スポンサードリンク




2012年10月15日

シティカード オンラインがおかしなことになっています

Citi Cardsのオンラインサービスである「シティカード オンライン」が、この土日で新システムに移行されました。

2012-10-15_0511.png

大きな変更点は、ダイナースカードのオンラインサービスである「サイバーアベニュー」が、「シティカード オンライン」に統合されたこと。

私はDinersとCiti両方のカードを持っているので、どんな具合かと思ってさっそくログインしてみましたが、いやはや、、わけの分からない、おかしなことになっています。

ひどすぎる点をいくつか見てみます。

試したのは今朝、当然ですが午前。ところが、「前回ログイン日は午後?」。
一度ログアウトして、再度ログインした結果です。

2012-10-15_0413.png


ログインした画面に、所有しているカードが並ぶのですが、持っているカードは2枚のはずなんですが・・・

2012-10-15_0414.png


ダイナースクラブカードが2枚出ていますが、以前にカード番号の漏洩事件があった際に再発行してもらっています。

上が旧カード、下が新カード。

その際にカード引落しの内容は新カードに移行手続きをしたのですが、東京電力だけあえて手続きせず残しました。

実際には、ダイナースカードが自動的に新カードでの引き落としをしてくれているのですが、

旧カードにも利用金額が出てるってどーいうことなんでしょう??

その下、シティエリートはこのブログにも書いたとおり、クラシックカードのサービスが終了して、シティカードが自動的に切り替えてくれたカード。実際に今、メインで使ってます。

http://greenhand.seesaa.net/article/283435526.html

シティゴールドカードは10年前に、「ダイナースカードをお持ちの方にお試ししただいています」と送られてきたもので、1年ほど使って解約したもの。

下を見るとご丁寧に、

2012-10-15_0427.png


「* すでにご退会されたカードも合わせて表示されます。なお、既にサービス終了しているカードに関しましてはご入会時のカード名称から変更されている場合があります。」

なんて書いてありますが、持ってないカードまで出てきたら使いづらいじゃないですか!!

「ご利用明細」と書いた項目の下に、カードの下4桁が書いてある意味も不明です。

さらに、利用明細を見てみると、

2012-10-15_0420.png

えっ、しょっぱなからエラーが出た。。ログアウトまでされてしまう始末。

気を取り直して再度見てみると、ちゃんと出ましたが、、、、

2012-10-15_0422.png

前回のお引き落日:2012年10月12日
次回のお引き落日:2012年10月10日??

実際には、10月10日に引き落とされたのが直近。

まったく意味が分かりません。

米国側で作業をしているのでしょうから、日本語の不備は仕方ない(仕方なくないか!)としても、こんな状態でサービスインしてしまうのはどうなんでしょうか。

もっとも、日本では考えられないというだけで、世界ではもっとおおらかなのかな。

時間なくなっちゃったから、とりあえずサービスインして、使いながら直しましょうみたいな・・・

世界の金融をリードする米国の大手がこれでは困ります。

改悪どころか、サービスの体をなしてませんよ、、、








posted by Ken at 05:32 | Comment(1) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

「プラスEX(イーエックス)」サービス JR系以外のクレジットカードでも 10月9日(火)スタート!

ついに、JR系以外のクレジットカードでも東海道新幹線を便利に利用できるサービスが開始されます。

2012-10-03_0551.png

サービスの名前は「プラスEX(イーエックス)」サービス。

従来の新幹線の予約がネットからできて、チケット発行不要でIC乗車券が利用できるEX(エクスプレス)予約、EX-ICと同等のサービスです。

残念ながら東海道新幹線専用のサービスですが、それでも利用者にはうれしいニュースです。

ずっと使ってみたいサービスでしたが、JR東海の「エクスプレス・カード」またはJR西日本「J−WESTカード(エクスプレス)」に入会する必要がありました。

カードを申し込んでもよかったのですが、そのうち手持ちのカードでも使えるようになるはず、と信じて何年経ったことでしょう?

