スポンサードリンク




2013年02月15日

ネットショッピング専用のバーチャルプリペイドカード 三菱UFJニコスの「e-さいふ」 「Visaバーチャルプリカ」を試そう!〜登録編

ネットショッピング専用のバーチャルプリペイドカードに新たなサービスが登場です。もちろん審査なし、本人確認もなしで使えます。 



三菱UFJニコスの「e-さいふ」がそれ。「Visaバーチャルプリカ」のカード番号を発行するサービスです。

ネットショッピング専用ですから、カードは発行されません。

あらかじめ開設した、引き落とし口座にチャージする、プリペイド式。

3つのカード番号を発行することができ、家族などで使えるサービスになっています。

また、引き落とし口座へのチャージの上限が5万円、バーチャルカードに充当できる金額は2万9千円まで、1つのカード番号で使用できる累計金額は10万円まで、など幾重にも制限がかかっています。

ネットショッピングでの悪用の心配や、お子さんに番号を伝えて使わせるといったケースにも安心して使える仕様だと思います。

では、さっそく実際に試してみましょう。


まずは、引き落とし口座となる「e-さいふ」の登録です。

1. https://www.mun-prepaid.com/にアクセスします。右側の「新規口座登録」をクリックします。



2. 「お申込み」画面です。メールアドレスを入力します。
このアドレスに申し込みのURLが記されたメールが届きます。
確認のため、画面に表示された文字を入力します。「送信」をクリックします。



3. しばらくすると、2.で入力したメールアドレスに、URLを記したメールが届きます。メール上のURLをクリックして登録を継続します。
規約に同意して、チェックボックスをクリックしてチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

(中略)



4. 任意の口座ID、パスワードなど、必要項目を入力します。「確認画面へ」をクリックします。

(中略)



5. 「ご確認」画面です。入力内容を確認します。「登録する」をクリックします。(右側の項目は消してあります)



6. 「ご登録完了」画面です。登録が完了したので、「トップページ」をクリックします。(右側の項目は消してあります)



以上で、「e-さいふ」が使えるようになりました。
次回は、「e-さいふ」にチャージしてみます。

>>続きはこちら「チャージ編」を見る
http://greenhand.seesaa.net/article/322587225.html

e-さいふ ホームページ
https://www.mun-prepaid.com/

三菱UFJニコス インフォメーション
「世界中のVisa加盟のネットショップでご利用できる「Visaバーチャルプリカ」デビュー!!」
http://www.cr.mufg.jp/member/new/20130206_01.html




posted by Ken at 16:33 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

『クビでも年収1億円』の著者、小玉歩氏が聞く 年商30億円 20年以上会社を継続させる失敗しない"経営術"

『クビでも年収1億円』の著者、小玉歩氏が聞く 水商売の客引きから年商30億円のグループ会社会長へ。

2013-02-13_2302.png
https://www.viral-manager.com/aff/32885/1157/

水商売の客引きから年商30億円のグループ会社会長へ。

こんな現代のシンデレラストーリーが実際に存在しました。

その主人公の名前は國武栄治さん。

現在レジェンドグループ9社の会長職を務めています。

展開する事業は不動産業、飲食店、学習塾と幅広いですが
グループでは23年間黒字を続けています。


本物の経営者として成功した国武さんの経営の秘訣は一体なんなのか?

そして、なぜ水商売の客引きがここまで成り上がれたのか?

https://www.viral-manager.com/aff/32885/1157/


今回『クビでも年収1億円』の著者、小玉歩さんが
國武栄治さんにとことん話を聞いています。

もし、あなたが少しでも「成功」に興味があるのならば
この対談はかなりの血肉になる事でしょう。


一生稼ぎ続ける事のできる起業家になりたいあなたには
今すぐに見ていただきたい対談です。

⇒ https://www.viral-manager.com/aff/32885/1157/


posted by Ken at 00:00 | 小玉歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「クビでも年収1億円」でおなじみ小玉歩氏と「リアルドラゴン桜」でおなじみ泉忠司氏 「お金と時間の作り方の授業」開催

日本の頂点に君臨する2人の男が手を組みました

2013-02-13_2247.png
https://www.viral-manager.com/aff/32885/1156/

お金があれば、欲しいものが買えるのに・・・。
時間があれば、やりたいことがやれるのに・・・。
日本人の98%の人がそう思っています。

その一方で、時間もお金も自由になる2%の人が確実に存在しています。


前者と後者の違いは何だと思いますか?


「やり方」を知っているか知らないか。
単純にそれだけのことです。


親や先生から教えてもらうことなく、
箸でご飯を食べられる子どもはいないに等しいですよね。

日本の学校では知識と技術ばかり教えて、
お金の作り方や時間の作り方はいっさい教えてくれません。

だから98%の人がお金と時間を作れないのです。


そして、親や先生からきちんと教えてもらったにも関わらず
箸でご飯を食べられない子どももいないに等しいですよね。

「やり方」を学べば、誰でも時間もお金も作れるようになるのです。


日本最高峰の「お金と時間の作り方の授業」が名古屋で行われます。

https://www.viral-manager.com/aff/32885/1156/


講師は泉忠司と小玉歩。

「リアルドラゴン桜」でおなじみ泉忠司は、
手がける分野すべてで頂点を取り続ける男。
著書累計300万部を越える日ミリオンセラー作家でもあります。

「クビでも年収1億円」でおなじみ小玉歩は、
サラリーマン時代に副業で1億円稼いで会社をクビに。
現在はインターネット業界を代表する人物として
多くの分野で活躍しています。


