スポンサードリンク




2013年01月14日

終了間近!! Windows 8 特別価格 発売記念優待価格版 1月31日まで アップグレード版も 32bit 64bit 3,300円 ダウンロード





Windows 8 特別価格の発売記念優待価格版の終了が1月31日に迫ってきました。アップグレード版も同様で、32bit 64bitとも、3,300円という破格のダウンロード価格も間もなく終了します。



以前に、当ブログで、

「Windows 7 32bit版からWindows 8 64bit版へ ダウンロード版でクリーンインストールできた」
http://greenhand.seesaa.net/article/299965551.html という記事を書きました。

おかげさまで多くの方に読んでいただいています。ありがとうございます。

さて、Windows 8の特別価格も終わりが近づいていることに気づき、せっかく安いからもう少し?!買っておくことにしました。

何せ、2月からは、ダウンロード版は終了、パッケージ版は27,090円になるというのですから、指をくわえて見ている手はありません。(週間アスキーの記事による)

先日1台を、Windows 8にアップグレードして満足していましたが、予備機として眠っていたVistaマシーンと、iMac上の「Windows 8 Release Preview」も製品版にしておこうと、思い立ったのです。

特別価格のキャンペーンでは、1人3ライセンスまで購入できるとのことですので、ちょうど良い機会です。

いざ、前回と同じくiMacにインストールした「Parallels Desktop 8 トライアル版」で 動く「Windows 8 Release Preview」を使って購入しようとしましたが、

※詳細は「Parallels Desktop 8 で Windows 8 を動かしてみました」
http://greenhand.seesaa.net/article/299588254.html

困った問題が発生しました。

1つは、Microsoftから、「Windows 8 Release Preview」の90日間の有効期限が間もなく切れる、とメールが来たこと。

有効期限が切れる前に、Windows 8を買わなくてはいけません。

そもそも、このメールをきっかけに、買い増しを思い立ったのです。

もう1点の問題は、「Parallels Desktop 8」も試用期間が終了してしまって起動しないこと。

買おうかな、高いしなぁーと思いながら、Parallelsのサイトを見てみると、

ななな、なんと通常4,900円のアップグレード版が3,920円で買えるではないですか。

http://www.parallels.com/jp/store/

即、購入しました。通常版も、7,900円が6,912円とお買い得です。

期間限定なのか、理由もよく分かりませんが、興味のある方はお早めにどうぞ。

さあ、準備は整ったので、2ライセンス買うことにしました。

前回の記事では、購入後のダウンロードからの画面しか載せていないので、今回は、購入プロセスを順を追って見てみましょう。

1. 「http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy」を開き、「Pro を \3,300 でダウンロードする」をクリックします。



2. 「Windows8-UpgradeAssistant.exe」がダウンロードされるので、任意の場所に保存します。



3. 「Windows8-UpgradeAssistant.exe」をダブルクリックして実行します。
Windows8のロゴが画面上に現れ、「Windows 8 アップグレード アシスタント」が起動します。



4. 「互換性をチェックしています」の画面。少し待ちます。



5. 「チェックした結果です」の画面、「次へ」をクリックします。



6. 「引き継ぐ項目を選んでください」の画面。
今回はクリーンインストールなので「何も引き継がない」を選んで「次へ」。



7. 「お勧めの Windows 8」の画面で「注文」をクリックします。
ご覧の通り、32bitとか64bitの説明は出てきません。

あくまでも、「Windows 8 アップグレード アシスタント」を実行したシステムに準じたバージョンが購入されます。



8. 「ご注文を確認します」の画面で「確認」をクリックします。
DVDの注文もできますが、購入したバージョンと同じ、32bit、64bitのどちらか一方のみになります。



