スポンサードリンク




2015年11月11日

電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカード まとめサイト作りました

2015-11-11 15-44-13.png


「電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカード」のまとめサイト作りました!

現金に変わる様々な決済手段が身の回りにあふれてきました。私も好きでいろいろチャレンジしてきましたが、そろそろ管理が困難になってきました。

これまでブログに書いた記事とあわせて、ピックアップしたものをまとめました。総数は39種類、すごい数です。

まとめサイト【保存版】電子マネーマップ

電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカードを一挙にご紹介しています

http://premiumcard.jp/

内容

●交通系電子マネー
1. Suica[スイカ]
2. PASMO[パスモ]

●流通系電子マネー
3. nanaco[ナナコ]
4. WAON[ワオン]
5. 楽天Edy[ラクテンエディ]
6. CoGCA[コジカ]
7. uniko[ユニコ]

●カード会社系電子マネー(後払い)
8. iD
9. QUICPay

●共通ポイントカード
10. おさいふPonta
11. 楽天ポイントカード
12. Tマネー
13. ココカラクラブカード

●金融系デビットカード
14. 三菱東京UFJ-VISAデビット
15. りそなVisaデビットカード
16. イオンデビットカード
17. スルガ銀行 Visaデビットカード
18. Financial Pass Visaデビットカード
19. 楽天銀行デビットカード(Visa)
20. 楽天銀行デビットカード(JCB)
21. JNB Visaデビット
22. Sony Bank WALLET

●通信系プリペイドカード
23. au WALLET[エーユーウォレット]
24. ソフトバンクカード

●カード会社系プリペイドカード
25. JCBプレモカード
26. 三井住友VISAプリペイド
27. バニラ Visa オンライン

●バーチャルプリペイドカード
28. e-さいふ
29. Vプリカ
30. 楽天バーチャルプリペイドカード

●GS系電子マネー
31. Speedpass[スピードパス]
32. Speedpass+[スピードパスプラス]
33. Speedpass+nanaco[スピードパスプラスナナコ]
34. Shell EasyPay[シェル イージーペイ]

●プリペイドカード(ハウスカード)
35. Starbacks Card[スターバックスカード]
36. TALLY'S CARD[ターリーズカード]
37. KOMECA[コメカ]
38. KFC CARD[ケーエフシーカード]
39. クロネコメンバー割

まとめサイト【保存版】電子マネーマップ

電子マネー・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルプリペイドカード・共通ポイントカードを一挙にご紹介しています

http://premiumcard.jp/
posted by Ken at 15:56 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

Visa TravelMoney "Gonna" (ビザ トラベルマネー ゴナ) 海外で使えるプリペイドカード

ジャックスは、Visa、シティバンク銀行と共同で、複数通貨に対応した、海外で使えるプリペイドカードを発行します。

2013-06-26_1342_001.png

マルチカレンシー機能と呼ばれるもので、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、日本円を一枚にチャージできる機能を持つカードは、日本初とのこと。

Visaが発行するトラベルプリペイドカードを基本として、シティバンク銀行のマルチマネー口座から直接チャージをすることができます。

マルチマネー口座とは、シティバンク銀行の外貨預金口座で、複数の外貨で預金ができます。

「Visa TravelMoney "Gonna"」は外貨を両替することなく、マルチマネー口座から直接チャージできるのが特徴です。

海外では、チャージした現地通貨を、VisaのネットワークのATMから引き出すことができます。

「Visa TravelMoney "Gonna"」で引き出せる額は、チャージした額が上限。使いすぎや、万が一のトラブルに巻き込まれた際にも安心です。

チャージは、あらかじめ登録した口座から、インターネット経由で行います。

チャージや引き出しの履歴が、インターネット上で管理できるほか、預金が引き出された際には通知を受けることができたり、引き出しができるか否かのオン・オフの切り替えもインターネットから操作可能です。

VisaのネットワークのATMは全世界にあり、現地通貨をチャージしていなくても、日本円でチャージしていれば現地通貨を引き出せます。

両替の手間や、為替変動のリスクを抑えて、万が一の時にも安心なカードです。

海外旅行や出張、短期の留学など、使い勝手は良さそうです。

今回は、「シティバンク銀行口座振替専用」となっていますが、今後Gonna(ゴナ)ブランドで、プリペイドカード事業を展開していくようですから期待しましょう。

券面のデザインがちょっと地味で、あまり所有欲をくすぐられないのも残念です。

また、意外とコストがコストがかかるので、じっくり検討してから本当に必要か判断したほうがいいかもしれませんね。

カード発行手数料 1,050円相当

入金手数料 入金額の4.00%

ATM出金手数料 200円相当

年会費 2,100円(初年度無料)

