示板やSNSサイト

9. オンラインショッピングの履歴

価格6,510円 同社オンラインショップで購入可。


AOSテクノロジーズ
スペクタープロ7 Plus
http://logkanri.jp/Spector_chat.html


●ソフトイーサ
パケット警察

※以前に当ブログで記事を書きました。
http://greenhand.seesaa.net/article/298786247.html

ソフトイーサ
パケット警察
http://www.softether.co.jp/jp/packetpolice/



人気のPCソフトを自動販売して高額収益を上げる「ソフトウェア販売システム」のオーナー募集

人気のPCソフトを手軽に販売 ソフトウェア販売システム



posted by Ken at 06:44 | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書籍、無料で当日配送 ヨドバシがネット通販 アマゾンに対抗

書籍の無料、当日配送に、ヨドバシのネット通販が参入です。

2012-12-29_0519.png

アマゾンに対抗するねらいで、どこまでシェアを取れるのか注目です。

家電の当日無料配送をしているのは知っていましたが、書籍のネット通販参入とは意外でした。

家電の通販で、インフラが整ったということなのでしょう。

当日無料配送は、首都圏のほか、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などの主要都市と周辺。

その他の地域も、2〜3日で商品を届けるそうです。

アマゾンは、「Amazonプライム」に登録して年会費を払った会員のみ、当日無料配送で、会員でない人が当日配送を希望する場合は手数料がかかっています。

ヨドバシでは、年会費も不要な上、購入額に応じたポイントも付与されるというのですから、お得感もありますね。

現在も、店頭の書籍売り場にあるような本は、当日無料配送しています。

今まで、アマゾンで在庫がない場合には、当日配送をあきらめて、時間のかかる他のオンライン書店で購入することが多かったのですが、今後はヨドバシで決まりです。

当面は、アマゾンのサブ、的な使い方になるかな。

電子書籍が盛り上がっている最中に、紙の書籍に参入とは、英断だと思います。

2月にサービスがスタートするとのことですので、期待して待ちましょう。


ヨドバシ・ドットコム
http://www.yodobashi.com/


「書籍販売サイト(インターネット上の資産)」を瞬間構築・自動運営することができるよう開発された自動収益システムです。

瞬間構築プログラム 書籍販売サイトのオーナー募集



posted by Ken at 05:25 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

電動ベッド 「suima(スイマ)」 日本経済新聞で紹介 抱っこ再現 赤ちゃんすやすや 九州大

電動ベッド「suima(スイマ)」が今朝の日経新聞に紹介されていました。

電動ベビーベッドSuima Smart SM-301

電動ベビーベッドSuima Smart SM-301
価格:198,000円(税込、送料込)