携帯電話やパソコン、スマートフォンを使い、オフィスや自宅、移動中でも、新幹線指定席の予約・変更ができる点は同じ。

また、EX予約とセットで、乗車時にICカードを改札機にタッチするだけで乗車できるEX-ICサービスも魅力でしたが、プラスEXサービスで発行されるプラスEXカードを使用して同じように利用できます。

その他、予約時にシートマップから座席を選べたり、手数料なしで何度でも予約を変更できるサービスもEX予約と同様です。

また、EX-ICと同じく、TOICA、Suica、ICOCAなどのICカードとプラスEXカードを重ねて改札でタッチすることで在来線との乗り換えもスムーズ。

今回、対象となるのは以下のカード会社が発行するクレジットカードです。

・ジェーシービー
・三井住友カード
・三菱UFJニコス
・トヨタファイナンス

ジェーシービーでは「プラスEX スタートキャンペーン」として、非売品の「300系新幹線量産先行試作車モデル」の鉄道模型などが抽選で当たるキャンペーンもあるようです。

2012-10-03_0606.png

鉄道ファンには魅力的なプレゼントですね。

一部には利用できないクレジットカードもあるようですのでご注意ください。

利用できるカードは順次増やす予定とのことですので、今回対象のカードを持っていない方もあきらめずに待ちましょう。

「プラス・ナビ」の「プラス EX カードナビ」で申し込み可能なクレジットカードかどうかを診断できます。

http://plus-ex.jp/plus_navi/

サービスの開始は10月9日。

「プラスEX」のサービスを利用するには申し込みが必要です。入会受付も同日から開始されます。

年会費525円が必要です。


プラスEX ホームページ
http://plus-ex.jp/top.php

プラス・ナビ
http://plus-ex.jp/plus_navi/

EX予約 ホームページ
http://expy.jp/top.php

JR東海 ニュースリリース
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001068.html

posted by Ken at 06:22 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

ネット用決済カード 本人確認、審査なしのクレジットカードなどが人気

ネット用決済カードを賢く利用しましょう。本人確認、審査なしのクレジットカードが簡単に作れることをご存じですか。

ネット通販やネット上のサービスを利用する機会が増えるにつけ、クレジットカードの使用がどうしても増えてきます。

でも、個人情報の漏洩が心配、ついつい使いすぎてしまう、クレジットカードの申し込みが面倒など悩んでいる方も多いのでは。

クレジットカード大手のライフカードが発行する「Visaバーチャルプリペイドカード(Vプリカ)」はネットのみで使えるバーチャルなクレジットカード。

2012-09-26_0722.png

Visaオンライン加盟店で使用できます。

ネット上で簡単に申し込むことができ、その場で発行、もちろん本人確認、審査はありません。

使い方は簡単です。

1. まず、アカウントを登録します。

メールアドレスを登録し、メールで送られてくるURLから必要事項を記入するだけ。

・ニックネーム
・名前
・性別
・生年月日
・居住地(都道府県のみ)
・電話番号
・パスワード
・秘密の質問のみ。

一般のクレジットカードにくらべて、とても簡単です。

2. アカウントの登録が済めば、あとは必要なときにネットで申し込みをします。

驚いたことに、Vプリカの使用時には上で登録したニックネームを使用できるのもクレジットカードとちがうところ。

名前を出したくない、匿名で使いたいという要望にも応えます。

サイトにログインして、金額(3,000円〜29,000円)、カードのデザイン(画面に表示されるデザインだけで使用上の意味はありません)を選んで購入します。

3. 前払いの支払いになるので、クレジットカード、コンビニ、銀行振込から選択します。

クレジットカードでの支払いって何か矛盾しますね、、、

銀行振込はペイジーにも対応しているので、その場での決済も可能です。

4. カード番号、期限、そしてニックネームが発行されるので、普通のクレジットカードで買い物をするのと同様に入力すると支払いが完了します。

Vプリカはコンビニでも購入できます。コンビニ店頭の端末で発行コードを受け取って、サイトで手続きをすると使えます。

2012-09-26_0723.png

Vプリカは航空券など、購入した品物を受け取る際にカードの提示が必要な取引には使えませんのでご注意ください。なんせ、カードがありませんからね。

それと、ニックネームではじかれてしまうサイトもあるようです。姓と名があることを前提にチェックしているのかもしれません。

詳しくは「ご利用に関するご注意」をよく確認してください。

ニックネームで使い、カード番号も都度発行なのでセキュリティーはバッチリ。

前払い式なので使いすぎも防げます。

クレジットカードより簡単に申し込めるので、気軽に利用できます。

クレジットカードを使っていた人が、年会費がもったいないから解約して、Vプリカに乗り換えたなんて話も聞いたことがあります。

私も一度使って満足したきり放置していましたが、あらためて使ってみようかな。

Vプリカ ホームぺージ
http://vpc.lifecard.co.jp/index.html
posted by Ken at 07:45 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

