スポンサードリンク




2013年01月07日

2013年になったので、Microsoft Office 2013 (マイクロソフト オフィス 2013) 試用版を使ってみよう 無償アップグレード,アップグレード優待オンラインキャンペーン

Microsoft Office 2013 (マイクロソフト オフィス 2013) 試用版を使ってみました。



昨年末にWindows 8 が発売され、年も新たまって一段落。

次は、1月中にも発売が開始されるのではと噂される、Microsoft Office 2013 (マイクロソフト オフィス 2013) が楽しみになってきました。

Microsoft Office 2013 (マイクロソフト オフィス 2013) の発売にあたって、「アップグレード優待オンラインキャンペーン」の予約や、Microsoft Office 2010 (マイクロソフト オフィス 2010) を買うと、無償でOffice 2013が入手できる、「無償アップグレード プログラム」も実施中です。

→ 詳細は<Microsoft Onlinestore(マイクロソフト直販サイト)>でご覧ください。

発売を待ちきれず?!Office 2013の試用版をインストールして、使ってみました。

1) 以下のURLにアクセスします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/Preview/new-office/default.aspx?WT.mc_id=O15PRE_MSINT_PREVIEW&WT.z_jpcid=O15PRE_MSINT_PREVIEW


2) 右上の「Office Professional 2013 プレビューダウンロードはこちら」をクリックします。



3) 「新しいOfficeへようこそ(個人のお客様向け)」画面が表示されます。

下の「プレビューを入手する」をクリックします。



4) Microsoftアカウントへのサインイン画面が表示されます。



5) 「Microsoft Office Proffesional Preview」画面が表示されます。

プロダクトキーを控えます。



6) お使いのWindowsにあわせて32ビット版、または64ビット版をダウンロードします。

ダウンロードが開始されるので、「保存」をクリックします。



7) 保存した「Setup.x86.ja-jp_ProfessionalRetail_(プロダクトキー)_.exe」をダブルクリックして実行します。

8) 構成画面が表示されます。



9) 右下の「次へ」をクリックします。



10) 製品説明のアニメーションが表示されます。



11) 「ようこそ」の画面が表示されます。右下の「次へ」をクリックします。



12) 「SkyDrive」の説明が表示されます。右下の「次へ」をクリックします。



13) 「準備を行っています。」の画面が出ます。「作業の開始」をクリックします。


14) 「もうすぐ準備が完了します。」の画面が出ます。



15) 完了しました。



次の記事で、起動した様子を見てみることにします。

http://greenhand.seesaa.net/article/312126511.html





posted by Ken at 12:44 | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。