スポンサードリンク




2013年02月27日

ATOK 2013を購入しました ATOK Sync アドバンス キーワードExpress を設定しましょう

Windows 8の登場とともに、これまで使っていたATOK 2010が動作保証外になってしまいました。


Just MyShop icon

今回、せっかくの機会なので、ATOK 2013を購入しました。

しばらく、バージョンアップをサボっている間に、ATOKもだいぶ進化していました。

その代表的な機能が、「ATOK Sync アドバンス」と「キーワードExpress」です。

ATOK 2010にも「ATOK Sync」の機能があったようですが、あまり興味がなかったのでしょうか?完全にスルーしていました。

「ATOK Sync アドバンス」となって、さらに便利な機能となっているようです。

「キーワードExpress」とともに設定して、試してみましょう。


・ATOK Sync アドバンス
ATOKの環境を、PC、Macなどで同期して共有できるサービス。
Android、iPhoneなどのスマホでも、登録した単語を共有できます。
http://www.atok.com/useful/atoksync/adv.html

・キーワードExpress
最新のキーワードを受け取る設定にしておくと、自動的に推測候補に最新キーワードが追加され表示されるサービスです。
http://www.atok.com/useful/kwexpress/index_2013.html


まず、「ATOK Sync アドバンス」を設定します。

1) (スタート)メニューから「ATOK Sync」をクリックします。(Windows 8を意識すると、表現がむずかしいですね・・・)



2) 「ATOK Sync アドバンス」の画面が表示されます。「次へ」をクリックします。



3) Just アカウントにログインします。「次へ」をクリックします。



4) ATOKのデータは、同じくJust Systemのクラウド ストレージ サービスである「インターネットディスク」に格納されます。

「インターネットディスク」(無償)の申し込みが必要です。利用規約に同意して、「次へ」をクリックします。



5) ATOKのデータが「インターネットディスク」にアップロードされます。
これにより、複数のPC、Macで環境が同期されるほか、単独でもATOK環境のバックアップとして利用することもできます。



6) 初期設定が完了しました。




続けて、「キーワードExpress」を設定します。

1) (スタート)メニューから「キーワードExpress」をクリックします。



2) 「キーワードExpress」の画面が表示されます。「次へ」をクリックします。



3) 「ATOKクラウドサービス」の画面が表示されます。「次へ」をクリックします。



4) Just アカウントにログインします。「次へ」をクリックします。



5) 「ATOKキーワードExpress」「ATOKクラウド辞典サービス」にチェックが入っています。「次へ」をクリックします。



6) 「サービスを使用するための準備をしています。しばらくお待ちください。」の画面が表示されます。



7) サービスが利用可能になりました。



これで、快適な入力環境となりました。

これまで、Windows を入れ直すたびに、ATOKの環境も育て直していましたが、その手間も省けます。

クラウド サービスとして、どれほど使い甲斐があるのか、しばらく試してみたいと思います。

Just MyShop iconATOK 2013 iconを見る




posted by Ken at 23:34 | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。