三菱UFJニコス プラチナカード 明大と学生、OBを対象に発行

三菱UFJニコスが、明治大学の学生や卒業生を対象に、プラチナカードを発行するそうです。

2012-09-19_0716.png
http://www.cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_platinum/index.html?bid=a_pc_apply_list

卒業生も図書館を使えたり、結婚式に学長から祝福のメッセージが届くなどの特典があります。

国際ブランドはアメックス。申し込み制で10月1日から募集。

情報は今朝、9月19日の日経新聞朝刊に記事が掲載されているのみで、三菱UFJニコスのニュースリリースは見当たりません。

詳しいことは10月1日の募集が開始されないと出てこないのかも。

明治大学にはもともと、JCB、三井住友カード、クレディセゾン、三菱UFJニコスと提携して「明治大学カード」と、JCB以外の上記と提携している「明治大学学生カード」があります。

今回のプラチナカード発行は、想像ですが、おそらく三菱UFJニコスが提携しているカードを発展させたものなのではないでしょうか。

「明治大学カード」は大学卒業生やその父母も発行対象で、それなりの属性も期待できますから、審査を通過してプラチナカードが発行される可能性は高いでしょう。

学部学生を対象にプラチナカードが発行されるのかは疑問ですが、両親の属性や、将来性を担保に発行されることもあるのでしょうか。

注目されるのは、他のカード会社の動き。同じような囲い込み戦略広がるかもしれません。

となると、他大学の学生や新卒者もプラチナカードを取得するハードルが下がってくるなんてことがあるかもしれません。

注意して続報を待ちましょう。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

明治大学カード
http://www.meiji.ac.jp/mcard/index.html
posted by Ken at 07:24 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

「りそなVIsaデビットカード」の案内が届きました

りそな銀行から、「りそなVIsaデビットカード」の案内が届きました。

りそなVIsaデビットカード」の1周年記念キャンペーンの一環で、今申し込みをするとJALのマイレージバンクのマイルを300マイル、もれなくプレゼントしてくれるようです。

2012-08-03_0819.png
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/hiraku/visa_debit/index.html

もう、1年ですか。カードの機能よりデザインがきれいなので、興味はあったのですが切り替えを先延ばしにしていました。

このカードの特徴は、

ICキャッシュカード
Visaデビットカード
JALマイレージバンク(JMB)」

3つの機能が1枚になっていることが特徴です。

「Visaデビットカード」はあまりなじみがありませんが、Visa加盟店であればクレジットカードと同様に使用できます。

ただ、クレジットカードと異なるのは、即時に銀行口座から引落しになること。逆に銀行口座の残高が足りなければ精算できないので使えません。

銀行でお金を下ろす手間が省けて、現金を持ち歩く必要がありません。クレジットカードを使いたくないという人にも、使いやすい仕組みです。

このような仕組みから、カード会社のリスクがほとんどないので、想像するに審査も簡単で作りやすいカードなのではないでしょうか。

「JALマイレージバンク(JMB)」は日本航空のマイレージのシステム。本来マイレージは、飛行機に乗ってためるものですが、このカードの「Visaデビットカード」を使用して買い物をすることで、ショッピングご利用金額200円ごとに1マイルが加算されます。

また、「Visaデビット」でJALグループ便航空券ご購入の場合、マイルが2倍加算されます。

もちろん銀行のキャッシュカードとしても利用でき、「ICキャッシュカード」ですのでセキュリティーも一段上。さらに、りそな銀行では生体認証に対応しているので、対応店舗では生体認証も利用可能です。

初年度無料ですが、年会費が1,000円。これをどう考えるかですが、気軽に使えるカードがほしい人にはおすすめではないでしょうか。
Image0006.JPGImage0007.JPGImage0008.JPGImage0009.JPG
posted by Ken at 08:28 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。