9. 「いくつかの処理を準備しています」の画面。少し待ちます。



10. 「請求先住所」の画面で、必要事項を入力します。「次へ」をクリックします。



11. 「支払い情報」の画面で、支払い方法を選びます。
「クレジットカード」と「PayPal」を選択できます。



12. クレジットカードを選んだ場合の「支払い情報」の画面。
必要情報を入力して、「次へ」をクリックします。



13. 「PayPal」を選んだ場合の「支払い情報」の画面。
「次へ」をクリックしすると、14. の画面に進んだあとで、PayPalのサイトに移動します。



15. 「注文の確認」の画面。確認して「注文の確定」をクリックします。



16. 「注文を処理しています」の画面。



17. 「ご注文ありがとうございました」の画面。
「次へ」をクリックするとダウンロードを開始します。



私はすでにダウンロードしたファイルがあり、プロダクトキーだけ欲しいのでここで終了。

もう一度、冒頭からの作業を繰り返して、無事2ライセンス購入しました。

このあとの、ダウンロードからISOファイルの作成などの続きは、

「Windows 7 32bit版からWindows 8 64bit版へ ダウンロード版でクリーンインストールできた」
http://greenhand.seesaa.net/article/299965551.html をご覧ください。





今なら、5,000円を切った価格で買えます!2万円値上げの前に購入しましょう!!




posted by Ken at 12:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

参院選へ 「インターネット選挙運動」解禁をにらむ SNSの投稿・検索から民意詳しく分析 サービス続々登場か

昨年末の衆議院選挙では、残念ながら「インターネット選挙運動」解禁はなりませんでした。しかし次期、参院選では解禁が確実視されています。

SNSなどネット活用が本格化することが予想される参院選をにらんで、SNSの投稿・検索から民意を詳しく分析するサービスなどが続々登場する気配です。

Yahoo!が昨年末の衆院選を分析した結果、

小選挙区 ソーシャルメディアの投稿数が多い党ほど得票が多い
比例区  検索件数が多い党ほど得票が多い

という結論が出たそうです。

事前予想、出口調査と並んで、選挙結果を占う指標となり得るのか注目ですね。

今朝の日本経済新聞の記事を元に、情報をまとめました。


<主要ネット企業による主な選挙関連サービス>

● Yahoo!
検索キーワードの推移やソーシャルメディアへの投稿の傾向を解析し、政党・政治家にデータ提供を検討。
(下記は、別サービス)

2013-01-12_1332.png

Yahoo!みんなの政治
http://seiji.yahoo.co.jp/

>> ネット選挙は何を変えるのか
http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1222/




● 楽天
献金サイト「楽天LOVE JAPAN」を通じ、有権者への政治参加を促進。

2013-01-12_1323.png

楽天LOVE JAPAN
http://seiji.rakuten.co.jp/

>> ネット献金に対応している政党・政治家一覧
http://seiji.rakuten.co.jp/contents/politician/list


● ホットリンク
政党向けにソーシャルメディアの投稿を分析し、メディア対策を指南するサービスを4月にも開始。
(下記は、永田町関連の別サービス)

2013-01-12_1343.png

i love data
http://www.ilovedata.jp/

>> プレスリリース > ホットリンク、主要政党や党首の評判をソーシャルメディア上のデータから指標化、「永田町インデックス」としてブログ上で公開

2013-01-12_1320.png

永田町インデックス
http://www.ilovedata.jp/%E6%B0%B8%E7%94%B0%E7%94%BA%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/


● Google 日本法人
政党や候補者に関する情報をまとめて調べられるサイトを運営。有権者と各政党代表者がSNSの同時チャット機能を使い直接話し合うイベントを開催。

2013-01-12_1425.png

Google 選ぼう 2012
http://www.google.co.jp/landing/senkyo2012/

>>Google 選ぼう 2012 > 政治家と話そう
http://www.google.co.jp/landing/senkyo2012/hanasou.html




● Twitter 日本法人
12月の衆院選でイベントページ「#総選挙」を運営。衆院選関連のユーザーの投稿を分類して読みやすく。

2013-01-12_1309.png

>> Twitterブログ:第46回衆議院議員総選挙についての話題をTwitterイベントページで
http://blog.jp.twitter.com/2012/12/46twitter.html