その他、シティバンク銀行で、円預金からマルチマネー口座で外貨に振り替える際にもコストがかかります。


海外で使えるプリペイドカードといえば、JTBが扱う

「MoneyT Global」
http://www.travel-prepaid.com/

などもあります。

こちらは、加盟店の支払いにも使えるなどの特徴があります。

必要に応じて、賢く選択しましょう。

「Visa TravelMoney "Gonna"」は7月1日から、下記ホームページで申し込みを受け付けるようです。

ジャックス お知らせ
「ジャックスが提供するプリペイドカードサービスの統一ブランド “Gonna”(ゴナ)のWebサイトを公開しました」
http://www.gonna-jaccs.jp/


シティバンク銀行 マルチマネー口座外貨普通預金
http://www.citibank.co.jp/investment/foreigncurrency/savings/

posted by Ken at 13:57 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

JCBが台湾でデビットカード事業を開始 審査なしでザ・クラスなみのサービスが付帯?!

クレジットカードのJCB(ジェーシービー)が、台湾でデビットカード事業を開始します。

2013-06-19_1308.png

台湾にある華南銀行の口座保有者を対象として、「華南 LOVE TSCC JCB デビットカード」の会員募集を始めるというもの。

デビットカードとは、発行金融機関の口座から直接引き落とされる決済です。

原則、利用したその場で決済されますが、時間をおいて引き落とされる場合もあるようです。

口座からの引き落としですから、口座残高が利用限度額になります。

残高があることを前提に利用しますから、クレジットカードのような審査、本人確認などの与信も必要ありません。

発行する銀行などに口座さえあれば、利用できるわけです。

今回、華南銀行で発行されるデビットカードには、日本のsuica、pasmoなどにあたる交通系の電子マネーTSCCが搭載されます。

日本と同様に、地下鉄、バスのほか、コンビニ、カフェなどでもTSCCが利用されているそうです。

さらに、JCBプレシャスのサービスを付帯しているのが注目です。

JCBプレシャスとは、台湾で発行されるJCBクレジットカードの最高位(プラチナのさらに上)にあたるもので、国際空港への送迎や、ホテルの食事の優待などのサービスを受けられるそうです。

台湾で華南銀行の口座に資産をもつ富裕層の方には、喜ばれそうなカードですね。


国内では銀行などの金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして利用できるJ-Debit(ジェイ デビット)や、VISAブランドのVISAデビットのサービスがあります。

ちなみに日本でも、日興證券(現・SMBC日興證券)の口座保有者を対象としたVISAデビットカードが、VISAプラチナカードと同等のサービスを付帯していたことがありました。

イチロー選手が募集広告に登場していましたので、記憶にある方もいるかもしれませんね。

利用者が少なかったのか、合併にそなえてリストラが必要だったのか分かりませんが、早々にサービスを終了してしまいました。

今回の、JCBによるデビットカードの展開は、JCBブランドとして世界初となるほか、日本を含む、台湾以外の国・地域でも展開を検討しているとしています。


アベノミクスは雲行きが怪しくなってきましたが、再び経済の上昇気流を巻き起こしていくならば、それに乗じて台湾と同様のサービスを開始する金融機関が出てくるかもしれませんね。

日本でいえば「JCB ザ・クラス」なみのサービスが与信なしで・・・ということになりますから期待大ですね。



ニュースリリース
「JCB、グローバル市場でデビットカードの展開を開始」
http://www.jcbcorporate.com/news/seq_1985.html


posted by Ken at 13:16 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

ネット用カードに最適 「カードレスVisaデビット」 入会審査なし 本人確認なし JNB(ジャパンネット銀行)から(後編)