日本の頂点に君臨する2人の男が手を組み
日本のセンターに位置する名古屋で
日本最高の「お金と時間の作り方の授業」が開催されます。

あなたの一瞬の決断が、
あなたの人生を98%から2%に変えるのです。

今すぐ決断してください。

https://www.viral-manager.com/aff/32885/1156/

posted by Ken at 00:00 | 小玉歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

念願の?!Speedpass +(スピードパスプラス)を申し込んできました 入手レポート

やっと念願の?!Speedpass +(スピードパスプラス)を申し込んできました。

2013-02-13_1058.png

以前に当ブログでもお伝えしたとおり、本格展開の3月を前にして、Speedpass +(スピードパスプラス)の申込受付が始まっています。

「「QUICPay」としても利用できる非接触型決済ツール「Speedpass+(スピードパスプラス)」 東燃ゼネラルグループとJCBが共同開発」
http://greenhand.seesaa.net/article/302186655.html

さっそく店頭へでかけて、Speedpass +(スピードパスプラス)を入手しました。

申込書を書いたり、説明を受けたりで10分ほどかかりましたが、店員さんもよく勉強されているようでスムーズな対応でした。

必要なものは、JCBカードだけでした。発行に、300円かかりましたが、給油の値引きチケット300円分をくれたので、実質タダでした。


まず、実物の印象です。

写真では、かなりかっこいい!と思っていましたが、正直なところ、ちょっと残念。

実際に手に取ってみると従来の電子マネーのカードを思わせる薄さ。

もう少し肉厚でボリュームのあるモノを想像していましたが、本物はプラスチックの「板」っぽくて少しチープな感じ。

でも、携帯するには薄いに超したことはありませんし、従来の電子マネーからすれば相当おしゃれです。

2013-2-13_1031.jpg

裏側を見ると、nanacoのカードが描かれています。周囲にはSpeedpassとnanacoの番号が刻まれています。

2013-2-13_1032.jpg

番号を隠したので、不格好な写真になりました。すみません、、

webの紹介では、一部の写真に、取り付け金具と、黒のベルトが外されているものがあったので、えっ付いてこないの?と思いましたが、ちゃんと付属していました。

説明書や規約など一式は封筒に入ったものを渡されます。

2013-2-13_1030.jpg

さて、使い方は従来のSpeedpassと同様です。

給油前に、かざすだけ。

登録したクレジットカードから引き落とされます。

現金払いでは、支払い前にかざすと、1リットルごとに1ポイントの、nanacoポイントが貯まります。

nanacoでの支払いはできません。

QUICKPay(クイックペイ)は、コンビニなど支払いに対応した店舗で利用できますし、nanacoも普通にチャージして使えるようです。


おサイフケータイやカード型一辺倒の電子マネーですが、もう少し色々なバリエーションがあってもいいかなと思います。

楽天Edyが、がんばっていますが、Speedpass + もあとに続いてほしいですね。

「おしゃれな電子マネー」という楽天Edyのストラップと並べてみました。

2013-2-13_1033.jpg

どちらがおしゃれかは、言わずもがな・・・です。

いずれにしても、早く店頭で使ってみたい!



Express Speedpass +(スピードパスプラス)
http://www.self-express.jp/speedpassplus/index.html






posted by Ken at 11:34 | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

WORTHER社の芯ホルダー SHORTYを試してみる

新聞でたまたま目にしたペンに一目惚れしました。

ペンというのは正確ではなくて、「芯ホルダー」と言うようです。

替え芯には、ボールペンの芯と、グラファイト(太い鉛筆の芯のようなもの)が選べるのですが、このグラファイト芯をSHORTYに挿して、書き味を試したい衝動にかられました。

さっそくネットで検索して、即購入。

あまり在庫も多くなかったので焦りましたが、無事買うことができて、手元に届きました。

では、開封してみましょう。


1. 商品外観です。シンプルな包装。



2. 商品裏面です。



3. 側面から見た図。お気づきの通りホルダー本体はスケルトンで丸見えです。



4. 箱の中から出てきた替え芯。左がボールペン、右がグラファイト芯です。



5. ホルダー本体。



6. 上から見ても、先端には何もありません。



7. クリップ部分を押し込むと、先端が開きます。ここに替え芯を差し込みます。開いてみて気づきましたが、グラファイト芯が1本あらかじめ入っていました。



8. ボールペンの芯を装着したところ。



9. グラファイトの芯を装着したところ。



気になる書き味はというと、ボールペン、グラファイト芯とも、太字でやわらかな書き味です。

今まで手にした文具では味わったことのないなめらかな書き味でした。

細かな書き込みは無理ですから、ラフにメモを取ったり、スケッチなどにも活用できそうです。

買ってから知ったのですが、わりと人気の芯ホルダーだそうですね。

付属のグラファイト芯は黒のみでしたが、カラーの替え芯も売っているらしいです。

銀座あたりで散策すれば出会えるのかな。


WORTHER(ヴェルター) SHORTY

WORTHER(ヴェルター) SHORTY
価格:2,625円(税込、送料別)




posted by Ken at 00:00 | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。