スポンサードリンク




2012年09月16日

【書評】『コンテンツ・マーケティング入門』

20年近く、Webマーケティングに関わり、ダイレクトマーケティングを専門とする著者による本。

著者は、コンテンツの重要性を繰り返し述べていて、コンテンツをいかに有効に利用し、webに集客をしていくかについて詳細な手法が書かれています。

著者が考案した手法が、SONARコンテンツ配信モデルと呼ばれる手法。

SONARはいくつかの手段の頭文字をとったもの。

[S]
シンジケーションパートナー、コンテンツシンジケーションネットワーク

[O]
オンラインプレスリリース

[N]
ネットワーク(ソーシャル)コミュニティー、ソーシャルブックマークサイト

[A]
アーティクルディレクトリ

[R]
ブログ、フォーラム、電子掲示板への関連性のある投稿

SONARコンテンツ配信モデルを利用してコンテンツを配信し、拡散させることで、そこに記したURL等から、自らのwebへ集客していく方法を述べています。

コンテンツについては、無料であることを前提としていて、これまで身近に蓄積しているさまざまなドキュメントを再利用することを推奨しているところが特徴的です。

そのほかにも、コンテンツの配信に際してキーワードの選定、検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルメディアの活用法、メールによるマーケティング、アフィリエイトの手法など、参考になる話題が豊富に取り上げられています。

また、重要になるライティングに関しても、例文をあげて解説されていてとても参考になります。各サイトへの投稿、依頼メール、コンテンツのリライトなど気づかされる点も多いです。

他にも、3秒でバナーをクリックさせる方法など、実践的なTipsも多く取り上げられていて拾い読みするだけでも収穫があると思います。

文章量も多く、米国の事例があげられているので日本で具体的にどうすればいいのか類推しながら読まなければならないなど、読みこなすのはやや大変です。

ただ、web上の集客について、これほどの内容を具体例をともなって書かれている本を私は見たことがありません。

一般的な書籍としてはやや高価です。

しかし、ネット上で高値で販売されている情報商材にも匹敵する内容ですから、何十万円も出して買うならば、まずこの本をおすすめしたいところです。

一般書店では入手できないので読んでいる人は少ないと思いますが、ネット上のマーケティングに興味がある方には心おどる一冊だと思います。

「2012年度スモール・ビジネス・ブック賞」にノミネートされています。

『コンテンツ・マーケティング入門』
ウェンディ・モンテス・デ・オカ 著
ダイレクト出版


posted by Ken at 07:30 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。