スポンサードリンク




2013年03月30日

トレーディング用パソコン マルチ画面のディーリングルームを kabuパソ カブドットコム証券から

トレーディング用パソコンで、マルチ画面のディーリングルームを手に入れる。kabuパソがカブドットコム証券から提供されます。

2013-03-29_0746.png

http://www.twotop.co.jp/kabudotcom/icon

ニュースなどで、ディーリングルームでのディーラーたちが、いくつもの画面に向き合ってトレードする姿をよく見ます。

便利だろうな、自分もマルチ画面で取引してみたいなと、思ったことのある人も多いことでしょう。

2画面くらいならば、そんなに手間はないので簡単にできますが、それ以上となると難しいと感じますよね。

ところが、自宅で簡単に、マルチ画面のディーリングルームを手に入れられるのが、今回の企画です。

カブドットコム証券が、ツートップブランドでおなじみのユニットコムと組んで、kabuパソを誕生させました。

2画面、4画面、6画面の3種類のモデルから選択することができ、kabuステーションなどのトレーディングツールもサクサクと動く性能です。

スペックは、

2画面モデル:
Core i3-3220、メモリー 8GB、HDD 1TB、DVD マルチドライブ

4画面モデル:
Core i5-3570、メモリー 8GB、ハードディスク 1TB、DVD マルチドライブ

6画面モデル:
Core i7-3770、メモリー 16GB、SSD 120GB、ハードディスク 2TB、DVD マルチドライブ

パソコンのケースの形状も、画面数が多くなるほど、大きくなります。

OSには、Windows 8 Pro 64bit版がインストールされています。

そして、肝心のディスプレーには、PC用ディスプレーでは定評のある、iiyamaの21.5インチディスプレーがセットされています。

キーボード、マウスはワイヤレスですし、電源タップや、ディスプレーを設置する金具も用意してくれます。

注文すれば、設置とセットアップはユニットコムが行い、24時間サポート。

操作に迷ったら、カブドットコム証券のサポートが、遠隔操作でサポートしてくれるという充実ぶりです。

ここまで整っていれば、価格相応かそれ以上の価値があると思いますよね。

アベノミクスのおかげで、市場は好調ですから、最新のトレーディング環境を手に入れれば鬼に金棒!!こわいものなしです。

あとは、あなたのトレード次第。

システム代金なんて、すぐに元がとれるかも?!


4月12日発売、価格は、2画面 109,8005円、4画面 173,800円、6画面 259,800円。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
よろしければ右の”顔入りの「いいね!」”もしていただけるとうれしいです!!


kabuパソ 販売サイトで見てみましょう!
http://www.twotop.co.jp/kabudotcom/
icon

posted by Ken at 00:00 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

マイクロソフト Surface(サーフェス) Microsoftの自社タブレット Windows RT搭載で来月にも日本登場

マイクロソフト Surface(サーフェス)、Microsoftの自社タブレットがWindows RT搭載で来月にも日本に登場するようです。

2013-02-24_0637.png

いよいよ、Surface(サーフェス)がやってきます。

日本の国内パソコンメーカーに配慮して、国内への投入が先延ばしになっていたマイクロソフトの自社端末。

Windows 8、Windows RTが搭載された、各メーカーの端末は発売されているものの、やはりMSの自社端末が気になっていた方も多いことでしょう。

気になる価格は、日経新聞の推測として、5万円弱と報道されています。

日本への投入は、Windows RTモデルとなる見通しのようです。

Windows 8を導入した方は多いと思いますが、Windows 8とRTの違いは、と問われると返答に困りますよね。


GIZMODO(ギズモード・ジャパン)の記事によると、

「Windows RTとフルのWindows 8は、一見ほとんど同じなのに、できることにはiOSとOS Xくらい大きな差がある」

http://www.gizmodo.jp/2012/10/windows_rt.html


BTOパソコン.jpでも、

「WiiとニンテンドーDSくらい違う」

http://bto-pc.jp/btopc-com/select/windows8-windows-rt.html

としています。

このあたり、きちんと把握していないと、せっかく買ったのに失敗した、、ということになりかねません。


一番のポイントは、これまでのWindows用ソフトウェアは動かない可能性があるというところになるでしょうか。

MS Officeは標準搭載されているので問題なしとしましょう。

でも、これまで慣れ親しんできたソフトが動かないのは痛いですよね。

RT用のソフトは、基本的にWindows Storeからの入手となるようです。


また、ビジネス用途では、ドメインに参加できない、RTにはOutlookがない、などの注意点があります。

マイクロソフト自身も、これらの違いについて説明するコンテンツを用意していますが、遠回しというか、これができない、とはっきり書いていないので分かりづらい。


Windows RT: よく寄せられる質問
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/windows-rt-faq