福岡の九州大芸術工学研究院で開発されたこのベッドは、お母さんのだっこを再現して、赤ちゃんを眠りにつかせてくれる魔法のベッドです。

藤智亮助教授らの研究チームが、電子機器メーカーとともに生み出したベッドは、2009年の発売以来、すでに150台以上も販売されているというから驚きです。

「ベッドをただ揺らすだけで、ほんとに赤ちゃんが寝るの?」

そんな声も聞こえてきそうですが、これが絶妙な揺れなんだそうです。

ぐずったり、夜泣きをした赤ちゃんを、抱っこしてあやす場面は多いですよね。

昼間ならば家事ができなくなるし、夜中であれば早く寝たい、泣き止んだと思ってベッドに戻したら、また泣いてしまう。

こちらのほうが、泣きたいくらいだ!そんな思いをされている方も多いと思います。

研究チームは、お母さんが赤ちゃんを抱いてあやす動作を細かく分析しました。

揺らす方向や速さを調節した結果、1.8秒かけて頭と足の方向に10センチずつ行ったり来たり。

このリズムは、お母さんの心拍数とほぼ同じといいますから、効果もうなずけます。

枕元のセンサーが泣き声を感知すると、自動的に揺れはじめます。

心地よい揺れに、安心して、眠ってしまうそうです。



実は、この「suima(スイマ)」、今年の9月に「夢の扉」というテレビ番組で紹介されて、人気に拍車がかかりました。

保育園などの施設でも、使用するところが増えている様子ですね。

その後、販売、レンタルとも、大人気になっているようです。

そう、「suima(スイマ)」は20万円前後と、ちょっと高価なのが残念。

でも、レンタルでも利用できるようですから、試してみても損はありません。

赤ちゃんをかかえて大変そうな、ご家族や親戚、友人に、クリスマスプレゼントとして紹介してはいかがですか。

また、年末年始に帰省する孫のために、こっそり用意しておいて、息子、娘にぐっすり寝てもらえるように、サプライズでプレゼントなんてのも素敵です。


電動スウィングベッド スイマ オフィシャルHP
http://suima.jp/

※当ブログでも、以前に「suima(スイマ)」に関する記事を書いています。
http://knowledge-blog.seesaa.net/article/294945836.html?1355953683


●子育ての悩み 「夜泣きにお悩みの方へ」

わずか30日の生活環境の見直しだけですやすやと寝息を立てながら熟睡するようになった!〜3ステップ夜泣き解消マニュアル〜





posted by Ken at 07:39 | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

SuicaもPASMOも全国で 交通系ICカードの全国相互利用サービスが いよいよ始まります!

交通系ICカードの全国相互利用サービスが いよいよ始まります!

2012-12-19_1258.png

(関東圏に住む立場から言うと、)SuicaもPASMOも全国で使えるようになります!

しかし、リリースを見て驚きました。

いつの間にか、こんなにも多くの種類の交通系ICカードが生まれていたんですね。

それぞれ、とてもユニークなサービスの名前の由来を、ネットをググってみましたが、まとまっているところも見つからなかったので、あらためて調べてみることにしました。

2012-12-19_1300.png

>> Kitaca きたか

名前の由来:
「JR北(キタ)海道のICカード」
http://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/


>> PASMO ぱすも

名前の由来:
「PASSNET」の「PAS」と、「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」
また、「パスモ」の「モ」は、パスネットとバス共通カードが合体した「&」を表す助詞の役割も果たし、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという、拡張性を表す意味の「モ」でもある。
http://www.pasmo.co.jp/

>> Suica すいか

名前の由来:
Super Urban Intelligent Card
「スイスイ行けるICカード」の意味もある
http://www.jreast.co.jp/suica/


>> manaca まなか

名前の由来:
「日本の真ん中をつなぎ、くらしの真ん中をつなぐICカード」
http://manaca.jp/index.html


>> TOICA といか

名前の由来:
「Tokai IC Card(東海ICカード)」
http://toica.jr-central.co.jp/


>> PiTaPa ぴたぱ

名前の由来:
「ピタッと タッチするだけで パッとスピーディーに!」
http://www.pitapa.com/


>> ICOCA いこか

名前の由来:
「IC Operating Card」「行こか」に掛けている
http://www.jr-odekake.net/icoca/


>> はやかけん

名前の由来:
「は」 = 速くて
「や」 = 優しくて(環境や人に)
「か」 = 快適な
「けん」= 券(カード)
http://subway.city.fukuoka.lg.jp/hayakaken/index.html


>> nimoca にもか

名前の由来:
「バスにも、電車にも、お買い物にも、いろいろ使えるオールラウンドなカード」
「nice money card」
利便性の高い地域通貨という意味も込められている。
http://www.nimoca.jp/home/


>> SUGOCA すごか

名前の由来:
「Smart Urban Going Card」
九州地方で使われる方言「すごか」
親しみやすさ、街中を賢く、スムーズに行き来できるという意味
http://www.jrkyushu.co.jp/sugoca/


各地方ごと、ほぼ同じサービスを提供するのに、これだけかぶらないネーミングをするだけでも大変なことだと思います。

デザインにせよ、PRにせよ、各地域で、それぞれ独自にやってきたわけですから、ご苦労様です。

それが、全国相互利用サービスの開始です。

「おらが町」のカードが、日本全国で使えるようになることを、喜んでいる関係者の方も多いと思います。

その一方では、地域の振興のため、と思ってブランディングを懸命にしてきたのに、相互利用では、様々なカードが入り込んできて台無しだ、と嘆いている方もあるかもしれません。

