スポンサードリンク




2012年12月16日

おしゃれな電子マネー 楽天スーパーポイントが貯まる楽天Edyストラップ

おしゃれな電子マネー、楽天スーパーポイントが貯まる楽天Edyストラップはいかがでしょうか。

2012-12-16_0719_001.png

あなたは、すでにおサイフケータイで電子マネーをお使いかもしれません。

iD、QUICKPay、Suica、PASMO、WAON、nanaco、楽天Edyなど、数多くの種類がありますから、複数の電子マネーを使い分けているかもしれませんね。

でも、その中で、電子マネーを持っていて心がワクワクするもの、使って楽しいものってありますか?

どれも、携帯をかざすだけで電子マネーの実体が見えなかったり、ただカード型で、何枚も持っているポイントカードと同じだったり。

電子マネーをもっているけど、レジに並んでカードケースを探したのに、他のカードにまぎれて見つからずあきらめた、という経験は多くの方がしているのではないでしょうか。

電子マネーというくらいですから、財布から取り出すように、大事に使いたいと思います。

私は、それがずっと不満でした。もっと面白いものないのかなといつも思っています。

その中でもEdyは、おサイフケータイでもない、カード型でもない形の電子マネーをずっと発行してきました。

それが、腕時計型や、今回ご紹介するストラップ型の電子マネーです。

私が使っているのは、Edyのロゴが入ったストラップ型です。

楽天グループに入って、現在はロゴが変わりましたが、同じタイプが発売中です。

そして、今回、ロゴではなく、

・おとなのアーガイル

・おしゃれなトリコボーダー

といった、カラーリングされたデザインのストラップ型楽天Edyが発売されています。

デザイン的には、もうちょっとがんばって欲しかった感はありますが?!

楽天Edyのロゴの場合は、携帯にぶら下げるのはちょっと気恥ずかしく、クビから掛けるのも気が引けました。

でもアーガイル、トリコボーダーなら女性にもぴったり似合います。

2012-12-16_0721.png

このストラップ型のメリットは、

・携帯を変えるときに、電子マネー移行や個人情報の心配などわずらわしさがない

・携帯を落としても、電子マネーが使われる心配がない(携帯に付けていたら別ですが)

・何より、電子マネーを持って、使うワクワク感がある

といったところでしょうか。

あっ、大事なことを忘れました。

楽天Edyというだけあって、200円ごと1ポイントの楽天スーパーポイントがたまります。

会社にお勤めの方などは、毎日、朝と昼休みにコンビニで飲み物を買う方もいるでしょうから、

365日-52日X2(土日除く)=261日、祝日、休みを除いて250日としても、1日200円を楽天Edyで支払えば年間で250ポイントたまる計算です。

お弁当も買っていれば、さらに500ポイント以上たまることでしょう。

チャージがわずらわしいという方もいるかもしれませんが、楽天Edyリーダーを別途購入すれば、自宅のパソコンでもチャージできます。

出費の管理をする上でも、Edyにチャージした分だけ使うことにすると、節約できたりしますよ。

この楽天リーダーがあると、ネットの買い物もEdyで支払えますし、残高も外出まえに簡単にチェックできるので便利です。

他の電子マネーでも利用できますから、おすすめです。


電子マネーはいろいろな種類がありますが、多くは同じFeliCa(フェリカ)という同じ技術をつかっているものです。

だから、楽天Edyがストラップ型のようなものを作ることができるのであれば、他の電子マネーでも同様のことができるはずなのですが、なかなか個性的なデザインは出てきません。

マスコット人形型など、独自のデザインが多くなれば、使いたい人も増えると思うのですが。

おしゃれな電子マネー、楽しい電子マネーが増えることを期待しています。


楽天Edyショップ
http://www.rakuten.co.jp/edyshop/

新デザイン とってもおしゃれなEdyストラップ
当店限定商品★新発売iPhoneやスマートフォンにつけると便利!【楽天スーパーポイントが貯まる】楽天Edyストラップ【R】

楽天Edyリーダー




posted by Ken at 07:49 | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

【書評】『早起きは3億の得』(石田健 著 祥伝社)

このところ、著者 石田健氏の名前を、ネット起業家のメルマガや、書籍などで何度か目にして気になっていたところ、書店で本書を見つけて購入しました。

早起きは3億の得

大成功した、カリスマのネット起業家であるとか、SEOの大家であるとか、言われていることは知っていましたが、申し訳ないですが、石田健氏について詳しくは知りませんでした。

