スポンサードリンク




2012年10月27日

iRig KEYS、出荷開始! IK Multimediaから 日本国内は、11月1日(木)には出荷開始予定

iRig KEYSがいよいよ出荷開始!です。

2012-10-27_0620.png

日本国内は、11月1日(木)には出荷開始予定とのこと。

店頭やApple store等で買えるのも11月1日からになりそうです。

うれしいことに、iPhone 5で使えることも明記されています。

ただし、Lightningコネクタを30ピンアダプタに変換する必要があります。

Apple store等で購入できますので忘れずに準備しましょう!



価格は、10,480円。Windows 8への対応は明記されていません。


IK Multimedia News
iRig KEYS、出荷開始に。
http://www.ikmultimedia.com/news/?item_id=1626

対応機種情報
http://www.ikmultimedia.com/products/irigkeys/index.php?pp=irig-keys-specs

posted by Ken at 06:40 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

IK Multimedia SampleTank 2Lが2,500円 IK「即買い」プロモ

IK Multimediaから、またもビックリの価格情報です。

2012-10-25_0657.png

あの、SampleTank 2Lが、期間限定で約2,500円で登場しています。

SampleTank 2Lとは、ドラム、ベース、ピアノ、オルガン、シンセ、オーケストラからループまで、349音色を収録したソフトウェア音源。

2.1GBにも及ぶ、音源が付属してくるのですから買わない手はありません。

AU/RTAS/VST/スタンドアローンなど様々なシチュエーションに対応するので、アイデア次第で十二分に楽しめます。

収録される音色は以下の通り。

・Sample based sounds (parent): 349
・Preset sounds (child): 580
・Combi sounds (combi): 189
・Total sounds: 1,118
・Total size: 2.11 GB

・Bass:26 instruments, 51 variations
・Brass:15 instruments, 34 variations
・Acoustic Drums:24 instruments, 125 variations
・Electronic Drums:14 instruments, 37 variations
・Ethnic:12 instruments, 52 variations
・Acoustic Guitar:5 instruments, 12 variations
・Electric Guitar:18 instruments, 69 variations
・Loop:4 instruments, 68 variations
・Orchestra:14 instruments, 33 variations
・Organ:9 instruments, 25 variations
・Percussion:85 instruments
・Piano:16 instruments, 32 variations
・Strings:18 instruments, 38 variations
・Synth Bass:9 instruments, 11 variations
・Synth Drumkit:1 instrument, 1 variations
・Synth FX:3 instruments, 1 variation
・Synth Lead:10 instruments, 12 variations
・Synth Pad:23 instruments, 13 variations
・Synth Percussion:2 instruments
・Synth Piano:5 instruments, 4 variations
・Vocals:7 instruments, 13 variations
・Winds:13 instruments, 28 variations

2012-10-25_0703.png

10月31日(火)までの期間限定ですので、早めに手に入れましょう。

※iRig KEYSにはSampleTank 2Lのライセンスが同梱されています。

SampleTank 2 製品ページ
http://www.ikmultimedia.com/products/sampletank/

posted by Ken at 07:09 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

iGrand Piano for iPad ぜい沢なピアノ音源アプリ IK Multimediaから

IK Multimediaから、今度はぜい沢なピアノ音源アプリ、iGrand Piano for iPadが発売です。

2012-10-18_0355.png

iRig KEYSの発売開始を待っていたところに、またも魅力的な製品が発表されました。

コンサート音質のステレオ・マルチサンプリングの音源で、ピアノだけで18種類。

一般的なDTMソフト上で使うような、ピアノ・インストルメントにも引けを取らない品質です。

レイテンシーも感じないとありますから期待できますね。

MIDIから調節できるパラメータも備えていて、ある程度の好みの音は作れそう。

演奏できるピアノの種類は以下のとおり多彩です。

2012-10-18_0357.png

これだけじゃありません。楽しめそうなのが録音機能。

iGrand Pianoにはレコーダーが内蔵されているというのですから驚き。

メトロノームを設定して、クリック音にあわせて演奏できます。

タップテンポ機能で、簡単にテンポを決めることもできます。

Overdub(オーバーダブ)機能で、すでに録音したテイクに重ねて録音することも可能。

クオンタイズの機能も備えているので、多少のリズムの乱れは修正できます。

ここまでできちゃっていいの?!と思うくらい十分遊べますね。

製品を購入して付いてくる音源は7種類だけですからご注意ください。

ボーナスでもらえたり、iRig MIDIとiRig KEYSを持っていると追加でもらえたりと、オプションで音源を入手できるようです。いろいろ書いてあって理解しきれない。。