ネット利用に最適なカード「カードレスVisaデビット」が好評です。入会審査なし、本人確認なし。JNB(ジャパンネット銀行)が発行します。

2013-05-31-13-48-29.jpg

前回は、ジャパンネット銀行の発行する「カードレスVisaデビット」の概要を説明しました。

今回は、予告したとおり「利用申し込み」と「カード番号の発行」を実際にやってみましょう。

手元に用意していただきたいのは、トークン。

口座開設後、手元に送られてきているはずですね。

110114_img01.gif

では、始めましょう。

まず、ジャパンネット銀行のホームページにアクセスします。

http://www.japannetbank.co.jp/



1. 上のタブにある「Visaデビット」をクリックします。

2013-05-31-7-35-36.jpg


2. 下にスクロールして「サービスに申し込む(ログイン)」をクリックします。

2013-05-31-7-37-02.jpg


3. 店番号、口座番号、ログインパスワードを入力してログインします。

2013-05-31-7-38-09.jpg


4. 「Welcome Page」の中ほどにある、「Visaデビット」をクリックします。

2013-05-31-7-44-26.jpg


5. 左上の「サービス利用申込」をクリックします。

2013-05-31_0747.png


6. 利用規定を確認して「同意して申し込む」をクリックします。

2013-05-31_0749.png


7. 「利用申し込みが完了しました。」と表示されれば手続き完了です。
続けてカード番号を発行してみます。「カード番号発行画面へ」をクリックします。

2013-05-31_0750.png


8. トークンを確認して、ワンタイムパスワードを入力します。下の「申告事項」を確認して「カード番号発行」をクリックします。

2013-05-31-7-52-30.jpg


9. カード番号が発行されました。有効期限とセキュリティーコードも表示されます。

2013-05-31_0754.png


10. 「カード番号照会・変更」の画面です。

2013-05-31_0759.png


11. 「利用明細一覧」の画面です。

2013-05-31-7-58-03.jpg


ご覧の通り、申し込み、カード番号発行とも、あっけないほど簡単にできます。

4つまで番号を発行できますし、番号の変更、利用の停止・再開も自分でできます。


カードを利用する際に、名前はどのように入力したらいいのでしょうか。

FAQを見ると、カード名義については、

「JNBカードレスVisaデビットをご利用になるお客さまの姓名を入力してください。」とあります。

従来のクレジットカードと同じように使えるということですね。


ちなみに、私の口座残高は447円しかありませんでした。

10円以下の決済には使えないようですが、少ない残高でも利用可能です。

ぜひ、お試しください。


ジャパンネット銀行に口座をお持ちでない方は、まず口座開設から。

ジャパンネット銀行口座開設ページへ







posted by Ken at 00:00 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

ネット用カードに最適 「カードレスVisaデビット」 入会審査なし 本人確認なし JNB(ジャパンネット銀行)から(前編)



ネット利用に最適なカード「カードレスVisaデビット」が好評です。入会審査なし、本人確認なし。JNB(ジャパンネット銀行)が発行します。

2013-05-31-7-35-36.jpg

ネットでの買い物にクレジットカードを使うことに抵抗がある方は、まだ多いようです。

セキュリティーの不安があったり、使いすぎが心配だったり。

代引きを選ぶ人もいるかもしれませんが、毎回手数料を払うともったいないですよね。

そもそも、クレジットカードを持っていないので不便を感じているという人もいるかもしれません。

そんな方々にお勧めのサービスが登場しています。

申し込みも簡単で、入会審査なし、当然本人確認もありません。

年会費も無料とくれば、使わない手はありませんよね。

準備することはただ一つ。

JNB(ジャパンネット銀行)に口座を作ること。

口座さえあれば、年齢・職業も問わず誰でも使えるのです。

高校生でさえ、Visaで支払いができるというのですから驚きです。


でも、使い方が難しそうという方に、簡単に仕組みを説明すると、

まず、JNB(ジャパンネット銀行)のホームページでカード番号を発行します。

買い物の際に、発行したカード番号とカードの期限、必要に応じセキュリティーコードなどを入力して決済します。

代金は、JNB(ジャパンネット銀行)の自身の口座から、原則として即時引き落とされます。

たったこれだけ。


では、「カードレスVisaデビット」の特徴をご説明しましょう。

原則Visaマークのある加盟店で利用することができます。

一度発行したカード番号は5年間有効です。

さらに、カード番号は4つまで発行することができ、途中で番号を変更することもできます。

1つの番号を複数の店舗で使うことができますし、

利用限度額は、カード番号をすべてあわせて一日100万円まで。

口座残高の範囲で買い物をすることができます。


さて、次回は「利用申し込み」と「カード番号の発行」を実際にやってみます。


ジャパンネット銀行に口座をお持ちでない方は、まず口座開設をしてお待ちください。

ジャパンネット銀行口座開設ページへ




posted by Ken at 00:00 | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。