スポンサードリンク




2012年11月16日

楽天Edyオンライン おサイフケータイと楽天Edyの移動が可能 楽天あんしん支払いサービス対応

楽天Edyオンラインのサービスが開始されました。

2012-11-16_1417.png

楽天Edyオンラインとは、楽天が提供する電子マネー、楽天Edyをさらに発展させたもの。

これまで、おサイフケータイや、楽天Edyのカードなどで楽天Edyを利用していました。

楽天Edyを使用するには、おサイフケータイや、楽天Edyのカードにチャージをして使います。

これを、サーバー上にもチャージできるようにしたのが楽天Edyオンラインです。

何が便利になるのか少し分かりづらいのですが、例えば、

楽天のサイト以外で買い物をするときに、楽天あんしん支払いサービスに対応しているサイトがあります。

>> 楽天あんしん支払いサービス
http://checkout.rakuten.co.jp/

これらのサイトでは、支払い方法として、クレジットカードや、銀行振込と同じように、この楽天Edyオンライン上にチャージした楽天Edyを選択することができるようになります。

楽天あんしん支払いサービスとは、楽天以外のサイトで、支払いの決済部分を楽天が代行するサービスで、これまでもクレジットカードや銀行振込での支払いが可能でした。

これに加えて、楽天Edyが選択できるようになったわけです。

クレジットカードを使いたくない、銀行振込も最近の様子から不安、という方にも新しい選択肢が増えますね。

さらに、楽天Edyオンラインで決済をすると、ボーナスポイントとしてね楽天スーパーポイントも加算されるというのですから利用しない手はありません。

さらに、楽天Edyオンラインにチャージしてある楽天Edyは、おサイフケータイにダウンロードして使うこともできます。

携帯電話を落とすと不安だからと、電子マネーの使用を控えていた人も、使う前にダウンロードして使用するとなれば安心です。

5万円までダウンロードできますから、大金を持たせるのが不安な、お子さんなどの買い物にも安心して利用できますね。

また、機種変更で携帯電話を変える際には、これまでは原則としてチャージした電子マネーなどは使い切ることが必要でした。

楽天Edyオンラインを使えば、残った楽天Edyをサーバー上にアップロードして、新しい携帯電話にダウンロードすれば作業完了です。

さて、楽天Edyオンラインにチャージするにはどうすればいいか。

楽天の会員登録が必要ですが、下記からチャージできます。

http://www.rakuten-edy.co.jp/howto/rpp/index.html

一番下の「マイページはこちら>」をクリックします。

2012-11-16_1407.png

ログイン後、表示された画面の「楽天Edyオンライン」タブを開きます。

2012-11-16_1409.png

右のお役立ちリンクからチャージできます。

クレジットカードか、楽天銀行からのチャージが可能です。

(来年1月には他の銀行からもチャージ可能になるようです。)

クレジットカードも、楽天銀行の口座もないという方もご安心ください。

コンビニになどで、おサイフケータイにチャージをして、楽天Edyオンラインに楽天Edyを移動できます。

楽天Edyオンラインとおサイフケータイ間で楽天Edyを移動するには、おサイフケータイのアプリで連携の手続きをします。

携帯電話にEdyのアプリが入っている場合も多いですが、もしかすると楽天のグループ会社になる前のアプリのままかもしれません。

そういう場合には、アプリを起動するとアップグレードがメニュー選べますから、ぜひアップグレードしておいてください。楽天の名前の入った表示に変わります。

楽天Edyオンラインは、将来的にサーバー上で個人間の移動や、海外での展開も目指しているそうです。


楽天Edyオンライン
http://www.rakuten-edy.co.jp/howto/rpp/index.html

楽天 ニュースリリース
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/1114.html





posted by Ken at 14:30 | Comment(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。