● パイプドビッツ
政治情報サイト「政治山」運営。有権者への意識調査実施。

2013-01-12_1253.png

政治山
http://seijiyama.jp/

>> 第7回政治山調査「2012年衆議院議員選挙に関する意識調査」
http://seijiyama.jp/investigation/investigation_7.html

>> 特集 > 「インターネットと『新しい政治』の実現に向けて」シンポジウム開催
http://seijiyama.jp/special/shuinsen2012/article3.html


● VoiceJapan
選挙情報サイト「ザ選挙」で政治家のソーシャルメディア活用状況を紹介。

2013-01-12_1250.png

ザ選挙
http://go2senkyo.com/

>> 第46回衆議院議員選挙 小選挙区当選者データ分析
〜選挙区の当選者は圧倒的に男性が多く、当選者の方がネット利用率が高い〜
http://go2senkyo.com/blog/archives/7094

>> 第46回衆議院議員選挙 小選挙区立候補者データ分析 > 政党別ネットツール使用率
http://go2senkyo.com/blog/archives/7022

>> 新年に向けて〜インターネット選挙解禁がもたらすもの
http://go2senkyo.com/blog/archives/7244


その他

>> Yahoo!ニュース ネット選挙運動
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/online_election_campaigns/

>> ONE VOICE CAMPAIGN インターネット選挙運動解禁に向けて
http://onevoice-campaign.jp/

>> 我が国のインターネット選挙運動 国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0517.pdf

>> 愛媛新聞 ONLINE 特集 社説
ネット選挙運動 解禁で時代の「風」受け入れを
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201212255441.html


posted by Ken at 14:40 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

あなたは買いましたか? 2013 ニコンダイレクト福袋 3万円コース 届きました 開梱の様子を紹介 ネタバレ注意!

1月1日0時にスタートした「2013 ニコンダイレクト福袋」の販売。

2013-01-10_1634.png

購入した、3万円コースの福袋が昨日(1月9日)に届きましたので、本日さっそく開梱しました。

中身を見る前に、当日の様子から。

年が明ける0時少し前から、販売ページの読み込みを繰り返してスタンバイしていましたが、直前にシステムにアクセスできない状態が発生。

それでも、読み込みを繰り返し販売時間になりました。

時折、表示される商品画面でカートに商品を入れますが、システムエラーになり、入ったかどうか分からない状態が続きます。

30分ほど、そんなことを繰り返し、システムが落ち着いてきたのか様子を見ると、何とかカートに商品が入っていることを確認。

よし!と思って決済に移ろうとすると、またもシステムエラーで決済できず。。

結局、購入プロセスが行えず、フォームからニコンダイレクトに問い合わせをして終了。

ニコンダイレクトから返信が来たのは、1月6日の夜のこと。

アクセスの集中で、一時的にアクセスできない状態が発生していたという説明とともに、

「キャンセルの発生により、現在、ご購入いただける状態となっております。」(ホントか??)

