スポンサードリンク




2012年10月24日

遠隔操作ウィルス対策 ソフトイーサがソフト無償提供 「パケット警察」を試してみました

ソフトイーサが開発した、遠隔操作ウィルス対策のソフト「パケット警察」が無償提供で公開されました。



遠隔操作ウィルスの事件はインパクトが大きかっただけに、この「パケット警察」こそインストールして大丈夫なんだろうか?と疑心暗鬼になりつつ、

マスコミも報道しているし、ソフトイーサさんの良心を信じて、思い切ってダウンロード、インストールしてみました?!

なお、「パケット警察」はプログラム的なログを収集するだけで、ウィルス駆除の機能はありませんのでご注意ください。

では、インストールしてみましょう。

1. 「パケット警察」のホームページからプログラムをダウンロードすることができます。

2. ダウンロードしたプログラムを実行すると、インストールされます。

ここまでは、何もむずかしいことはありませんでした。

3. インストール後、設定が必要です。

1) デスクトップに「パケット警察」のショートカットアイコンが作成されます。ダブルクリックで起動します。

2) 「パスワードの変更」ウィンドウが表示されます。初回なので任意のパスワードを入力します。
「キャンセル」でパスワードを設定しないこともできますが、安全のために設定しましょう。

設定後、「OK」をクリックします。



3) 追加をクリックします。



4) 一番上で監視するLANカードを選び設定します。
LANケーブルを接続するLANカードと、無線LANで使用するLANカードの両方を設定しましょう。

デフォルト状態の設定が推奨されているので、変更せずに「OK」をクリックします。



5) 設定が完了したので「OK」をクリックします。それぞれのLANカードを設定するごとに、3)〜5)の操作をします。



6) 設定が完了しました。上がLANカード、下が無線LANカードです。



「ログファイルを表示」からログファイルを見ることができますが、ある程度の知識のある方以外は、見てもよくわかりませんし、見て面白いものでもありません。

万が一のときのための保険と思って、それまでは気にしなくてもよいでしょう。

パソコンが勝手に記録を保存してくれますから安心です。

「パケット警察」のホームページによると、ウィルス監視ソフトによってはLANカードのパケット監視を認めないものもあるようです。

私は、トレンドマイクロのウィルスバスタークラウドを使用していますが問題ありませんでした。

くわしくは、「パケット警察」のホームページの「よくある質問」を参照してください。

「パケット警察」のホームページ
http://www.softether.co.jp/jp/packetpolice/

※左のメニューに「ダウンロード」「よくある質問と回答」があります。


もし、ウィルス対策ソフトを入れていなければ、すぐに対策をしましょう。 ウィルスバスターがお薦めです。

トロイの木馬への対策ならウイルスバスター

スマホもウィルスの危険性はPCと変わりません。ウィルス対策をしていない人が多くて、私などはビックリしてます。 早めに対策をしましょう。

ウイルスバスター モバイル for Android TOP


posted by Ken at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

ホームページ・ビルダー 17 かんたんWord Pressデビュー その前にブログエディターとして使ってみる

このブログをWord Pressに移行したいと思っていたところ、ホームページ・ビルダー 17に「かんたんWord Pressデビュー」という機能があることを知って迷わず購入しました。


作成、そして更新が驚くほどカンタンに!最新版ホームページ・ビルダー17

ホームページ・ビルダー 17が発売されたのは10月5日。 「かんたんWord Pressデビュー」の機能があるのを知ったのは、製品発表でしたが、ブログエディターとしてもホームページ・ビルダーを試したかったので、旧バージョンを買うか、新バージョンまで待つかずいぶん悩みました。

『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』(コグレマサト・するぷ 著 インプレスジャパン)に、ブログエディターの便利さに触れているページがあり、ホームページ・ビルダー(以下hpb)のことが書かれていたので、ずっと気になっていたのです。

特に、Windowsの環境で、国内プロバイダのブログサービスに対応しているブログエディターは少ないとのこと。

じゃ、hpbを試してみようとずっと思っていました。

結論から書くと、もっと早く使えばよかったの一言につきます。

3つメリットをあげるとすれば、

1. 画像を見ながら記事を書けるので、記事が作成しやすい。

2. デザインが反映された画面に入力できるので、イメージどおり作成できる。

3. オフラインでも記事を完成してPCに保存できる。アップロードするだけなので効率的。

といったところでしょうか。

これまでも、hpbでブログ編集ができるのは知っていました。

しかし、わざわざソフトを立ち上げて書くのは面倒だし、そんなにメリットもないでしょ、余計な手間もかかりそうだし。web画面で十分じゃん!

