スポンサードリンク




2013年02月12日

WORTHER社の芯ホルダー SHORTYを試してみる

新聞でたまたま目にしたペンに一目惚れしました。

ペンというのは正確ではなくて、「芯ホルダー」と言うようです。

替え芯には、ボールペンの芯と、グラファイト(太い鉛筆の芯のようなもの)が選べるのですが、このグラファイト芯をSHORTYに挿して、書き味を試したい衝動にかられました。

さっそくネットで検索して、即購入。

あまり在庫も多くなかったので焦りましたが、無事買うことができて、手元に届きました。

では、開封してみましょう。


1. 商品外観です。シンプルな包装。



2. 商品裏面です。



3. 側面から見た図。お気づきの通りホルダー本体はスケルトンで丸見えです。



4. 箱の中から出てきた替え芯。左がボールペン、右がグラファイト芯です。



5. ホルダー本体。



6. 上から見ても、先端には何もありません。



7. クリップ部分を押し込むと、先端が開きます。ここに替え芯を差し込みます。開いてみて気づきましたが、グラファイト芯が1本あらかじめ入っていました。



8. ボールペンの芯を装着したところ。



9. グラファイトの芯を装着したところ。



気になる書き味はというと、ボールペン、グラファイト芯とも、太字でやわらかな書き味です。

今まで手にした文具では味わったことのないなめらかな書き味でした。

細かな書き込みは無理ですから、ラフにメモを取ったり、スケッチなどにも活用できそうです。

買ってから知ったのですが、わりと人気の芯ホルダーだそうですね。

付属のグラファイト芯は黒のみでしたが、カラーの替え芯も売っているらしいです。

銀座あたりで散策すれば出会えるのかな。


WORTHER(ヴェルター) SHORTY

WORTHER(ヴェルター) SHORTY
価格:2,625円(税込、送料別)






posted by Ken at 00:00 | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。