スポンサードリンク




2013年04月26日

2013年 「気ままに寄り道バイク旅」 NHKの番組ホームページが消えた? 番組打ち切り?? リニューアルか??

2013年 「気ままに寄り道バイク旅」NHKの番組ホームページが消えています・・ 番組打ち切り?? リニューアルか??

2013-04-26_1559.png

番組ホームページ(だった)URL : http://www.nhk.or.jp/bike/


毎年、人気を集めている、NHKの「気ままに寄り道バイク旅」。

北海道から始まったこの番組は、年ごとに回を重ねて、好評のシリーズとなっています。

毎回、バイクの行き先が発表されると、その土地にちなんだ思い出の道を、読者から募るのも番組の特徴。

その投稿を織り込んで、毎年初夏から初秋あたりにロケが行われ、放送されてきました。

この番組に出演するのは、タレントの清水国明さんと、同じくタレントでエッセイストとしてもおなじみの國井律子さん。

2011年の、東日本大震災のあとには、清水国明さんが自ら経営に参画する施設に、被災した子どもなどを受け入れたこともあってか、番組のほうもお休み。

しかし、翌年、2012年の昨年には、見事に番組が復活し、胸をなで下ろしたファンも多かったのです。

当ブログでも、番組を何度か取り上げさせていただきました。


気ままに寄り道バイク旅 10月中旬NHK BSで放送!
http://greenhand.seesaa.net/article/285572204.html

毎年、放送の前には、過去のシリーズがまとめて再放送されたりして、話題になっています。

それを楽しみにしている人も多いんですよね。


さて、今日のこと。

「今年もそろそろ、番組ページが更新されたかな?」と思ってアクセスしてみました。

エラー

ページを表示できませんでした。
The page you requested could not be accessed.



「何っ??」

Googleでクグってみても、番組ホームページが見当たりません。

「えっ??」


念のため、國井律子さんのブログに行って、上にある番組のリンクをクリックしても同じこと。

別冊 リツコング : http://ameblo.jp/kuniritsu/


番組ファンの方ならば、みなさんご承知でしょうが、国井律子さん、今妊娠中です。

ですから、今年は放送無いだろうな、でも、代役を立てたりしてあり得るかな、などと想像していたんです。


初回、北海道のホームページこそ無かったですが、毎回、サイトが更新され、2011年のときも、ずっと番組ホームページはあったんですけれどね。


今年は休みなだけなのか、清水さんも大病をしたりして、そろそろ・・・ということなのか、あるいはリニューアルに向けてということなのか。

真相は分かりません・・・


しかし、NHKさん、ファンが多い番組なのに、ザックリと削ってしまうとは、、、


少し、様子をみてみましょう。


ブログ しみずくにあきの多毛作倶楽部 :
http://ameblo.jp/kuniaki-shimizu/

posted by Ken at 16:30 | 気ままに寄り道バイク旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

KING JIM RELET キングジム 電子マネービュアー「リレット」 EV10 製造中止も今さらながら試してみた

KING JIM RELET キングジム 電子マネービュアー「リレット」 EV10は「製造中止につき在庫僅少となっております」とホームページに掲載されています。

2013-04-25_1527.png

先日、じぶん銀行が電子マネーの残高をAndroidスマホで確認できるアプリをリリースしたという記事を書いた際にも、この電子マネービュアー「リレット」 EV10に触れました。

