スポンサードリンク




2013年01月24日

【書評】『大富豪の仕事術』(マイケル・マスターソン 著 ダイレクト出版)

いくつもの会社を持つ経営者であり、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの第一人者、スーパー起業家とも呼ばれる著者、マイケル・マスターソン氏による著作。

daifugoj.jpg

マイケル・マスターソン氏が勧める、人生のゴールを定め、到達するための計画、「マスタープラン」について述べた著作です。

人にはそれぞれ、自分がどうありたいかという価値観、著者のいう「コア・バリュー」があります。

自分のコア・バリューを知り、それを元にまず7年後の自分の姿を想像します。

コアバリューに基づいた、自分となっているための目標、それがゴールとなります。

ゴールを達成することで、健康と富と幸福に満ち、成功した人生を手にする方法、それがこの本の要旨です

本書には、マイケル・マスターソン氏が経験を通じて培ってきた、ゴールを達成するための、アイデアが多く収められています。

章立てを順に見ていくと、

マスタープランの概要と、マスタープランの作り方の解説が冒頭で語られています。

次に、成功するには必須の「早起き」して、人より早く仕事を始めることの有用性。

より良い人生を送るための、判断や選択のアイデア。

成功するために、努力すべきこと。

よいメンターに出会う重要性。

成功を妨げる多くの事象と、解決方法。

などが、多くの例話とともに展開されます。

また、著者の経験をふまえた、富の蓄え方の数々のアイデアが紹介されています。

最後に、本書を振り返る形で著者によるまとめでしめくくられます。

興味深いところをいくつかあげてみます。

まず、「金、蒸気、酸という3つの選択」の話し。

成功のためには、同じことをして成功した人と同じかそれ以上働く勤勉さが必要とマスターソン氏は語っています。

しかし、時には娯楽も必要。

1日24時間から、睡眠と食事の時間、労働時間を引いた時間が娯楽として使っても良い時間となります。

娯楽の過ごし方には、以下の3種類があるといいます。

1. 極上の選択「金」
とにかく自分を改善するもの

2. 可もなく不可もない「蒸気」
自分をほとんど変えないもの

3. 害になる選択「酸」
とにかく自分をダメにするもの

娯楽の種類を分類して考えることは無かったですし、この「金、蒸気、酸」という言い方もユニークです。

時間の過ごし方が、具体的な映像として浮かぶのが素晴らしいと思いました。

自分でも、意識して時間を過ごすヒントになりそうです。


もう一点は、「なぜ読むだけの情報にお金を払うのか」という項目。

いわゆる、情報商品について書かれた箇所です。

情報の購入者には、情報中毒者と情報ユーザーがいるとしています。

情報中毒者は、情報を買うプロセスから抜け出すことができなくなっていて、情報を買うときに、最大の喜びを感じます。

一方、情報ユーザーは情報を消費して、その情報から利益を得ます。

これは、情報商品に限らず、一般の書籍などでも同様だと思います。

私自身も、買ったままの「積ん読」や、自己啓発書を次から次へと読みあさり、実践は後回しということが日常的です。

情報を消費して、マネタイズするアイデアにも触れられていて、参考になります。

その他にも、高校の落ちこぼれから、成功者へと上り詰めたマスターソン氏の学ぶことの多い経歴、

麻薬中毒者に見る成功の秘訣、

社交ダンスでリーダーシップを考えるなど、

ユニークな切り口についつい惹きつけられます。


かなりボリュームのある本で、覚悟が必要かと思いましたが、思いの他読みやすく、それでいてとても内容の濃い本です。

実際のビジネスの場でも、日々の生活の上でも、繰り返しアイデアゃヒントを与えてくれそうな良い本だと思いました。

昨年、発行する出版社内で、2番目に売れたという好評を博している本です。

会社勤めのビジネスマンにも、起業を志す方にも、読んでいただきたい一冊です。


daifugoj_s.jpg

一般の書店では購入できませんのでご注意ください。
こちらからご覧ください。ダイレクト出版のサイトへ移動します。



同じ著者、マイケル・マスターソン氏の著書

『大富豪の起業術 上下巻』も発売中です。

こちらからご覧ください。

今ならキャンペーンで、【30日間無料お試し】実施中です。

支払いは30日後でOK。さらに、購入後60日間の返金保証付き。
(くわしくはこちらでご確認ください)

ただし、先着400名(現在の残りは94名)なので、お早めに。

開始初日で、速効で売り切れたそうで、さらに300名分が追加されました。

私はすでに買ってしまっているので、この恩恵には預かれない、、残念。

内容に自信があるからこそできる大盤振る舞いなのでしょうね!

早めにこちらからご覧ください。





posted by Ken at 07:06 | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。