スポンサードリンク




2012年12月30日

デビューから15年 EDWIN 新503、ジーンズのはきやすさとフィット感を進化させ新発売 Levi's 501もモデルチェンジ

EDWIN(エドウィン) 503が進化して新発売です。

2012-12-30_0731.png

1997年の発売から15年、私も何度となく愛用してきた思い入れのあるジーンズ、EDWIN 503が新発売となるそうです。

「デニムらしさの表情を強めながら、新たに、糸、生地、パターン、シルエット、フィットのすべてを見直し、ユーザーからのフィードバックも取り入れ、今の時代にフィットするジーンズに仕上げました。」とのこと。

新503の特徴を見てみると、

・腰で合わせてもサイドに余分な余りやシワが出ないスッキリとしたシルエット。

・ジッパーの長さを改良し着脱時も快適に。

・安定感ある深めの股上でありながら、お腹を圧迫しないパターンを実現。

・カラダの動きに合わせてはきやすい適度な伸縮性能。着用時に実感できるはきやすさです。

・手を入れやすく設計したフロントポケット。コインポケットも実用的で大きめ。

・EKIAN加工でしなやかで上質な綿の肌触りと、色あせしづらい堅牢性に富んだダークな特濃ブルー

・体型や太さの好みで選べる、レギュラー503、タイト502、ルース504の3タイプ。サイズ展開も豊富で、各サイズごとに体型を考えた最適なシルエットを追求しています。

EKIANとは、ドレスシャツなどに採用されていたエキアン加工(液体アンモニア加工)のことで、世界ではじめてデニムに導入されものだとか。

はきやすさが進化して、きれいなフィット感を実現した新503。

EDWIN 503の原点は、ジーンズのはきやすさを進化させること。

そしてベーシックは常に進化するという考えに基づいているそう。

早めに、ジーンズショップで見てみたいと思います。


ところで、Levi's(リーバイス)の501もモデルチェンジするのだとか。

2013年2月に登場する501は、

「バルーン型シルエットを作ってきたウエストの丸みを無くしたスリムで美しいストレートラインを描くレッグラインに大きな特徴がある。

モダンなストレートシルエットを新たな世界基準として打ち出しており、具体的には、ヒップとライズはそのままにウエストを2分の1インチ大きく、バックヨークを短く、ポケット位置を高めに設計することで、直線的なトップブロックを形成。

さらに、裾幅を1インチ削り、縦に落ちるウエストラインが視覚的にスリムに見せ、ヒップラインもシャープな印象を与える。」

など、大幅に印象が変わりそう。

カラーのノンデニムも登場するようですよ。

ルーズなスタイルが好みな方は、新モデルに違和感があるかも。

私も、スリムなスタイルは好みではないので、ちょっと心配。

今のうちに、現行モデルをキープしておこうかな。


EDWIN News
http://www.edwin.co.jp/mens/new-503/

Fashionsnap.com
リーバイス「501レジスタードマーク」に変革、世界初のカラーノンデニムの発表も
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-12-10/levis-501-2013ss/


デニムに不似合いな太い脚が許せないあなたへ

脚痩せメソッド オンラインビデオ&メールサポート&三大特典付



タグ:EDWIN 503 LEVI'S 501
posted by Ken at 07:44 | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「石渡(いしわた)サウンドスティック」 振ると音が鳴るゴルフ用バットでスイング上達 デサント G-assist(ジー・アシスト)

「石渡(いしわた)サウンドスティック」振ると音が鳴るゴルフ用バットでスイング上達を。デサントのG-assist(ジー・アシスト)ブランドから発売です。

2012-12-30_0646.png

こんなゴルフの練習ツールがあるとは知りませんでした。

見た目はバットのようだし、グリップだけ見るとテニスラケットのようです。

先端に穴が空いていて、笛のような仕組みになっているんですね。

正しい軌道でスイングすると、この穴に空気が入って音が鳴ります。

スイングが悪かったり、不安定だと、音もきちんと鳴らないのが面白い。

完璧なスイングならば、いい音も鳴るので、さぞや気持ちのいいことでしょう。

「振ったときの笛の音の効果で、素振りのやる気を喚起させ、連続素振りにつなげる効果が期待できます。」と書かれていますが、たしかに大人でもムキになって楽しめそうです。

下の動画でも紹介されていますが、フックやスライスのクセのある人は、音を聞きながらスイングすることで、矯正することもできるようです。

プロゴルファーの石渡俊彦氏が監修した商品で、2010年の「石渡バット」の後継だとか。

前のモデルでは、笛は付いていなかったので、「バット」だったのでしょうか。

サイズは長さ75センチ、重さは500グラムほど。

真冬の厳しい寒さで、ラウンドの機会も減る季節に、室内でも気軽に練習できるように配慮されたサイズです。

このサイズならば、女性にも扱いやすいですね。

帰省のおともに、1本車に乗せておくと、運転の休憩や、食べ過ぎた食事のあとの運動にもいいかもしれません。



ゴルフの素振りというと、駅のホームで傘を振っている男性の姿を想像してしまいますが、「石渡(いしわた)サウンドスティック」ならばおしゃれに見えます。

ただ、音が鳴りますから、周りの迷惑にならないように気をつけましょう。

価格は7,770円、品番 QU7004、色はホワイトのみです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
よろしければ右の”顔入りの「いいね!」”もしていただけるとうれしいです!!





ルコックスポルティフ G-assist
http://www.descente-golfequipment.com/page1.html#item1

デサント プレスリリース
『ルコックスポルティフ』より、ゴルファーをサポートする「G-assist(ジー・アシスト)」シリーズから、音でスイングチェック「石渡(いしわた)サウンドスティック」を新発売
http://www.descente.co.jp/company/press_releases/2047.html












posted by Ken at 07:00 | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。