なんて、思っていましたが、大きなまちがいでした。ほんとに・・・

残念なのは、カラムの構成のレイアウトが無視されたところ。2カラムのページが1ページで表示されました。

編集画面、プレビュー画面ともだめでした。アップロードした実際の画面では、問題ありません。

たぶん、テンプレートによると思うので、大丈夫なケースもありそう。

さて、実際にhpbでブログを書いてみましょう。

hpbでブログを書くには、まず「ブログ設定」が必要です。

1. 「ツール」-「ブログ」-「ブログ設定」を選びます。



2. 「ブログ設定」ウィンドウで「ブログ設定追加」をクリックします。



3. 「ブログ設定の作成」ウィンドウで、お使いのブログサービスのプロバイダを選びます。「次へ」をクリックします。



4. 「ブログアカウント情報」で「ユーザーID」と「パスワード」を入力します。「次へ」をクリックします。



5. 「登録するブログの選択」ウィンドウで、登録するブログを選択します。「次へ」をクリックします。



6. 詳細設定が表示されます。そのまま「次へ」をクリックします。



7. ブログのデザインが取得されます。完了したら「OK」をクリックします。



8. 「ブログ設定名」を入力し、「完了」をクリックします。



9. 設定が追加されました。「閉じる」をクリックします。



では、作成画面を見てみましょう。

「ツール」-「ブログ」-「記事の新規作成」を選びます。



作成画面に、ブログのデザインが適用されています。

本来は、2カラムのレイアウトですが1カラムで表示されました。

「ここにタイトルを記入してください」というところにタイトル。「ここに記事を記入してくたさい」というところに記事を書いていけばいいようです。



画像は、「挿入」-「画像ファイル」-「ファイルから」で挿入できます。



画像を見ながら記事を書けるので、画像を多用して記事を書くような場合はとても便利です。

通常のwebのブログ画面ではプレビューしないと分かりませんでしたからね。

私は、秀丸エディターで文章を書き、webの編集画面にコピペし、画像を入れてましたから大変でした。



さて、この記事はhpbで書きましたので、実際にアップロードしてみましょう。

念のため、保存してから。

「ツール」-「ブログ」-「投稿しないで記事を保存」を選びます。



えっ!!無くなった??せっかくの努力が無駄に、、、



ここかな?「ツール」-「ブログ」-「記事を開く」-「未投稿記事」。



ちゃんと保存されていました。よかった〜

ということは、オフラインで記事を完成させてPCに保存しておけるということです。素晴らしい!



では、あらためて投稿してみましょう。

「ツール」-「ブログ」-「記事の投稿」を選びます。



今、開いている記事を投稿するので「今すぐブログに投稿」を選択します。「OK」をクリックします。



「記事の投稿」ウィンドウが出ます。カテゴリや予約投稿など、webから投稿する際の設定をここでします。

よくわからない場合には、「公開する」のチェックを入れずに投稿すると、web画面で非公開の状態で保存されます。(表示は公開)になってますが、再度web画面から投稿しないと公開されませんでした。



「OK」をクリックすると投稿されます。

「投稿の完了」ウィンドウが表示されます。「OK」をクリックして閉じます。



以上、思ったより簡単でした。

ブログをweb画面から入力してる方、hpbの体験版もありますから、ぜひ試してみてください。

きっと、ブログを書くのがもっと楽しくなりますよ。

Just MyShop(ジャストシステム)

必ず結果が出るブログ運営テクニック100

必ず結果が出るブログ運営テクニック100
著者:小暮正人
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

posted by Ken at 10:06 | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム「BKDR_SYSIE.A」の専用駆除ツール トレンドマイクロから

遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム「BKDR_SYSIE.A」の専用駆除ツールをトレンドマイクロが公開しました。

2012-10-19_0428.png

ニュースなどで連日報道され、「自分のPCは大丈夫だろうか」と不安を覚えている方も多いと思います。

私も早速ダウンロードして試してみました。

なお、トレンドマイクロのアンチウイルス製品(ウイルスバスター)を使っている場合、最新パターンファイルで検索を実行すれば、この不正プログラムの検出、処理は可能ですので駆除ツールは不要。


1. 自分のPCにウィルスバスターがインストールされているかどうかは次の手順で確認できます。(Windows7でウィルスバスター クラウド使用の場合)