思えば、発売当初から気にはなっていたのですが、今ひとつ触手を伸ばせずにいました。

用途のわりには、費用と釣り合わないし、いちいち持って歩くのも面倒だと思っていたのです。

それが製造中止で、もう買えなくなると知った途端に、急に欲しくなり、いてもたってもいられずAmazonで購入しました。

さっそく、というか、今さらながら試してみると、んーーこれは便利です。

早く買っておけば良かったと、つくづく思いました。

私の場合、電車に乗ることがほとんどない生活をしているので、いざ電車に乗ろうとする際には「パスモ」の残高が、とても気になるのです。

出がけに確認しようにも、PCにカードリーダーをつながなくてはいけなかったり、

PCを変えたので、そもそもデバイスドライバーとか入れなくてはいけなかったりで、毎回あきらめて出かけていました。

駅の券売機でとりあえずチャージしてみると、案外残高があって、「なんだ、チャージするんじゃなかったな」なんていうこともしばしば。

電子マネービュアー「リレット」 EV10が手元にあれば、重ねるだけですぐ確認できるんですから、これは便利です。

オートチャージなど設定してあれば、気にすることもないんですけど、そこまで使う機会もないし、落としたら心配ってのも今だにありますからね・・・

「パスモ」に限らず、Edy、nanaco、waonなど、電子マネーはひととおり持ってますけど、いざ使おうと思っても、残高が不安で、「現金でいいや」ってことになりがち。

最近は、モバイルの電子マネーも時々使いますが、残高確認をしたり、その場でチャージするのも面倒で、つかうのがおっくうになることも。。

そのあたりの不安も解消できるのですから、素晴らしい商品だとあらためて実感しました。


では、実際に見てみましょうか。


1. パッケージ表の外観。まさに「電子マネーが、見える。」です。

201304250149.jpg

2. パッケージ裏面。

201304250150.jpg

3. リレットが梱包された様子。思ったよりひと回り小ぶりな印象です。

201304251424.jpg

4. 付属のケースに入れてみました。塩ビですが、わりとしっかりしています。数字は、裏にあるパスモの残高。30円です。

201304251425.jpg

5. ケース外側には、リレットと背中あわせで、カードが入ります。

2013042514251.jpg

6. カード以外も、上にのせて「ON」を押すと、問題なく読み取れます。

2013042514253.jpg

リレットを入れる専用ケースが今ひとつなので、オレンジの同色のケースを探しています。


2、3件、ネットでオーダーしましたが、ケースも製造が終わっています。

注文のたびに、在庫切れでキャンセルするという連絡が続いています、、、

まあ、最悪このままでもいいですけどね。


キングジムでは、製造中止といいますから本当に残念ですね。

オートチャージの普及とか、スマホアプリで代用できるとか、いろいろ背景があるのでしょうが、もったいないなぁーと思います。

元気で電車にバンバン乗って出かけるお年寄りなどには便利だと思いますし、たまにしか電車に乗らないけど交通系電子マネーを持っているとか、スーパーで電子マネーが使えるようになったという主婦の方にもいいと思います。

電子マネーもまだ広がりつつある最中ですから、もう少し需要はあるように思うんですけどね。


とりあえず、滑り込みで買うことができて良かった。。。






posted by Ken at 15:41 | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

インヒール(インソール)のスニーカーが人気 「ASH(アッシュ)」「イザベル マラン」が進出 スポーツメーカーも参戦

【雑誌sweet4月号掲載商品】スタッズ使いハイカットスニーカー(SOLO&DOUBLE)

インヒール(インソール)のスニーカーが人気です。「ASH(アッシュ)」「イザベル マラン」が進出。プーマ、ナイキなどスポーツメーカーも参戦しています。

2013-04-24_1601.png

今、ヒールタイプのスニーカーが流行の兆しを見せているそうです。

イタリアのブランド「ASH(アッシュ)」、フランスのブランド「イザベル マラン」といった海外ブランドが発信元。

元々は、海外のセレブが、こぞってアイテムに取り入れたのが始まりだとか。

日本での、ブームの火付け役は、前述した仏の「イザベル マラン」。

昨夏、表参道に路面店をオープンし、同ブランドのアイテムであったヒールタイプのスニーカーの流行に火が付いたそうです。

ヒールタイプのスニーカーというのは、以前からありましたが、外見からもヒール部分が見えるものでした。

こちらの方は、50代以上の女性に、歩きやすく、おしゃれも楽しめると、定番になっているそうです。

一方、今、流行なのは「インヒール」または「インソール」と呼ばれるタイプ。

靴の内側に、ヒールが仕込まれていて、外からはヒール部分が見えません。

一般のスニーカーと変わらない外観が特徴です。

プーマなどのスポーツメーカーが発表した、このインヒールのスニーカーが好評を博し、アディダス、ナイキ、コンバースといったメーカーの商品も人気を集めています。

高機能のソールで、性能を競っていたスポーツメーカーが、ハイヒールで競うことになるとは、面白いですね。

このハイヒールの流行にあわせて、ハイカットタイプのスニーカーも注目を集めているようです。

このシューズを見て、世代によっては「シークレットブーツ」を連想した方もいるかもしれませんね!!

