スポンサードリンク




2013年04月19日

公職選挙法の一部を改正する法律案 ネット選挙を解禁する改選公選法が成立 法案の原文アリ

公職選挙法の一部を改正する法律案、いわゆるネット選挙を解禁する改選公選法が成立しました。

2013-04-19 14-33-57.jpg

各党の思惑も複雑にからみ、政治評論家の中には、今国会での成立の可能性は低い、と言う人もいました。

政治家の中にも、業界などに太いパイプを持ち、票のとりまとめに何の不安もない、大御所の中には、改正は不要という人もいたようです。

何はともあれ、成立したからには、運用が始まります。

ネットを活用する威力は、オバマ大統領の選挙戦などで実証済みです。

そこまで、使いこなせる政治家がどれだけいるのか、まずはお手並み拝見ですね。

また、電子メールの利用については、全面解禁とはならず、制限付きとなりました。

今回の改正によって、単に政治家のツールが増えただけというのでは困ります。

有権者が、ネットを通じて、いかに政治に参加できるのか、選挙に参加できるのかが大事なところです。

参院選まで、注目して見守っていきましよう。


法案の原文は、こちら

●公職選挙法の一部を改正する法律案
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/183/meisai/m18305183001.htm



posted by Ken at 14:39 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

N95対応など 対策マスクが増産 中国の大気汚染が深刻 PM2.5への警戒 黄砂の飛来 花粉症まで



N95対応など、対策マスクが増産中。中国の大気汚染が深刻、PM2.5への警戒、黄砂の飛来、花粉症など対策が求められています。

2013-03-09_1733.png
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130308/dst13030806540000-n1.htm

中国から飛んでくる、PM2.5(微小粒子状物質)が連日話題になっています。

今日あたりは、各地で黄砂の飛来も報じられていますね。

花粉症の方には、三重苦といった声も聞かれますが、花粉症でなくても、外出時にはマスクが手放せなくなりそうです。


実際、各小売店ではマスクの売上げが急増しているようです。

例年の花粉対策に加えて、PM2.5への脅威も広がっていますから、需要は急速に拡大し、かつ長期化すると見込まれているようです。

近くのドラッグストアをのぞいてみましたが、数日前には様々なマスクが並んでいたのに、売り場を縮小したのかと勘違いしそうなほど、マスクの山が小さくなっていました。


では、日経新聞の記事から、各社のマスクのウリを見てみましょう。


・興和
http://hc.kowa.co.jp/healthcare/

キャベジンで有名ですが、家庭用マスクでは最大手。

【注目】「三次元マスク」は0.1マイクロメートルの粒子を、99パーセントカット。


・アイリスオーヤマ
http://www.irisohyama.co.jp/products/healthcare_beauty.html

微小粒子を通しにくい特殊マスクを開発。

【注目】4月1日に「PM2.5マスク」を発売。


・日本バイリーン
http://www.vilene.co.jp/medicon/index.htm

米国労働安全衛生研究所が認定したマスク性能規格「N95」適合など高性能マスクを増産。

【注目】日本バイリーン推奨、PM2.5対策マスクとして「バイリーンマスクV-1003N」を発売中。

[保存番です] PM2.5対策マスクに関する情報(Q&A) PDF:92.7KB
http://www.vilene.co.jp/news/list/img/newsp_n699.pdf


・ユニチャーム
http://www.unicharm.co.jp/products/mask/index.html

マスクの売上げが前年比2倍を記録しているとのこと。


小さいお子さんをお持ちの方は、せっかく暖かくなってきたのに外で遊ばせられない!!とヤキモキしているようです。

早く収束することを期待しましょう。











n95マスクについての情報提供します!
http://startup-today.com/1/oJD2u8Y1LB/category0/list/0/
マスクについてのネットニュース
http://kens-smile.la.coocan.jp/1/qlqmpCxtBF/category2/list/0/