本書の中で、解説されていますが、本の帯に「「朝飯前」に送った1通のメールが10日で4200万円、4年で7億8000万円の売上げに!」など、刺激的な文字が躍っているので、そのあたりの手法や、方法論を期待して読み始めました。

結論から言うと、具体的に稼ぐ手法や、方法論については、ほとんど触れられていません。しかし、内容として裏切られた、と思うよりも、他に得るところが多く、読んでよかったと思える一冊でした。

では、何が書かれているのか、ということになりますが、石田健氏の毎日の生活、日課、考え方、ビジネスに対する心構えが、非常に具体的かつ、詳細に書かれています。

このあたり、成功者の書くことはだいだい相場が決まっていて、想像がつくことが多いですが、石田氏の場合はだいぶ様子が異なります。

ユニークであり、意外であり、驚きも含めて非常に面白く、参考になります。

例えば、晩酌はかかさない、それも結構な量を飲んでいるとか、趣味のゴルフを、5連チャンでやっているとか、成功者のイメージからはほど遠い話しもあります。

また、大胆に遊ぶことをすすめる話しの中では、会社に12畳の昼寝をする部屋があり、そこには国産車が買えてしまうほどの費用をかけた、海水魚用の水槽と水の濾過装置が置かれていることも披露しています。

では、石田氏はつかみ所のない、大胆で豪快な人物なのかと思いますが、本書の冒頭にある知人の証言によると「インテリジェンスとアーティストの心をもち、」などと紹介されていて、ますます分かりません。

でも、本書をとおして読むと、きっと魅力的な人物で、周りの人を引きつけ、それがビジネスの成功にもつながっているのであろうことが想像できます。

印象的なところをあげると、まず「「受け取ってはいけない」情報に注意せよ!」という話し。

この世には情報があふれていて、その情報には、必要な情報と必要でない情報、そして受け取ってはいけない情報がある、という文脈の中で語られています。

受け取ってはいけない情報とは、むしろじゃまになる情報で、整理しようとするだけムダという結論です。

たしかに生活の中で、この受け取ってはいけない情報を耳に、あるいは目にしたために、ムダな時間を取られたり、いやな気分にさせられたり、ムダに踊らされてしまったり、ムダな出費をさせられたり、などといったことが思い当たります。

情報が過多であることの弊害は、ずっと指摘されているのに解決されないのは、この「受け取ってはいけない情報」という認識が欠けているせいでは、とさえ思わされる気づきでした。

もう一点は、「ツイッターは検索エンジンを墓場に送り込むか?」という話し。検索エンジンの検索結果は、SEOなどによって、必ずしも中立的な立場ではなく、サービスの提供者側からのメッセージになっている。

一方、ツイッターなどのソーシャルメディアは、消費者の立場からのつぶやきや書き込みが多数で、ツイッターなどの検索結果こそ、リアルタイムの消費者にとって有益な情報である。