「脚が長く見える」

「背が高くなる」

「ブーツ感覚で履ける」

「コーディネートが楽」

など、メリットがたくさんあるようです。

しばらくは、女性の足下から目が離せませんね!!



インヒール ASH系を見る


イザベル マラン系を見る



参考
NAVER まとめ
今季注目のインソールスニーカーを取り入れた春コーデ
http://matome.naver.jp/odai/2136368383968523601

今年の流行はコレ【インヒール】NIKEがヒール入りダンクを発売!!
http://matome.naver.jp/odai/2136257828858772301

【インヒール・ハイカットスニーカー】ガーリースタイルの外しが可愛いコーディネート画像集
http://matome.naver.jp/odai/2136324311387797601







posted by Ken at 16:35 | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BookPlace MONO BW30が届いた! 東芝の新サービス BookPlace(ブックプレイス)専用の電子ブックリーダー 



BookPlace MONO BW30が届きました!東芝の新サービスBookPlace(ブックプレイス)専用の電子ブックリーダーです。

2013-04-24_0838.png

新サービスの開始を知った勢いで、「おとな買い得セット」を即行で買ってしまいました。

何と、3万円の価格で、本体と3万円分のポイントが付いてくるという無謀な企画。

東芝さん、本体をタダで配るという本気モードです。

http://bookplace.jp/参照

あまりに無謀なので、突然打ち切りなんてことになる前に、急いで買ってしまった次第。

あまりに急いでいたので、この電子ブックリーダーがモノクロだとも気づかなかったほど・・・

雑誌もわりと読むので、ちょっと残念ですが、それは別の端末を使うことにします。

さて、このBookPlace MONOの特徴は、

まず、モノクロ版なので本体が軽い! 180グラムしかありません。

AndroidタブレットやiPadをお使いの方はビックリすると思います。

さらに、電子ペーパーを使用しているので、まさしく紙に近い見た目です。

液晶画面のように光らないので、目にも優しそうです。

サイズは6型で、ちょうど文庫本ほどの大きさ。不自由はなさそうです。

本体はプラスチックっぽい感じで、ちょっとチープ。

でも逆に、画面さえ気をつければ、やや雑に扱っても大丈夫な安心感があります。

押すと、若干パカパカしているので?!落としたくらいでは平気そうです!

ホームボタンは、上の画面の通りで、グレー一色。

最初に、サイトの画像を見て、「何だコレ?イラストだから省略してあるのかな」と不思議だったのですが、

実際の見た目も同じでした。

ゴムというか、ラバーのようなシートが貼ってあります。

ホーム画面に戻るだけなので、押せれば十分な機能のボタンです。

タダで配って元が取れる程度の仕上がりである感は否めませんが、こちらもだって読めれば十分、もらったポイントを使い切ったら本体を捨てても惜しくないわい!!くらいの気持ちでのぞめば、問題ありません。


では、開梱のレポートです。


1. ダンボールではなく緩衝材の付いた紙袋で届いて、まずびっくり!

201304240603.jpg

2. 黒いパッケージがなかなか精悍な感じです。

201304240606 1.jpg

3. パッケージには、こんな工夫も・・期待が高まります!!