あなたに最適な Windows は?
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/compare


メリットは、キーボードやマウスも使えるので、一般のタブレットと比較すれば使いやすそう。

ネットサーフィンやメールの利用が多い、という方は試してみる価値があるかもしれませんね。

Windows 8の販売は不調と伝わってきていますが、新たな起爆剤になるでしょうか。

登場が待ち遠しい!!期待して待ちましょう。


posted by Ken at 06:57 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

27型WQHD(2560X1440)の大画面液晶ディスプレーが欲しい

2012年12月20日更新
こちらの記事を元にサイトを作りました

「2560 X 1440 WQHD ディスプレー 特集」
http://wqhd.web-site.jp/


先日、以下の記事を読みました。

ASCII.jpxデジタル
「フルHDはもう狭い!? 至高の27型WQHD液晶で広々大画面」
http://ascii.jp/elem/000/000/716/716110/#ixzz23a29mN00

それ以来、27型WQHD(2560X1440)の大画面液晶ディスプレーが気になって仕方ありません。

今、使っているノートPCの画面の解像度は1024X768です。

横幅で約2.5倍、縦も2倍弱になるわけですから、どれだけ快適になることか。

ところで、2560X1440をWQHD(Wide Quad HD)と言うようですが、他はあまり気にかけたことが無かったものの気になりだしました。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

PCハードウェア 初心者の館
ディスプレイ(モニター)の性能説明
http://homepage2.nifty.com/kamurai/Display.htm

VGA 640X480

SVGA 800X600

XGA 1024X768

SXGA 1280X1024

あたりまでは、なじみがありましたが、ワイド液晶が出てきたあたりからはまったく知りません。

そういえば、ワイド液晶になってから、Windowsのデスクトップが変に広くなることに違和感があって毛嫌いしていたことを思い出しました。

27型のディスプレーは、フルHDと呼ばれる1920X1080のものは割安ですが、2560X1440はここ最近充実してきていて、今後投入されるモデルもあるもののまだ割高に感じます。

ところで、現在ディスプレーを2台使っています。

1台は、もう一つのノートPCにつないでいるMITSUBISHI Diamondcrysta RDT156Vというモデル。

もう1台は、サーバーにつないでいる、同じくMITSUBISHI DiamondcrystaのRDT152eというモデル。

あらためて見てみると、2台とも15型ですから、環境の進化が止まっていることにビックリです。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/rdt152e/index2.html
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/rdt156v/index2.html

新ディスプレーの購入資金の足しになるかと、Sofmapの買取値段を調べてみたら、2台とも500円でした。
値段がつくことにビックリですが、箱も取説もないのでいくらにもならないでしょう。

さて、最初の記事中に紹介されているディスプレーと、候補になりそうなものを加えてをピックアップしておきます。

EIZO
http://www.eizo.co.jp/products/lcd/index.html

Flexscan

SX2762W-HX 直販価格 124,800円
EV2736W-FS 直販価格 89,800円(2012年10月31日発売)

Dell
http://accessories.apj.dell.com/sna/productdetail.aspx?c=jp&l=ja&s=dhs&cs=jpdhs1&sku=210-40777&~ck=bncat&~bk=gr:CategoryRec_default,g:MostPopular,rk:

U2713HM 直販価格 49,980円

HP
http://h50146.www5.hp.com/products/workstations/monitors/zr2740w/

ZR2740w 直販価格 65,100円

日本サムスン
http://www.samsung.com/jp/consumer/computersperipherals/monitors/lcd

S27A850D 56,424円(価格.com最安値)

2012年12月20日更新
こちらの記事を元にサイトを作りました

「2560 X 1440 WQHD ディスプレー 特集」
http://wqhd.web-site.jp/


タグ:2560x1440 WQHD 27型
posted by Ken at 13:08 | Comment(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。