えっ?と思いつつ、急いで再度購入にチャレンジしたところ、スムーズに購入できました。

ニコンダイレクトでも、楽天のニコンダイレクトでも、3万円コースは数日残っていたので、慌てることはなかったなぁ、と反省しました。

さて、それでは開梱に戻りましょう。

ヤマト運輸の宅急便で届きましたが、ミラーレスでコンパクトなせいか、荷物も小さく軽くて驚きました。

写真1
130110_1.jpg

さて、箱をあけて、梱包材を抜いたところ。

写真2
130110_2.jpg

まず、目に入ったのは、箱の大部分を占める白い物体。

>>「オリジナルカメラバック11WH」です。

写真3
130110_3.jpg

それなり、、の商品なのでしょうが、きれいで上品な印象です。

次に、小物をまとめて見てみましょう。

写真4
130110_4.jpg

右から、

>>「ND 2-POINTスリムストラップ 商品名:(レオパード)ホワイトXブラック」

白黒のいわゆるヒョウ柄のストラップ。残念ながら、私の趣味ではありません。

>>「NIKON CP-16 ニュートラルカラーNCフィルター 40.5mm」

レンズの保護を目的としたフィルタで、レンズの前面に取り付けます。

>>「Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL20」

予備バッテリーがあるのはありがたいですね。安心して撮影できます。

>>「サンディスク SDHCカード 4GB CLASS4 スタンダードモデル」

ニコンダイレクトでは、標準で付いてくるメモリカード。容量はともかく、CLASS4はいただけない。

続いて、ニコンダイレクトのオリジナル サービス品を2つ。

>>「NIKON Direct オリジナル JIGSAW PUZZLE」

写真5
130110_5.jpg

ジグソウパズル。風景写真なのか、カメラの絵なのか中身は分かりません。

それよりJIGSAW=糸ノコで切ったパズルの意味に今さらながら気づいて感心。

>>「NIKON Direct オリジナル フェイスタオル」

写真6
130110_6.jpg

さりげなく使うと、カメラマンぽくっていいかも?!

まあ、どうでもいいものでした、、、

さて、最後はいよいよ本体ですが、

大方の予想どおり、

>>「Nikon 1 J1 標準ズームレンズキット」

J1 MODEL 1 NIKKOR Zoom Lens Kit (1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6)

写真7
130110_7.jpg

J2とは、性能的に大差なくお買い得モデルと思っていました。

しかし、実は、イヤな予感が的中してしまいました。

色はピンク!!在庫がダブついている様子だけど、まさかピンクはないよね、と思っていたら、そのまさかでした。

(ニコンさん、いくら福袋とはいえ、いい年をした男がピンクのカメラを持ち歩けるわけないでしょ。)

ニコンダイレクトでも、アウトレットのキャンペーンをしています。

2013-01-10_1638.png
http://shop.nikon-image.com/campaign/nikon1j1_pink/index.html

こんなカメラを持っている女性が目の前にいたら、気になってしかたないでしょう。

ピンクでも、ミラーレスの本格派というのは、けっこういいのではないでしょうか。

おしゃれで、かわいいけど、あなた分かってるね・・・みたいな。

標準だと、保証は1年ですが、
「ニコンダイレクト3年安心サポート<<スペシャル>>保証書」も付いています。

ピンクモデルは、希少性が高いのか、他のカラーには3万円を切っているものもあるなか、3万で買えるものはなかなか見当たりません。

しかも福袋で、いろいろおまけも付いています。

楽天のニコンダイレクトには、34% OFFとありましたから、総額ではずいぶんお得だと思います。

でも、ピンクか・・・

人に譲るか、売ってJ3の軍資金にしようかな。

→ で、結局 Amazonマーケットプレースに出品しました。Amazonの手数料や送料をあわせると、\35,000+送料となってしまいましたが、Amazonマーケットプレースでは最安値です。

言うまでもなく、他は本体だけの価格ですからね!早いモノ勝ちです!

http://blogwork.biz/0/y15hlha3


ニコンダイレクト
http://shop.nikon-image.com/

Nikon 1 J1
http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_j1/index.htm






カメラメーカーに勤務したエンジニアだから分かる数々のテクニック


カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座 【キャンペーン価格】


posted by Ken at 00:00 | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ユニー 今秋にも電子マネーに参入 サークルK サンクス ピアゴ アピタなどで 独自電子マネーが利用可能に