201304240608 1.jpg

4. 箱から出すとこんな感じ。しっかり守られています。

201304240610.jpg

5. 同梱品一覧。ACアダプタはなく、USBで充電するようです。

201304240612.jpg

6. ちょっと分かりにくいですが、底面に電源スイッチ、USB端子、ヘッドホン端子などがありました。

201304240618.jpg

7. 本体裏面は真っ黒でシンプルです。TOSHIBAのロゴもどこか控えめな印象です。

201304240619.jpg

8. micro SDは横から差し込みます。

201304240622.jpg

9. 旧BookPlace対応のブックリーダー DB50と並べてみました。カラーとモノクロの違いもあるのか、一回り小さなサイズです。

201304240625.jpg

10. 厚みはBookPlace MONOのほうが薄く見えますが、形状の違いから感じるだけで、ほとんど変わりません。

201304240629.jpg

11. PCのUSBボートに接続すると充電が始まり、勝手に起動しました。セットアップと、会員登録、ソフトウェアのアップデートを経て、ホーム画面が表示されました。

201304240654.jpg

12. BookPlaceのストアに移動した画面です。当然モノクロ、ピンと来ない感じだなぁ・・・

201304240655.jpg

電子書籍には興味があったものの、なかなか踏み出せずに今日まできてしまいました。

何と、iPadでもなくKindleでもKoboでもなく、日本メーカーのマイナーな端末から入ることになるとは、まったくもって意外な展開です・・・

それも、ポイントにつられて、2つもそろえてしまった、、、

でも、とりあえずポイントを消化しないともったいないので、がんばって読むことにしよう!!






posted by Ken at 07:53 | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

ホテルがオフィス代わり 女性がビジネスに活用 デイユース 利用が広がる

ホテルをオフィス代わりに利用するなど、女性がビジネスに活用しています。デイユースプランの利用が広がっています。

2013-04-23_1601.png

スマホやタブレットを活用して、どこでも仕事ができる環境が整い、ノマドなどと呼ばれる自由な働き方を手にする人が増えているといいます。

そんな働き方の人々が集って仕事をする、co-workingスペース、シェアオフィスといった話題も多く耳にするようになりました。

会社にお勤めの方でも、カフェやファミレスでパソコンを広げて、つかの間のノマドスタイルを経験している方も多いことでしょう。

ただ、「パブリックな場所では集中できない」、「この仕事は集中して一気に片づけたい」と思うと、なかなか適した場所は見つかりません。

4月2日の日経新聞の記事によると、こんな思いをもった女性を中心として、ホテルのデイユースプランを利用する人が増えているそうです。

デイユースとは、午前中から夕方にかけて、宿泊をせずにホテルの部屋を使えるプランで、価格も宿泊と同等か、それよりお安くなるのがうれしいところ。

バスルームも使えますし、アメニティーも宿泊同様にセットされているケースがほとんどだと思います。

ホテル側も、客室が空いている時間の稼働率を上げられるメリットがあるのでしょう。

宿泊と変わらないサービスを提供してくれます。


記事内では、銀座キャピタルホテル、リーガロイヤルホテル東京、ザ・プリンスパークタワー東京、ホテルグランヴィア大阪などの例が紹介されていました。

2013-04-23_1558.png

女性限定のプランでは、ケーキやコーヒーが無料で付いて、3,900円から。

他も、5,6千円から、1万3千円など、ホテルによりそれなりの価格で?!ホテルをオフィス代わりに使えます。

かく言う私も、デイユースユーザー。

近くの一流ホテルのデイユースを2か月に1度くらいのペースで利用しています。

せっかくの、静かで快適な室内、テレビもあるし、DVDも見られるし、マッタリしたい誘惑を振り切って、パソコンに向かいます。

たいていは、近くのスーパーでインスタントコーヒーと、軽食を仕入れて持ち込み、5時間程度、集中して仕事を片づけています。

時間をお金で買う、という表現がありますが、このときほど、この言葉を実感することはありません。

1回6千円ほど払いますが、すぐに回収できてしまいそうなほど、仕事がはかどって大きな達成感を得ることができます。

何カ所か試そうと思ったこともなかったのですが、今回の記事にインターネットの予約サイトなどから申し込む女性客が多い、と書かれていていたので調べてみました。

日帰り・デイユースというタイトルで専用サイトもあるんですね。

金額も高いですから、カフェでいいという人もいるとは思いますが、

ものは試しで一度体験してみてください。

優秀なあなたでも、さらに一ランク上の仕事ができること請け合いです。

都心に限らず、郊外のホテルでもプランがあるようです。

家に居場所のないお父さん、子育てに時間をとられて自分の時間を持てないお母さんにもお勧めですよ!!


楽天トラベル 日帰り・デイユース
http://travel.rakuten.co.jp/dayuse/


じゃらんnet 日帰り・デイユース
icon
http://www.jalan.net/dayuse/
icon


posted by Ken at 16:19 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。