posted by Ken at 17:44 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

楽天 Rポイントカード 誕生!! 店舗とネットでポイントが使える「共通ポイントカード」



楽天からRポイントカードが誕生します。店舗とネットで共通のポイントが使える「共通ポイントカード」です。

2013-03-05_0809.png

いよいよ、待ちかねたサービスがやってきます。

今朝の日経新聞によると、この4月に、ネットでたまった楽天スーパーポイントを実店舗でも使えるようになる、楽天の「共通ポイントカード」のサービスが始まるそうです。

その名も「Rポイントカード」、いかにも「Tポイント」に対抗するようなネーミングです。

楽天市場に出店する店舗の中で、実店舗を持つお店は、約4万店あるそうで、これらの店舗にもRポイントカードの採用を呼びかけます。

楽天の会員は、8,100万人もいますから、店舗側のメリットも十二分にあるといえます。

ちなみに、競合する他のサービスと会員数を比べると、

ポンタ 5,100万人

Tポイント 4,300万人

ヤフー!ポイント 2,700万人

ですから、今回の楽天の参入の影響は計り知れません。

さらに、楽天市場には出店していない企業にも展開するということです。

「共通ポイントカード」となれば、実店舗での買い物でたまったポイントを、ネットで使うこともできるようになります。

気になる、Rポインカードの入手方法ですが、

提携した店舗の店頭で受け取る形になるようです。

カードに記載された情報を、ネットで登録することで利用できます。

楽天の会員でない人は、当然ですが、楽天への登録が必要です。

このサービスの開始にあわせて、実店舗でも使えるクーポンの発行も予定されているようですから楽しみですね。

最近は、ネットで買い物をする機会が増えて、消費者が実店舗に足を運ぶことも少なくなっているといいます。

実店舗のショーウィンドウ化が問題になっていますが、そのあたりの解消のきっかけにもなりそうですね。

店舗独自のポイントサービスとの兼ね合いなど、クリアーすべき課題は少なくないと思いますが、消費者の立場からすれば、どこへ行くにもRカード一枚!!が理想です。

ぜひ良いサービスに仕上げてもらいたいですね。


楽天市場への出店を検討していた方には大きなビジネスチャンス到来です!!


お買い得セールも開催中ですよ!!




posted by Ken at 08:12 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

参院選へ 「インターネット選挙運動」解禁をにらむ SNSの投稿・検索から民意詳しく分析 サービス続々登場か

昨年末の衆議院選挙では、残念ながら「インターネット選挙運動」解禁はなりませんでした。しかし次期、参院選では解禁が確実視されています。

SNSなどネット活用が本格化することが予想される参院選をにらんで、SNSの投稿・検索から民意を詳しく分析するサービスなどが続々登場する気配です。

Yahoo!が昨年末の衆院選を分析した結果、

小選挙区 ソーシャルメディアの投稿数が多い党ほど得票が多い
比例区  検索件数が多い党ほど得票が多い

という結論が出たそうです。

事前予想、出口調査と並んで、選挙結果を占う指標となり得るのか注目ですね。

今朝の日本経済新聞の記事を元に、情報をまとめました。


<主要ネット企業による主な選挙関連サービス>

● Yahoo!
検索キーワードの推移やソーシャルメディアへの投稿の傾向を解析し、政党・政治家にデータ提供を検討。
(下記は、別サービス)

2013-01-12_1332.png

Yahoo!みんなの政治
http://seiji.yahoo.co.jp/

>> ネット選挙は何を変えるのか
http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1222/




● 楽天
献金サイト「楽天LOVE JAPAN」を通じ、有権者への政治参加を促進。

2013-01-12_1323.png

楽天LOVE JAPAN
http://seiji.rakuten.co.jp/

>> ネット献金に対応している政党・政治家一覧
http://seiji.rakuten.co.jp/contents/politician/list


● ホットリンク
政党向けにソーシャルメディアの投稿を分析し、メディア対策を指南するサービスを4月にも開始。
(下記は、永田町関連の別サービス)

2013-01-12_1343.png

i love data
http://www.ilovedata.jp/

>> プレスリリース > ホットリンク、主要政党や党首の評判をソーシャルメディア上のデータから指標化、「永田町インデックス」としてブログ上で公開

2013-01-12_1320.png

永田町インデックス
http://www.ilovedata.jp/%E6%B0%B8%E7%94%B0%E7%94%BA%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/


● Google 日本法人
政党や候補者に関する情報をまとめて調べられるサイトを運営。有権者と各政党代表者がSNSの同時チャット機能を使い直接話し合うイベントを開催。

2013-01-12_1425.png

Google 選ぼう 2012
http://www.google.co.jp/landing/senkyo2012/

>>Google 選ぼう 2012 > 政治家と話そう
http://www.google.co.jp/landing/senkyo2012/hanasou.html




● Twitter 日本法人
12月の衆院選でイベントページ「#総選挙」を運営。衆院選関連のユーザーの投稿を分類して読みやすく。

2013-01-12_1309.png

>> Twitterブログ:第46回衆議院議員総選挙についての話題をTwitterイベントページで
http://blog.jp.twitter.com/2012/12/46twitter.html


