スポンサードリンク




2013年02月20日

Canon (キャノン) LiDE 210 シートフィードスキャナ全盛の中 フラットベッドスキャナを買ったわけ

自炊が一般化して、シートフィードスキャナ全盛の中、あえてフラットベッドスキャナ Canon (キャノン) LiDE 210を購入しました。

2013-02-20_2259.png

新聞の切り抜きや、雑誌のページを切らずにスキャンすることが、主な使用法なので、キャリアシートのようなものに挟むより、フラットベッドスキャナのほうが、都合がいいのです。

今使っている、同じくCanonのLiDE 60の後継である点も、信頼に値します。

Canonの複合機で、スキャナを使う機会があって驚いたのがきっかけ。

スキャンの速さにビックリして、今の機種はこんなに違うのか、、と知ってしまったのです。

それ以来、LiDE 60の出番は無くなり、新しいスキャナーを物色していました。

今回、やっと手に入れましたので、今さらながらのレポートです。

購入先はPC DEPO。ネットで買って、店舗受け取りにしたら、店頭価格より千円ほど安く買えました。

では、見ていきましょう。

1) 梱包された箱、ビジネス用アタッシュケース大です。


2) 簡便な包装です。反対側から。


3) しっかり梱包されて、入っています。


4) 梱包材を外しても、細かいところまで緩衝材が入っています。


5) シンプルで品のあるデザインです。


6) 開けてみました。


7) 前面から見たところ。


8) 後方から見たところ。


9) 長年愛用してきたLiDE 60と並べてみます。


10) LiDE 210の方が薄い印象ですが、カタログ上の数値は1mm薄いだけです。


11) ボタンは、PDFが2つになって増えています。


12) 後ろをそろえて重ねると、LiDE 210が9mm短くなっています。


13) 従来製品同様、立て置きもできます。立てたまま使ったことは未だありません。


14) やや傾いて、セットされます。


15) 立て置き用のスタンド。


16) 同梱物一覧。


17) USBのポートが、BプラグからミニBプラグに変更されています。


18) 移送用のロックスイッチ。


19) 解除しました。


付属のCD-ROMから、ソフトウエアを導入してから接続するように書いてあります。
次回は、ソフトウエアのインストールをレポートします。






posted by Ken at 23:00 | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

所さんの「やりたいこと、やろう。」 THE BEETLE X TOKORO.G. フォルクスワーゲン ビートルをカスタマイズ

所ジョージ仕様 The Beetleカスタムプラン 所さん、The Beetleでやりたいこと、やってください。

2013-02-16_1539.png

所さんのCM、Volkswagen(フォルクスワーゲン) The Beetle(ビートル)もう見ましたか。

CMは、ケリーちゃんと公園を散歩しながら遊ぶ姿から始まります。

場所を世田谷ベースに移して、カスタマイズしたバイクが登場。

ビートルに乗って一走りした後で、

最後には、世田谷ベースに設置されたターンテーブルまで登場します。

所ジョージファンには、見どころ満載の楽しいCMですね。

所さんが車のCMに出演するのは、TOYOTA(トヨタ)のCAVALIER(キャバリエ)以来でしようか。

米GMが作った車をトヨタが売るという、アメリカ感を前面に出したユニークな車でした。

今回はフォルクスワーゲン ビートル、ドイツ車です。

「今までのフォルクスワーゲンは丸いのがイメージだったんだけど、やっとクーペになった感じだよね。相当いいポテンシャル秘めてますよ!」と所さん独特の言い回しで大絶賛、お墨付きです。

車王を自認する所さん、最近では、ホンダのオデッセイを改造したり、スバルの軽自動車をフェラーリのようにしたり、本家フェラーリのエンブレムさえオリジナルに変えちゃったりしてきました。

いつも「ウチに聞きに来なさいよ!もっと良くなるよ!」と言ってましたが、

なんと、メーカーが所さんに丸投げですよ、、びっくりです。

「所さん、The Beetleでやりたいこと、やってください。」ですから、フォルクスワーゲンはエライ!!

むろん、こういう企画が今回のマーケティングにマッチしたという背景はあるのでしょうが、フォルクスワーゲンの英断です。

BSで放送されている「所さんの世田谷ベース」、所さんが企画に参画している雑誌『Daytona』でも、コラボレーションしています。

これも折り込み済みでの企画でしょうから、フォルクスワーゲンはエライ!!