アピタ、ピアゴのスーパーでおなじみのユニーが、今秋にも電子マネー事業に参入するそうです。

2013-01-09_1555.png

以前から、時々ピアゴを利用していますが、各社の電子マネーが支払いに使えて便利だなぁと思っていました。

それが、独自の電子マネーを導入するというのですから驚きです。

ピアゴ、アピタといったスーパーの他にも、サークルKサンクスなどのコンビニ、パレモという衣料品専門店など、グループの店舗で使えるようにするようです。

また、ユニーが運営する商業施設内のテナントでも使えるようにするようなので、利用機会も広がるかもしれませんね。

ネットスーパーや、ネット通販も運営していますから、実店舗とあわせて、顧客の囲い込みには格好の武器になります。

電子マネーの運営は、グループのカード会社UCSが担当し、2月に発足する「ユニーグループ・ホールディングス」の象徴的な事業とすることをねらっているといいますから、気合いが入っています。

愛知県に本社を置くユニーが、どういう戦略をもっているのか、楽しみです。

2013-01-09_1522.png

電子マネーの仕様は、前払いのカード式で、サービス名称は今月中にも決めるとのこと。

「ダジャレか?」と突っ込みたくなるようなネーミングは避けてほしいところです。

電子マネーの使用は増えているとはいえ、先行する競合他社と、どうわたりあっていくのか注目です。

同じ流通系である、イオンの「ワオン」、セブン&アイの「ナナコ」に追いつくことが当面の目標になるでしょう。

これ以上、電子マネーの種類が増えるのは勘弁してもらいたい気持ちもありますが、後発組ならではの、思い切った戦略で電子マネーを盛り上げてくれるなら、消費者としても歓迎したいところ。

秋の登場まで、注目しましょう。


ユニー ホームページ
http://www.uny.co.jp/



失って初めて、彼の大切さに気づいた・・・

★【復縁マニュアル】女性限定!『復活愛の極意!元カレと寄りを戻す方法』

posted by Ken at 16:09 | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

ボールスピードやスイングスピードを測定 マルチスピードテスターU 打撃のうまさ ひと目で エスエスケイ

野球、ゴルフ、サッカー、テニスなどのスポーツでボールスピードやスイングスピードを簡単に測定できるスピード測定器、「マルチスピードテスターU」が発売中です。

2013-01-08_1506.png

野球のスカウトなどが、バックネット裏で抱えているスピード測定器といえば、「スピードガン」と思っていましたが、技術の進歩もあってか、ずいぶんスリムな機器になっているんですね。

この「マルチスピードテスターU」は、自動車タイヤなどでおなじみの、横浜ゴムが開発、製造しているもの。

販売元は野球用品でおなじみのSSK(エスエスケイ)で、野球を中心としたスポーツでの利用を想定して、全国スポーツ用品店などで販売されています。

さて、何ができるか、まず野球から見てみると、

・ピッチャーの投球スピード

・バッターのスイングスピード

・バッティングのミート率

などが計測可能です。

ゴルフでは、

・ヘッドスピードとボールスピードの同時測定が可能。

その他にも、

サッカーのシュートの速度

テニスのサーブの速度

など、あらゆるスポーツの場面で活用ができそうです。

測定方法は簡単。

測定対象の1〜1.5メートルほど後方に、別売りのスタンドなどを利用して設置するだけ。

センサー部分が回転するので、ひとりでも結果を確認しながら利用できます。

また、測定回数のカウントや、目標値をクリアした回数をカウントする練習機能が搭載されています。

部活動や、スポーツの指導などしている方には、子どもたちのモチベーションアップに利用すると楽しそうです。

また、草野球やゴルフで、日々技術の向上に取り組んでいる方にも、結果の「見える化」は上達のヒントになるかもしれませんね。

本体のサイズは、122mm×62mm×29mm。スマホを2台くらい重ねた感じでしょうか。

重さは205g。

単三電池4本で動作します。

価格は、34,650円。




新しい年を迎えて、新たなチャレンジに活用しましょう。


横浜ゴム ニュースリリース
http://www.yrc-pressroom.jp/html/2012102415gl001.html

エスエスケイ 製品ページ
http://www.ssk-baseball.com/?p=3992






あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園〜読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】




posted by Ken at 15:53 | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。