「全国相互利用サービス」とは配慮された言い方だと思いますが、全国共通化、または全国統一化にほかなりません。

バランスよく「相互利用」になればいいですが、東京へ行ったついでにSuicaを手に入れてきた、旅行のついでに、地方のカードを入手して使ってみた、など、本来の主旨とは離れた使い方もあるかもしれません。

各地方で、これまで積み上げてきたものがあるでしょうから、そこは大切にして欲しいなと思います。

はじめから、このような絵が描けていたならば、デザインもPRも一本でよかったのに、と関係した方々はぼやいているかもしれません。

プリペイド型の電子マネーもそうですが、各社の縄張り争いの結果、消費者は様々なカードを持たされているのが現状です。

コンビニでは、各社のカードが相乗りで使えるようにはなってきましたが、1枚で済むようにしてほしいというのが正直なところ。

その意味では、今回の交通系の取り組みは英断であると思います。


とりあえず、交通系ではどこでも利用できますから、遠距離でも安心して使えますね。

電子マネーとしても、一部をのぞいて、全国で利用できるといいますから、旅行でも、便利に使えるシーンが広がります。

素敵なシンボルマークもお披露目されましたので、やはり将来的には、名称とデザインの統一はマストかと思います。


共同プレスリリース
交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!
http://www.pasmo.co.jp/news/press/20121218_release.pdf



posted by Ken at 18:15 | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JALカードで初の「プラチナ」も  12月25日から入会申込の受付を開始

JALカードで初の「プラチナ」も登場。「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」が誕生します。

2012-12-19_1231.png

12月25日から入会申込の受付を開始予定です。Web申込も同日10:00より受付開始予定です。

JALカードでは、6年ぶりの新カード誕生となります。

日本航空、JALカード、三菱UFJニコスの3者が、利用者の多くの要望を受け、提携して発行を決めました。

「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」のラインナップは、「普通カード」、「CLUB-Aゴールドカード」、「プラチナ」の3種類となります。

目を引くのが新しいデザインの券面。

「プラチナ」のシックな背景に浮かぶ、鶴のマークに心ひかれます。

航空会社のクレジットカードに期待するのは、まずマイレージのたまり方でしょう。

「CLUB-Aゴールドカード」、「プラチナ」では、通常のショッピングマイルに加えて、「アドオンマイル」が積算されます。

JALグループの航空券・機内販売などの購入で、「CLUB-Aゴールドカード」では、100円ごとに3マイル、「プラチナ」では100円で4マイルがたまります。

100円で4マイルもたまると、優待航空券もあっという間に手が届きますよね。

さらに、「普通カード」、「CLUB-Aゴールドカード」、「プラチナ」すべてのカードで、国内のラウンジが無料で利用できるというからうれしいですね。

2012-12-19_1232.png

「プラチナ」では、

「プライオリティ・パス」

「プラチナ・コンシェルジュサービス」

「スーペリアル・エキスペリエンス」

といったワンランク上のサービスが提供されます。


JAL アメリカン・エキスプレス・カード誕生を記念して、入会キャンペーンも実施されます。

入会ボーナスマイル、利用ボーナスマイル、ショッピングマイル、入会搭乗ボーナスマイルの4段重ねのマイルが積算でき、

「普通カード」で最大16,000マイル

「CLUB-Aゴールドカード」で最大22,000マイル

「プラチナ」で最大25,000マイル

が取得できます。

かなり、大盤振る舞いが必要ですが、タイミングの合う方は、チャレンジしてはいかがでしょうか。

他にも、「JALで行く ニューヨーク 5日間の旅 プレゼントキャンペーン」なども実施されます。

気になる年会費は以下のとおり。

「普通カード」は6,300円

「CLUB-Aゴールドカード」は19,950円

「プラチナ」は32,550円

カード付帯保険、手荷物空港宅配サービスなど、航空機の利用が多い方には、便利なサービスも用意されています。

鶴のマークで、華麗によみがえった日本航空です。

積極的に、使ってみてもいいのではないでしょうか。


JALカード 「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」
http://www.jalcard.co.jp/newbrand/

日本航空 プレスリリース
http://press.jal.co.jp/ja/release/201212/002342.html


>> 混雑時のANA国内特典航空券を一般の人より先に予約できた快感!

ANAパワーチケットメソッド


posted by Ken at 12:51 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。