スペシャルサイトでは、次回打ち合わせみたいになっていますが、雑誌ではBSの世田谷ベースでおなじみの清野さんとの打ち合わせをしているシーンが載ってました。

すでに、世田谷ベースを後にして、カスタマイズに入っているようです。

今回改造されるのは、黒の“Design Leather Package”。

所さんによると、西海岸風のカスタマイズになるとか。

沖縄ベースにも、ビートルが導入されるというコメントもありました。

どんな車になって戻ってくるのか楽しみですね!

当ブログでも注目して、追っていきたいと思います。


Volkswagen The Beetle 製品ページ
http://www.volkswagen.co.jp/cars/thebeetle/main.html

Volkswagen The Beetle スペシャルページ
http://thebeetle.jp/

所さんの世田谷ベース
http://www.bsfuji.tv/tsb/hi/index.html

雑誌「Daytona」
http://www.daytona-mag.com/magazine/






posted by Ken at 00:00 | 所ジョージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

ついにJAL国内線でも「Passbook(パスブック)」対応サービスを開始 JAL タッチ&ゴーサービスも利用可能

ANAに遅れること4か月、ついにJAL(日本航空)国内線でも「Passbook(パスブック)」対応サービスを開始しました。

2013-02-16_1126.png

ANAの「Passbook(パスブック)」対応サービスが開始された際には、当ブログでもご紹介していました。
「Passbook(パスブック) ANA国内線で10月1日から利用可能に」
http://greenhand.seesaa.net/article/293478412.html

今回、開始されたサービスではJAL(日本航空)グループ国内線搭乗券をPassbookに保存することで、従来のICやバーコードなどと同様に、JAL タッチ&ゴーサービスも利用できます。

Passbookの機能を生かして、搭乗当日にはロック画面に通知される機能も利用できます。

搭乗時間を勘違いする、なんてミスも解消できるかもしれません。

さすがに、当日乗るのを忘れているなんて人はめったにないと思いますが、、、

対応するのは、以下の端末です。

iPhone 5、ならびにiOS 6をインストールした以下の端末

iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(※)第4世代以降

iPad、iPad miniは残念ながら利用できません。

Passbookを利用する際には、JAL国内線予約アプリなどのアプリからでなくSafariから予約詳細を参照し、Passbookをご登録します。

遅延や欠航などの情報も、自動で更新されます。

搭乗に関する案内は、Pass右下の「i」マークをタップして表示される裏面に記載があります。

では、実際Passbookを登録する手順を見てみましょう。


1. 2次元バーコード取得画面より「Passbook」に保存する

JAL国内線の航空券を購入後、JALモバイルサイトの「購入完了画面」または「予約詳細画面」にて、ご搭乗便ごとに「Passbook」に保存してください。
バーコード表示画面からも保存が可能です。

2013-02-16_1132.png

2. 取得したPassをアプリに保存する

Passの右上に表示されている「保存」または「追加」をタップすると登録が完了します。

2013-02-16_1134.png

「Passbook」のアプリを立ち上げるとJALのPassが生成されますので、アプリを起動してください。

2013-02-16_1134_001.png

3. 搭乗日になるとロック画面に通知されます

Passbookに登録した搭乗券の搭乗日になると、ロック画面にPassbookから通知がされます。

2013-02-16_1135.png

JALの利用が多くて、Passbookを利用し損ねていた方も多くいることでしょう。

ぜひPassbookの快適さを試してみましょう!


JAL プレスリリース
JAL 「Passbook」対応サービスを開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201302/002407.html

JALモバイルサイトのご案内
「iPhoneのアプリケーション「Passbook」が国内線の搭乗にご利用いただけます!」
http://www.jal.co.jp/k-tai/iphone_app/passbook/


混雑時のANA国内特典航空券が一般の人より先に予約できた快感!