スタート>すべてのプログラム>ウィルスバスター クラウド(または、ウィルスバスター)>ウィルスバスターの表示

2012-10-19 5-30-59.png

バージョンによっては、表示が異なるかもしれません。

メニューに出ていればインストールされていますので、最新のパターンファイルになっているかどうか、次の手順で確認してください。

スタート>すべてのプログラム>ウィルスバスター クラウド(または、ウィルスバスター)>ウィルスバスターの表示

2012-10-19_0450.png

「最新の保護機能が適用されています」をクリック>「アップデートはありません」であれば最新です。

2012-10-19_0535.png

スキャンをすぐ実行しましょう。

それ以外の表示の場合は、最新ではない可能性がありますので、画面の指示に従います。

メニューに出ていなければ、ウィルスバスターはインストールされていませんが、他社のウィルス対策ソフトがインストールされている場合は、各社のサイト等で対応状況を確認してください。

2.ウィルスバスターがインストールされていない場合の駆除ツールの使用手順です。

「BKDR_SYSIE.A」の専用駆除ツールは、以下よりダウンロードできます。

http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2082104.aspx

サポートページに移動します。

2012-10-19_0426.png

トレンドマイクロ サポートページ (製品Q&A)
遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2082104.aspx

Q.遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラムに感染しているかの確認方法、また感染している場合の駆除方法を教えて下さい。

A.弊社では、遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラムの駆除専用ツールをご用意いたしました。
下記が遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム[BKDR_SYSIE.A]を検出、駆除するための専用ツールです。

※ トレンドマイクロのアンチウイルス製品(ウイルスバスター)をご利用の場合、最新パターンファイルにて検索を実行いただくことで、本不正プログラムの検出、処理は可能です。

とあります。下の方に

(32bit用) [BKDR_SYSIE.A]専用駆除ツール
(64bit用) [BKDR_SYSIE.A]専用駆除ツール

の2つが表示されています。

「※OS環境に合わせて32bitもしくは64bitを選択して下さい。」と書かれていますが、普通はどちらか分かりません。。。

3. 次の手順で確認できます。(Windows7の場合)

スタート>コントロール パネル>すべてのコントロール パネル項目>システム

2012-10-19_0438.png

システムの種類の項目に出ています。

4. 確認できたら、先ほどのページにもどりダウンロードしましょう。デスクトップに保存するように書かれています。

そのあとは、ページに書かれた手順を実行します。

私の場合、これを書きながらスキャンしていますが、88分過ぎて58%までスキャンしてます。

2012-10-19_0551.png

ハードディスクの容量やPCの速度によりますが、結構時間がかかるようです。

駆除ツールを試す目的で実行してますが、ちなみに私はちゃんとウィルスバスター使ってます!

あなたのPCが無事であることをお祈りします。

== 参考 ==

遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム
http://jp.trendmicro.com/jp/threat/aboutthreat/detail/remote_control/index.html?cm_re=Corp-_-important-_-remote_control

トレンドマイクロ ブログ
10月18日 遠隔操作する「BKDR_SYSIE.A」、専用駆除ツールを無償公開
http://blog.trendmicro.co.jp/archives/6163


身に覚えがないのに、逮捕、拘留されるなんてまっぴらです。

もし、ウィルス対策ソフトを入れていなければ、すぐに対策をしましょう。
ウィルスバスターがお薦めです。


トロイの木馬への対策ならウイルスバスター

スマホもウィルスの危険性はPCと変わりません。ウィルス対策をしていない人が多くて、私などはビックリしてます。

早めに対策をしましょう。

ウイルスバスター モバイル for Android TOP


posted by Ken at 06:03 | Comment(0) | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

Mac対応ブルーレイプレーヤー Mac Blu-ray Player

iMacでBlu-rayを再生したいと思いましたが、どうしたらいいのか分からない。

少し探してみると、ありました!

世界初!Mac対応ブルーレイプレーヤー、「Mac Blu-ray Player」。

2012-10-13_0724.png

Mac Go社が開発した、ブルーレイプレーヤーです。

MacBook Pro、Air、Mac Mini、iMac、Mac ProなどのMacに対応しています。

Blu-rayやDVDが再生できるのはもちろん、世界初のオールラウンドメディアプレーヤーだけあって、以下のメディアフォーマットにも対応しています。

ブルーレイ、DVD、VideoCD、MOV、MKV、AVI、FLV、WMV、MP4、MPEG、RMVB、MP3、WMA、AAC、AC3
※ CPRMが施されたBlu-ray、DVDは視聴できません。

また、ISOイメージといったデータファイルの再生にも対応しています。

試用版はMac用しかダウンロードできませんが、製品版はWindowsにも対応したマルチプレーヤーとのことです。

(試用版は機能制限付き、再生中にウォーターマーク(透かし)が表示されます。)

外付けのドライブの使用が推奨されていて、ホームページには以下の記述があります。

"I-O DATA(BRP-U6XE、BRP-U6など)やBUFFALO(BRXL-PC6U2-BK、BRXL-PCW6U2-BKなど)の外付けブルーレイドライブを使用することをお勧めいたします。"