ソーシャルメディアは、今や私たちの生活にかかせないインフラとなっていて、最強の情報ツールとも言える。検索エンジンの価値を脅かす日も近い。というような論旨です。

正直なところ、最初は、えっ?今さらtwitterの話題??と思いましたが、読み進めると、確かにそうだなと腑に落ちました。

検索したところで、本当に有益な情報に巡り会うことはまれですし、SEOなどによるバイアスもどんどん強まっているように感じます。

一方、ソーシャルメディアも草創期ゆえの問題が、時々話題を集めていますが、もう引き返せないし、利用しないことは考えられないツールとなっています。

ネットの専門家である石田氏が、あえて今、指摘する意味というのは非常に深いのではないかと感じました。

その他にも、早起きのすすめ、読書のすすめなど、成功した起業家らしい内容に、多くのページが割かれています。

また、ことわざを疑う、数字よりモノ、座右の銘はマンガのセリフなど、常識にとらわれない、石田氏の思考が満載で楽しめます。

石田氏が上京し、起業し成功するまでの道のりも書かれていますので、起業をめざすための、よき道しるべになります。

何より、石田氏の毎日の生活が詳しく書かれていて、成功者の生活をイメージできることが大きな収穫でした。

独立、起業を考えている方だけでなく、会社につとめながら、これからの先行きに不安を感じている方にもねぜひ読んでいただきたい一冊です。


→ Amazonで『早起きは3億の得』を見る

→ 楽天で『早起きは3億の得』を見る


※石田健氏が大成功を収める礎となった「ザクザク稼ぐメールマガジン」のパート2が発売されています。

ザクザク稼ぐメールマガジン2


ネット界のBIG4が“1億稼ぐ力”を伝授します。

年の瀬の東京で、限られた起業家だけが参加できた、シークレットセミナーがありました。

会場は速攻でソールドアウトし、オンラインでは日本中、世界中から500名が視聴しました

その4人とはあなたもよくご存知であろうネットビジネス界の巨匠4人。

菅野一勢、中村司、石田健、高浜憲一の4氏によるシークレットセミナーを特別無料公開です。

http://123direct.info/tracking/af/790639/AAuxFFki/

彼らが、15年以上の起業経験、コンサルティング経験からゼロから起業し、年商1億を達成し、そしてラットレースを抜け出しビジネスオーナーになるための秘密を本気で語ったセミナー。

●1億稼ぐ方法
●年商を10倍にするマーケティング
●稼ぎ続けるマインドセット
●1人社長を抜け出すための仕組みづくり


起業の素晴らしさ、ビジネスの楽しさ、そして、人生でチャレンジする事の尊さまでを語った、2013年をロケットスタートさせてくれる、こちらのセミナー映像をノーカットで期間限定で無料公開します。

http://123direct.info/tracking/af/790639/AAuxFFki/




posted by Ken at 08:24 | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

電子書籍になった! 『クビでも年収1億円』 小玉歩 著 角川フォレスタ 紙の本も10万部突破

発売以来好評の『クビでも年収1億円』、ついに10万部を突破したそうです。

賛否両論を巻き起こしながら、竜巻のようにグングン上昇している印象ですね。

2012-12-13_1924.png

そして、あわせて届いたビッグニュースが「電子書籍化!」

要望は、以前から多く見られましたが、小玉歩氏がFacebookで「クビ億の電子書籍版があったら欲しいか?」と問いかけたところ大反響。

急遽、本日発売されたそうです。

驚くのは、その間、なんと2日間とのことです。

電子書籍がなかなか普及しませんでしたが、「なんだ、すぐできるんじゃない」と思いました。

価格は、1,365円。

紙の本といっしょなのは、いただけない。

でも、ご安心ください。

購入特典として、出版記念講演の映像が見られるようです。

「購入後マイページの購入特典ページにてURLが表示されます。」とのことです。

期限は、2012年12月13日〜2013年1月9日とのことですから、ご注意ください。

電子書籍の置いてあるストアは、角川グループ直営の電子書籍ストアである、BOOK☆WALKERです。

閲覧には日本国内で販売されたiPhone/iPadまたはAndroid OS搭載端末(スマートフォン・タブレット)が必要です。

残念ながらPCでは見られないようです。


年末になり、仕事でも、忘年会でも、忙しくなる時期。

そんな中で、埋没しそうな自分に気づいたら、『クビでも年収1億円』に目を通しましょう。

そのためにも、スマホに『クビでも年収1億円』電子書籍版を!


BOOK☆WALKER 『クビでも年収1億円』電子書籍版
http://bookwalker.jp/pc/detail/8a782391-1783-4af2-bc4a-5decedbf5011/

当ブログで、以前に書評を書きました。(読書感想文レベルで恐縮です)

【書評】『クビでも年収1億円』(小玉歩・著 角川フォレスタ)
http://greenhand.seesaa.net/article/294467725.html



予想どおり、小玉氏の情報商材は手に入らなくなってきています。

ここで、朗報!

本書でも触れている、オークションを使ったビジネスについて、小玉氏の名前を一躍世間に知らしめた教材があります。

その名も「マネートラップ」!小玉氏の代表的な教材です。聞いたことのある方もいるかもしれません。

小玉氏が成功をおさめた手法を、余すところ無く解説しています。

この教材の共著者が、この「マネートラップ」をまだ発売しているのを知りました。

小玉氏のルートからは、なかなか手に入れるチャンスはありません。

ぜひ、この教材で学んで、小玉氏に続く成功を手にいれましょう!

http://blogwork.biz/0/6sifjk

こちらも、いつ販売を終了するか分かりませんので、お早めに。





posted by Ken at 19:31 | 小玉歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本経済新聞にも載ったリクルートパンプス 「就活にも負けない快適パンプス」 就活用パンプス