ANAパワーチケットメソッド


posted by Ken at 00:00 | Passbook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

ネットショッピング専用のバーチャルプリペイドカード 三菱UFJニコスの「e-さいふ」 「Visaバーチャルプリカ」を試そう!〜発番編

三菱UFJニコスの「Visaバーチャルプリカ」、「e-さいふ」のサービスを2回に渡って試してきました。



前回は、「eマネー」を購入して、「e-さいふ」にチャージするところまで行いました。

今回は、いよいよカード番号の発行「発番」をしてみましよう。


1. トップページの「バーチャルカード発番」をクリックします。



2. 「バーチャルカード発番」の画面です。中ほどの「オプション設定」を表示してみます。



3. 「オプション設定」を表示しました。制限金額以外の設定は後で追加、変更できると書いてあります。



4. では、バーチャルプリカを発番します。「e-さいふ」から2万9千円を上限に、任意の充当する金額を入力します。

今回は、2,000円充当してみます。「確認画面へ」をクリックします。




5. 「バーチャルカード発番確認」画面です。確認して「カード発番」をクリックします。



6. 「カード発番完了」画面です。発番されました。

グレーの部分にマウスポインタを持っていくと、カード番号やセキュリティーコードが表示されます。

「本人認証サービス」が必要なサイトではバーチャルカードのID、パスワードを設定します。

カード表示名は会員登録をするサイトなどで、本人名義のカードでないとダメというケースもありそう。修正しておいたほうが無難かもしれませんね。

(中略)



4. トップページの上部に、発番したバーチャルカードが表示されます。

「カード情報確認」ボタンをクリックするとカード情報が表示されます。
「カード発番」をクリックすると、3セットになるまで発番できます。




以上で、Visaバーチャルプリカの発行が終わりました。
ネットショッピングで、通常のクレジットカードと同様に使用できます。
(一部加盟店で、利用できない場合があります。)

発行したVisaバーチャルプリカが使われると、口座の発行者にメールで通知される上、webで使用履歴も確認できます。

ネット上でクレジットカードを使うのが不安な方、子どもにカードを渡して買い物をさせている方などには便利に使えるサービスだと思います。

eマネーの購入に、クレジットカードしか使えないのはナンセンスです!

だれもがバーチャルプリカを使えるように一日も早い対応をお願いします。


e-さいふ ホームページ
https://www.mun-prepaid.com/

三菱UFJニコス インフォメーション
「世界中のVisa加盟のネットショップでご利用できる「Visaバーチャルプリカ」デビュー!!」
http://www.cr.mufg.jp/member/new/20130206_01.html


posted by Ken at 00:00 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

ネットショッピング専用のバーチャルプリペイドカード 三菱UFJニコスの「e-さいふ」 「Visaバーチャルプリカ」を試そう!〜チャージ編

三菱UFJニコスの「Visaバーチャルプリカ」「e-さいふ」 が登場しました。

2013-02-15_1138.png

前回は、口座登録をしました。今回はこの口座「e-さいふ」にチャージしてみましょう。

「e-さいふ」へのチャージは「eマネー」を購入という形で行います。

1. 右のメニューの「eマネーの購入」をクリックします。



2. 「ご購入希望額」を入力します。指定金額から選ぶか、任意金額を入力できます。

使用できるクレジットカードはVisa、MasterCardとなっています。
「※他の入金方法は順次拡大予定です。」とのこと。

銀行引き落とし、振り込みなどといった方法に拡大される余地はありそう。
バーチャルプリペイドカードの発行に、クレジットカードが必須なんて、矛盾してますからね。

「購入手数料の確認へ」をクリックします。



3. 購入手数料は、

1,000円まで100円、1,001円以上は200円。
但し、新規オープン記念の期間(本年4月末まで)は無料です。

「次へ」をクリックします。



4. 「購入」画面です。内容を確認し「購入」をクリックします。

ここで注意点があります。
お使いのクレジットカードが「本人認証サービス」に対応していることが必要です。

私の使っているシティカードは、「本人認証サービス」未対応のため、「本人確認ができません」と出て、購入できませんでした。

「本人認証サービス」についてはこちらをご覧ください。



5. 「購入」が完了しました。



6. トップページに戻ると5,000円チャージされたのが確認できます。



これで、カード番号発行の準備が整いました。
次回は、いよいよカード番号を発行してみます。


e-さいふ ホームページ
https://www.mun-prepaid.com/

三菱UFJニコス インフォメーション
「世界中のVisa加盟のネットショップでご利用できる「Visaバーチャルプリカ」デビュー!!」
http://www.cr.mufg.jp/member/new/20130206_01.html


posted by Ken at 00:00 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。