スポンサードリンク




2013年02月23日

Canon (キャノン) LiDE 210 シートフィードスキャナ全盛の中 フラットベッドスキャナを買ったわけ <ソフトウエア導入編>

前回に続いて、Canon (キャノン) LiDE 210 のセットアップを見ていきましょう。

2013-02-20_2259.png

今回は、付属のCD-ROMから、ソフトウエアを導入していきます。

当然ですが、LiDE 60用に導入したソフトウエアからは、だいぶアップデートされていますね。

従来のソフトウェアでも使えますが、とりあえず新しいものも試してみましょう。

1) CD-ROMをドライブに挿入すると、メニューが表示されます。


2) 「選んでインストール」をクリックして、どんなソフトが導入されるのか見てみます。

これまで使っていた「CanoScan Toolbox」に代わって、「MP ナビゲータ EX」というのがインストールされるようです。


3) 「戻る」をクリックして、最初の画面に戻ります。


4) 「おまかせインストール」をクリックしてインストールを開始します。


5) 「使用許諾契約」が表示されます。「はい」をクリックします。


6) 「使用許諾契約」が表示されます。「はい」をクリックします。


7) 「使用許諾契約」が表示されます。「はい」をクリックします。


8) 「警告ダイアログへの対処のお願い」が表示されます。「次へ」をクリックします。


9) 「ScanGear」がインストールされます。


10) インストールの様子。


11) 「電子マニュアル」がインストールされます。


12) インストールが進みます。


13) 「MP Navigator EX」がインストールされます。


14) 「Solution Menu EX」がインストールされます。


15) 「Adobe RGB」がインストールされます。


16) 「読取革命Lite」がインストールされます。


17) 「セットアップの終了」が表示されます。「次へ」をクリックします。


18) 「使用状況調査プログラム」が表示されます。「同意する」または「同意しない」をクリックします。


19) 「インストールが完了しました」が表示されます。「終了」をクリックして終了します。


と、クリックし続けるだけで、簡単にソフトウェアがインストールされました。

特に従来のものをアンインストールなどもしていません。

さて、次回は実際にスキャンをしてみましょう。

CD-ROMを抜いて保管するのを忘れないようにします。






posted by Ken at 23:55 | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。