スポンサードリンク




2012年11月01日

腰痛、ギックリ腰の予防に 腰ベルト不要 rakunie(ラクニエ) モリタホールディングス

モリタホールディングスから、腰部に負担のかかる作業をサポートするウェア、腰部サポートウェア「rakunie ラクニエ」が発売中です。

2012-11-01_2229.png

腰痛に悩む方は多いようです。ひどくなるとギックリ腰も招きかねません。

かく言う私も、何度かギックリ腰で身動きがとれなくなった一人。

腰に負担のかかる作業には、不安がつきまといますし、本格的にやるとなると腰ベルト(サポーター)が欠かせません。

ところが、このrakunie(ラクニエ)を装着すると、背中の筋負担が14パーセント、足の筋負担も10パーセント軽減されるといいます。

この製品は、高年齢労働者、高齢化社会を支える介護の現場、農業、モノづくり、物流の現場などで働く方を支えることを目指して誕生した製品。

モリタホールディングスをはじめ、医薬品メーカーのダイヤ工業、慶應義塾大学が連携して開発されました。

同大学、理工学部の山崎信寿教授の提唱するサポート理論が用いられているそうです。

この、モリタホールディングスでは、グループ会社で消防車も作っています。

そんなつながりからか、消防士の身体的負担について調べると、最も負担を感じている部位は「腰部」だったそう。

また、厚生労働省の調査によると、労働者のかかえる持病の第2位が「腰痛」なのだそうです。

これらの調査にヒントを受け、rakunie(ラクニエ)の開発が始まりました。

介護の現場でも、介護ヘルパーなど、こころざしを抱いて介護の仕事についたものの、腰を痛めて断念せざるを得なくなったという話しもよくききます。

腰ベルトを使っている方は多いですが、動きづらさや筋力低下がデメリット。

食事時や、トイレの際にも結構邪魔ですからね。

腰を痛めてしまう前にrakunie(ラクニエ)を試していただきたいです。

「"楽"に動いて、楽しく働く」がrakunie(ラクニエ)のコンセプト。

腰の負担に悩む方が、ひとりでも多く救われるといいですね。

専用ポーチが付いて、希望小売価格24,150円です。





モリタホールディングス
腰部サポートウェア rakunie ラクニエ
http://www.morita119.com/study/health/rakunie.html

モリタホールディングス ニュース
http://www.morita119.com/ir/pdf/20120919.pdf


>> 介護サービス利用者の獲得にお悩みの方へ

介護サービス利用者獲得マニュアル



posted by Ken at 22:36 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。