ただし、時間が経っているようで、生産が完了して後継機種になっているものもあります。(下記直販ショップリンクを参照)

面白そうなのは、同じWi-Fiネットワーク内のMacで再生しているBlu-rayやDVDをiPhone・iPad・iPod touch上で再生できる「AirX」という新機能。



AirPlayの機能を使ったものだと思いますが、ぜひ試してみたいですね。

価格は4,980円(※10月21日までの期間限定で1,000円OFFキャンペーン実施中です)

秋の夜長、ブルーレイの高画質で映画を楽しめるといいなぁー


>>ラネクシーオンラインショップ Mac Blu-ray Player ダウンロード版
http://www.ec-shopping.net/neos/runexy10/p/30892

>>パッケージ版がこちらiconから購入できます
Just My Shopが独占販売しています
https://www.justmyshop.com/app/servlet/c32?jmsb=panel_ts_macbl
icon


>>外付けブルーレイドライブ

アイオープラザ
icon

バッファローダイレクト

posted by Ken at 07:37 | Comment(0) | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

トレンドマイクロ パスワードマネージャーが発売

トレンドマイクロのパスワードマネージャーが発売されました。

2012-08-31_0847.png
トレンドマイクロ

これまで、ID、パスワードの登録件数が5件に限られた機能限定で無償配布されていましたが、登録件数が無制限となるフル機能の有償版が登場しました。

価格は月額制でひと月、150円。年間にして1,800円ですから良心的な価格と言えます。

購入は、無償版をインストール後、メニューから行います。

クレジットカードの登録が必要で、毎月自動的に更新されるようです。

なお、これまでどおり無償版もダウンロードして使用できます。

私は、評価版として数週間使ってきました。

ブログのログインやアクセス解析サービスのログインを登録して使ってきましたが、特に問題もなく、とても便利に使えます。

イメージとしては、ID、パスワード欄が自動的に入力されて、続けてログインのボタンが押される感じです。

ブログなどは、混んでいる時間帯はもともとログインに時間がかかるので、前記のようなプロセスが見えますが、サイトによっては一瞬でログインしてくれるので、ほとんどストレスがありません。

ただどうしてもぬぐえない不安につきまとわれているのも事実。

以前友人が、シマンテックのインターネットセキュリティーという製品で、パスワード保存の機能がありこれを使用していました。

あるときセキュリティーソフトを乗り換えることに決めて、何も考えずにインターネットセキュリティーを削除したところ、保存されていたパスワードがかなりあり、どこかに控えることもしていなかったので、いろいろなサイトのパスワードが一気に分からなくなるという事故を目の当たりにしました。

なので、あまりパスワードマネージャーに頼りすぎるのも怖いなと思っているのです。

クラウドに保存されるので自分で消失することはないし、登録した内容は書き出してバックアップできる機能もあるようなので前記のようなことは起きないのですが。

このあたり精神的なところで乗り越えられれば、有意義に使えるかなと思っています。

あっ、ほんとに友人の話しです。私の体験ではありませんから。。

それと、登録していないサイトで結構面倒なことが起きました。

銀行のネットバンキングを使用する際にログイン後、おかしなアイコンが出てくるのです。

ログインするとこんなことになってしまいます。

2012-08-31_0855.png

画面の4分の1ぐらいをかくしてしまうので非常に邪魔です。

1行ではなく、他の銀行のネットバンキングでも出ました。

Firefoxのバージョン14、15で発生して、Firefoxのアドオンから、拡張機能にあるパスワードマネージャーを無効にすると現象が出なくなります。

IE、Chromeでは再現しません。Firefoxをメインに使っているので、他のブラウザを使うのも気持ちが悪いのです。

パスワードマネージャーが原因だとは思いますが、動作環境を見るとFirefoxはバージョンが13までしか書かれていないし、サポートに問い合わせても「他のソフトが影響している可能性があるので、一度リカバリーして何もソフトわ入れない状態で試してください」なんて言われるのがおちなので、あきらめてます。

アドオンを無効にして、ブラウザーを再起動するのは手間がかかりますが仕方ない。

ただ、これまでも類似のソフトはありましたが、クラウドベースなど革新的な製品であることは事実。

他のデバイスとの連携などはまだ試していないので、このあたりも含めて検証しながら使っていこうと思っています。

トレンドマイクロ/バスワードマネージャー
http://safe.trendmicro.jp/purchase/pm.aspx

トレンドマイクロロゴ


posted by Ken at 09:14 | Comment(0) | PCソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。