スポンサードリンク




2013年06月19日

JCBが台湾でデビットカード事業を開始 審査なしでザ・クラスなみのサービスが付帯?!

クレジットカードのJCB(ジェーシービー)が、台湾でデビットカード事業を開始します。

2013-06-19_1308.png

台湾にある華南銀行の口座保有者を対象として、「華南 LOVE TSCC JCB デビットカード」の会員募集を始めるというもの。

デビットカードとは、発行金融機関の口座から直接引き落とされる決済です。

原則、利用したその場で決済されますが、時間をおいて引き落とされる場合もあるようです。

口座からの引き落としですから、口座残高が利用限度額になります。

残高があることを前提に利用しますから、クレジットカードのような審査、本人確認などの与信も必要ありません。

発行する銀行などに口座さえあれば、利用できるわけです。

今回、華南銀行で発行されるデビットカードには、日本のsuica、pasmoなどにあたる交通系の電子マネーTSCCが搭載されます。

日本と同様に、地下鉄、バスのほか、コンビニ、カフェなどでもTSCCが利用されているそうです。

さらに、JCBプレシャスのサービスを付帯しているのが注目です。

JCBプレシャスとは、台湾で発行されるJCBクレジットカードの最高位(プラチナのさらに上)にあたるもので、国際空港への送迎や、ホテルの食事の優待などのサービスを受けられるそうです。

台湾で華南銀行の口座に資産をもつ富裕層の方には、喜ばれそうなカードですね。


国内では銀行などの金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして利用できるJ-Debit(ジェイ デビット)や、VISAブランドのVISAデビットのサービスがあります。

ちなみに日本でも、日興證券(現・SMBC日興證券)の口座保有者を対象としたVISAデビットカードが、VISAプラチナカードと同等のサービスを付帯していたことがありました。

イチロー選手が募集広告に登場していましたので、記憶にある方もいるかもしれませんね。

利用者が少なかったのか、合併にそなえてリストラが必要だったのか分かりませんが、早々にサービスを終了してしまいました。

今回の、JCBによるデビットカードの展開は、JCBブランドとして世界初となるほか、日本を含む、台湾以外の国・地域でも展開を検討しているとしています。


アベノミクスは雲行きが怪しくなってきましたが、再び経済の上昇気流を巻き起こしていくならば、それに乗じて台湾と同様のサービスを開始する金融機関が出てくるかもしれませんね。

日本でいえば「JCB ザ・クラス」なみのサービスが与信なしで・・・ということになりますから期待大ですね。



ニュースリリース
「JCB、グローバル市場でデビットカードの展開を開始」
http://www.jcbcorporate.com/news/seq_1985.html


posted by Ken at 13:16 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。