スポンサードリンク




2013年02月20日

Canon (キャノン) LiDE 210 シートフィードスキャナ全盛の中 フラットベッドスキャナを買ったわけ

自炊が一般化して、シートフィードスキャナ全盛の中、あえてフラットベッドスキャナ Canon (キャノン) LiDE 210を購入しました。

2013-02-20_2259.png

新聞の切り抜きや、雑誌のページを切らずにスキャンすることが、主な使用法なので、キャリアシートのようなものに挟むより、フラットベッドスキャナのほうが、都合がいいのです。

今使っている、同じくCanonのLiDE 60の後継である点も、信頼に値します。

Canonの複合機で、スキャナを使う機会があって驚いたのがきっかけ。

スキャンの速さにビックリして、今の機種はこんなに違うのか、、と知ってしまったのです。

それ以来、LiDE 60の出番は無くなり、新しいスキャナーを物色していました。

今回、やっと手に入れましたので、今さらながらのレポートです。

購入先はPC DEPO。ネットで買って、店舗受け取りにしたら、店頭価格より千円ほど安く買えました。

では、見ていきましょう。

1) 梱包された箱、ビジネス用アタッシュケース大です。


2) 簡便な包装です。反対側から。


3) しっかり梱包されて、入っています。


4) 梱包材を外しても、細かいところまで緩衝材が入っています。


5) シンプルで品のあるデザインです。


6) 開けてみました。


7) 前面から見たところ。


8) 後方から見たところ。


9) 長年愛用してきたLiDE 60と並べてみます。


10) LiDE 210の方が薄い印象ですが、カタログ上の数値は1mm薄いだけです。


11) ボタンは、PDFが2つになって増えています。


12) 後ろをそろえて重ねると、LiDE 210が9mm短くなっています。


13) 従来製品同様、立て置きもできます。立てたまま使ったことは未だありません。


14) やや傾いて、セットされます。


15) 立て置き用のスタンド。


16) 同梱物一覧。


17) USBのポートが、BプラグからミニBプラグに変更されています。


18) 移送用のロックスイッチ。


19) 解除しました。


付属のCD-ROMから、ソフトウエアを導入してから接続するように書いてあります。
次回は、ソフトウエアのインストールをレポートします。






posted by Ken at 23:00 | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。