スポンサードリンク




2012年07月19日

崖っぷちの男 交渉人と似てる?

昨日、急遽時間ができたので映画「崖っぷちの男」を見てきました。



映画館のサイトを見ても、特に見たい映画もなく、たまたま目にとまった「崖っぷちの男」の説明書きを見て、「まあこれでいいか」と何の期待もなくでかけました。

何か、地味な俳優ばかりな感じだし、「崖っぷちの男」って邦題も、もう少し何かあるだろと思いながら見始めました。

しばらくして「この俳優見たことあるなぁ」と思い始めたのが、主演のサム・ワーシントン。「あっ、アバターの人だ」と気づいたのは映画も半ばまで進んだあたり。アバターとは、印象が違ったので気づきませんでした。

原題は「Man on a Ledge」。Ledgeは岩棚とか出っ張りの意味らしいですが、昔の日活映画のような邦題で、せっかくの映画を台無しにしてる印象。まあ、直訳すると正しいのでしょうが。

映画を見終わって帰り道に気づいたのが、「何か交渉人に似てるな??」ということ。設定とか、撮り方とか、アクションとか。「交渉人」へのオマージュかとさえ感じました。

ググってみたら、サム・ワシントンが、自ら「ああいうのをやりたいから、こういう映画から盗んで、エキサイティングなバージョンを作ろうぜ」と、プロデューサーに持ちかけたそう。

ちなみに、サム・ワシントンは高所恐怖症らしい。自ら言い出したとはいえ、よく撮影に耐えたものだと思います。

映画のラストで事件が解決しますが、ありえない!とは思いながらも、背筋がゾクゾクするような興奮を覚えます。最後には、サプライズも用意されていて、満足の映画でした。

名作とまでは言いませんが、夏休みで、子ども向け映画ばかりですし、テレビドラマの焼き直しのような映画にもうんざりの方には是非おすすめしたい映画です。

日本経済新聞にも評論がありました

崖っぷちの男 これぞ娯楽映画の爽快感
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43414850V00C12A7BE0P01/

高所恐怖症のサム・ワーシントンが挑む「崖っぷちの男」は
「交渉人」と「フォーン・ブース」のエキサイティングバージョン
 http://news.livedoor.com/article/detail/6733798/


posted by Ken at 07:01 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

トムハンクスの「幸せの教室」とスターバックス

だいぶ前の話ですが、今年5月の半ばに「幸せの教室」という映画を見ました。トム・ハンクスとジュリア・ロバーツが共演したラブコメディーです。

この映画自体の評価は分かれているようですが、私はトム・ハンクスもジュリア・ロバーツも好きなので、二人の共演作という意味でとても楽しめました。

映画『幸せの教室』公式サイト

ただ、映画を見て数日後、ふと気になり出したことがありました。

さかのぼること数年前ですが、『ラテに感謝! How Starbucks Saved My Life―転落エリートの私を救った世界最高の仕事』という本を読みました。
その後、何かでトム・ハンクスがこの本の映画化の権利を取得したとの記事を読みました。

「それは楽しみだ」と思い、公開はいつだろうかと楽しみにしていたのですが、いっこうに公開されることもなく、そのまま忘れてしまいました。

「幸せの教室」を見て数日してから、「あれ、設定はまったく違うけど、『ラテに感謝!』のストーリーに似てないか?」と気づいたのです。ずっと気になっていましたが、やっと調べました。

下記のブログによると、やはり原作になっているよう。
ブログデンティティー http://sea.ap.teacup.com/bellerophon/1198.html

でも公式サイトでも、他の映画関連の記事でも、あまり触れられていない気がする。

スタバに振られたのか、何か問題になったのか、気になるところです。



posted by Ken at 05:29 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。