● パイプドビッツ
政治情報サイト「政治山」運営。有権者への意識調査実施。

2013-01-12_1253.png

政治山
http://seijiyama.jp/

>> 第7回政治山調査「2012年衆議院議員選挙に関する意識調査」
http://seijiyama.jp/investigation/investigation_7.html

>> 特集 > 「インターネットと『新しい政治』の実現に向けて」シンポジウム開催
http://seijiyama.jp/special/shuinsen2012/article3.html


● VoiceJapan
選挙情報サイト「ザ選挙」で政治家のソーシャルメディア活用状況を紹介。

2013-01-12_1250.png

ザ選挙
http://go2senkyo.com/

>> 第46回衆議院議員選挙 小選挙区当選者データ分析
〜選挙区の当選者は圧倒的に男性が多く、当選者の方がネット利用率が高い〜
http://go2senkyo.com/blog/archives/7094

>> 第46回衆議院議員選挙 小選挙区立候補者データ分析 > 政党別ネットツール使用率
http://go2senkyo.com/blog/archives/7022

>> 新年に向けて〜インターネット選挙解禁がもたらすもの
http://go2senkyo.com/blog/archives/7244


その他

>> Yahoo!ニュース ネット選挙運動
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/online_election_campaigns/

>> ONE VOICE CAMPAIGN インターネット選挙運動解禁に向けて
http://onevoice-campaign.jp/

>> 我が国のインターネット選挙運動 国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0517.pdf

>> 愛媛新聞 ONLINE 特集 社説
ネット選挙運動 解禁で時代の「風」受け入れを
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201212255441.html


posted by Ken at 14:40 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

地下鉄車内で携帯電話の電波が通じる区間が広がっています 横浜市内は全線データ通信100%!

首都圏の地下鉄車内で、携帯電話の電波が通じる区間が広がっています。

2012-12-29_0837.png

都営地下鉄は、全線の約9割、東京メトロは5割の区間で電波が通じるそうです。

そして、横浜市内は全線データ通信が100%可能。

横浜は、開通時期が新しいこともあるのでしょうが、インフラを提供する鉄道会社として素晴らしい取り組みだと思います。

逆に、東京メトロは歴史があるだけに施設も古く困難が多いのでしょうか。

都営地下鉄のほうが進んでいますから、東京メトロにもがんばっていただきたいですね。

年末年始、地方から上京したりして、地下鉄車内でネット接続などする方も多いことでしょう。

日本経済新聞に、利用可能エリアが書かれていましたので転載します。

鉄道会社、路線名、進捗(%)の一覧です。


●横浜市営地下鉄
ブルーライン、グリーンライン
全区間、進捗:100%


市営バスと地下鉄で快適インターネット!〜wi-fi等をご利用いただけます〜
http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2011/20120127202621.html

市営地下鉄駅構内で快適インターネット!〜Wi-Fiを利用できる通信事業者がさらに増えました。
http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2012/news/20120510105723.html


●横浜高速鉄道
みなとみらい線
全区間、進捗:100%

japan.internet.com
横浜の地下鉄「みなとみらい線」、駅間トンネル携帯電話サービスが12月18日開始
http://japan.internet.com/allnet/20121217/2.html


●都営地下鉄
浅草線・三田線・新宿線
進捗:100%

大江戸線
進捗:70%

東京都交通局 関連事業 携帯・PHS
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/other/keitai/index.html


●東京メトロ
銀座線
「神田〜銀座」「青山一丁目〜渋谷」
進捗:40%

丸ノ内線
「池袋〜淡路町」「東京〜新宿御苑」
「新中野〜荻窪」「中野新橋〜方南町」
進捗:70%

日比谷線
「小伝馬町〜中目黒」
進捗:70%

東西線
「日本橋〜西葛西」
進捗:40%

千代田線
「綾瀬〜湯島」「霞ヶ関〜代々木上原」
進捗:70%

有楽町線
なし
進捗:0%

半蔵門線
「永田町〜神保町」「三越前〜押上」
進捗:60%

南北線
「市ヶ谷〜赤羽岩淵」
進捗:55%

副都心線
「千川〜要町」「雑司が谷〜渋谷」
進捗:70%

当社線内における通信環境整備状況のご案内
http://www.tokyometro.jp/emergency/98.html?width=816&height=650



鉄道模型ジオラマの作り方のDVDが、いよいよ登場です。

【鉄道模型】動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作


posted by Ken at 08:46 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。