千趣会が上智大のゼミ生と共同開発し、今朝の日本経済新聞にも載った「就活にも負けない快適パンプス」が発売中です。

2012-12-13_0828.png

欠かさず日経新聞に目を通している、就活生のあなたは、とても気になったことでしょう。

働く女性のための足にやさしい靴を開発してきたベルメゾンのブランド「ベネビス」の靴に、就活女子大生からの要望が多かった機能をプラスした商品です。

このリクルートパンプス、2012年6月から、上智大のゼミの一環として開発がスタートしました。

学生が、就活を終えた女子学生への聞き取りや、アンケート、グループインタビューなど本格的な調査を行い、その結果を元に、内容を分析し、商品提案書が作成されました。

提案書はベルメゾンで検討され、できあがった商品が、この『就活にも負けない快適パンプス』というわけです。

女子大生の生の声が反映されたパンプスですから、期待できますね。

就活生には、靴擦れなどの悩みを抱える人も多いようです。

そんな足のトラブルに真剣に向き合った商品です。

では、このパンプスの特徴を見てみましょう。

@足裏にふんわりやさしい「ベネクッション」

A足の疲れを軽減する「アーチクッション」

B足裏にフィットするよこアーチサポート「中足骨パッド」

C安定感の高める「かかとホールド機能」、を備えたベネビスの基本機能である立体中敷。

2012-12-13_0830.png

その他にも、

・ 通気性のある合成皮革と通気性のよいメッシュライナー。
・ 中敷のつま先には消臭機能をプラス。
・ ストッキングをはいても前すべりしにくい中敷。
・ カツカツ音のしにくい「静音リフト」
・ キズがつきにくい塗りヒール仕様。
・ しなやかでグリップ性のあるソール。

など、きめ細やかな配慮がされています。

また、ヒールの高さは業界によっても一般的な高さが異なるそうです。

ゼミ生の提案をもとに、3センチ、5.5センチ、7センチのヒールがそろうなど、就活ならではの環境にも配慮した仕様になっています。

「就活生は日本でもっとも過酷な状況でヒールをはく女性だと認識しました。」とベルメゾンでも新しい発見があった様子です。

就活真っ最中のあなた、足元から見直してみませんか。

この最強の武器ともいえるパンプスが、力になってくれるかもしれません。

ベルメゾンネットにて発売中です。

2012-12-13_0830_001.png

>> スクエア3cmプレーンパンプス(ベネビス)icon はこちら

>> スクエア5.5cmプレーンパンプス(ベネビス)icon はこちら

>> ラウンド7cmプレーンパンプス(ベネビス)icon はこちら

>> ラウンド5cmストラップパンプス(ベネビス)icon はこちら



米国のMBAをトップで卒業したキャリアコンサルタントが、卒業後も役に立つ、就職活動の"内定の秘訣を公開!"

就活の圧倒的なノウハウ!トップMBA式就職内定術(面接マニュアルつき)



posted by Ken at 08:55 | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Windows8をさらに快適に MV Pen Touch8 Windows8にアップグレードしたけどタッチパネルではないあなたへ

Windows8にアップグレードしたけど、タッチパネルではないPCを使い続けているあなた。

タッチパネルでないと意味がないからと、Windows8 PCを買うまでWindows8をがまんしているあなた。

2012-12-12_0627.png

もうタッチパネルをがまんする必要はありません。

Windows8を搭載したタッチパネル非対応のPCを、タッチ操作可能にしてしまう専用タッチペン、MV PenのTouch8が間もなく発売されます。

Windows7以前から、Windows8にアップグレードしたPCでも、もちろん利用可能です。

最大17インチのディスプレーまで、対応しています。

使用方法は簡単です。

付属の磁石接着板をPCのディスプレー横に取り付けます。

そこへ、ベースユニットを固定し、USBでPCに接続します。

キャリブレーションという、簡単な調整作業をすれば、すぐ利用できます。

Touch8のペン先は、押されると赤外線と超音波を発生し、ベースユニットがこれを感知します。

位置を計測して、画面に反映することで、タッチ操作を可能にします。

2012-12-12_0628.png

マウス代わりにタッチ操作できるだけでなく、ディスプレー上に、手書きする感覚で文字入力をすることも可能です。

画面をスライドさせたり、資料に書き込みをしたり、ペイントソフトやゲームで利用したりと、さまざまな場面で活用できます。


Touch8は2012年12月21日(金)から、一部の主要量販店で販売されます。

販売店舗は以下のとおり。

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップ、コジマ、他

価格は7,800円程度が見込まれています。

タッチパネルに投資することを思えばだいぶ安上がりです。

浮いた資金は、タブレットやスマホに回しましょう。



MV Pen 製品情報
http://www.mvpen.co.jp/touch8/

posted by Ken at 06:39 | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。