スポンサードリンク




2012年11月17日

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』 ブログの広告で実践してみました

『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』(ペリー・マーシャル/トマス・メローチェ 著 ダイレクト出版)の書評を以前に当ブログで書きました。

http://greenhand.seesaa.net/article/300411250.html

bfb.jpg

その中で、「とても分かりやすく、簡単に試せるので、さっそく当ブログの広告を作ってしまったほどです。」と書きました。

今回は、その成果を披露したいと思います。

本を見ながら広告を作成したのが、11月4日(日)の19:14でした。

広告の申請と同時に、ステータスが「承認待ち」になります。

承認されたのが、11月6日の2:30ごろでした。

1回目の広告は、予算500円。期間は11月6日(火)の19:14までと、小予算、短時間で試しました。

結果、クリックが3、アクションが1、「いいね!」を1ついただきました。(なぜか反映されなかった)

2回目の広告は、11月14日(水)の朝から23:59まで。

予算が1,000円でした。

クリックが10、アクションが6、「いいね!」を5ついただきました。

2度目の広告は、「完了」のステータスになった1度目の広告の編集画面で、予算と日程を編集するだけで、すぐに広告が再表示されたようです。

なお、広告の作成の際に、価格設定でクリック単価(CPC)、インプレッション課金(CPM)を選択できますが、今回はとりあえず「いいね!」をいただきたかったのでCPCを選択しました。

入札価格を入れる項目もあったはずですが、入れたかどうか記憶がありません。

さて、通算のレポートを出してみると以下の結果でした。

2012-11-17_0652.png

CPCが115円というのにはびびりましたが、2日に満たない中で35,198のインプレッションがあったのは、さすがFacebookです。

結果「いいね!」をいただいた訳ですし、小予算でチャレンジしてみることが目的でしたので、まあよしとしましょう。

ただ、事業ベースで広告を打つとなると、少々検討して改善していく必要があるのでしょうね。

今回は、ブログの右端に出しているtwitterのアイコンをそのまま使いましたので、このあたりもう少し目立ったものにするといいのかも。

広告記事は、ライティングがぜんぜんダメだと思いますしね。

今回は主目的ではありませんが、ブログの宣伝のはずが、Facebookページからブログに見に来ていただいたのは4件ほどでした。

でも、これに懲りず、Facebookでインサイトデータにアクセスできるという30クリックまで、今後も何度かトライしてみようと思っています。

個人ブログの広告という、なんだかよく分からないチャレンジとなりましたが、少ない予算で、期間も自由に設定できますので、ホームページやブログの宣伝に使ってみるのは面白い!という印象でした。

もちろん、事業をされている方には、YahooのPPCやGoogleのAdwordsに比べてライバルも少ないですし、まだ先行者利益を得ることができる状況のように思います。

興味のある方は、ぜひお試しください。

広告設定の詳細は、下記『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』が分かりやすくてホントにお薦めです。

今回、「いいね!」をいただいた皆様には、この場でお礼を申し上げます。ありがとうございました。


ダイレクト出版 紹介ページ
『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』
こちらから購入できます。

※一般書店では購入できませんのでご注意ください。

>> ナレ・ブロ Facebookページ
https://www.facebook.com/knowleblo




posted by Ken at 07:49 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。