購入後に、もっとそろえたければ「Piano Expansion Pack」「Upgrade to Full Version」といったパッケージも用意されていて、音源を増やしていくことができる仕組み。

何だか、AmpliTubeと似た商売ですね。

価格は、15.99ユーロ、だいたい1,600円くらいでしょうか。いつもながらお手頃価格です。

なお、iGrand PianoにはFree版もあり、機能制限付きながら2種類の音源が付いてくるので、購入前に十分にチェックできます。

iRig MIDIやiRig KEYSと組み合わせたら、ホントにシンプルだけど十二分に満足なシステムができあがりますね。

電源さえ確保できれば、どこでも本格的なピアノの音を聴かせられます。

演奏の機会も自然と増えるのではないでしょうか。

しかし、iRig KEYSまだプレオーダーになってるのはどうしたのだろろうか?



主な機能:

・8つの ベロシティー・レイヤー対応でワールドクラス音質のステレオ・グランド・ピアノ、アップライト・ピアノ・インストゥルメント(うち1つはアプリを製品登録することによって使用できるようになります)。 iRig KEYSとiRig MIDIをお持ちで、製品登録されているとさらにボーナスとしてもう1つピアノ・インストゥルメントを利用できるようになります。
・無料のFREE版には、音域が制限された2つのピアノが収録。製品版の機能へとアップグレードすることができます。
・9つのスタジオ音質のインストゥルメントをアプリ内から購入して、ライブラリー拡張することが可能。
・Ambience(アンビエンス)、Lid(ふた)、Brightness(明るさ)、Release(リリース)、Tuning(チューニング)、Transpose(トランスポーズ)などの直感的に操作可能なコントローラー。
・オーバーダブ録音も可能なMIDIレコーダー機能。
・演奏をEメール添付やファイル共有、アプリ間でのオーディオ・データをコピーすることが可能。
・クリックのボリューム調整とテンポ調整が出来る、視認性に長けたメトロノーム。
・簡単操作のインストゥルメント・エディター(アンビエンスや音色などを調整可)。
・バーチャルMIDIとMIDIプログラムチェンジに対応。
・リアルタイム演奏でも快適な低レイテンシー設計。
・ポータブルMIDIキーボードiRig KEYS、iRig MIDIインターフェースももちろん対応。
・無料のFREE版もご利用いただけます。


IK Multimedia 製品ページ
http://www.ikmultimedia.com/products/igrandipad/


2012-10-18_0715.png
5年間ありがとうございました!販売終了セール期間限定!
ご優待価格にて手にできるチャンスです!



posted by Ken at 04:18 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

iRig STOMP 国内出荷開始!

IK Multimediaからまたも興味をそそられる製品が出ました。

2012-09-21_0730.png

iRigのSTOMPバージョンである「iRig STOMP」。

iRigを従来のエフェクターのようなインターフェースから使えるようにしたものです。

エフェクターをすでに使っていて、iRigも使いたい場合には一体化できるので非常に使い勝手がいいです。

エフェクターではおなじみの9Vの電池を使っていて、iRigの音質もよくなる効果があるとか。

AmpliTubeで使うSTOMが、そのままリアルのエフェクターと並べて使えるわけですから、新しい世界が広がりますね。

今までiRigを練習や曲作りのみに使用していたものの、実際のライブでどう活用していいのかピント来なかった人も多いと思います。

iRig STOMを使えば、従来のエフェクター同様に使えるので、演奏スタイルに影響がありません。

ライン出力だけでなく、ヘッドホン出力もあるので練習やリハにも便利です。



iPhone、iPod touch、iPad用ギター/ベース・インターフェースの定番となったiRig。

進化し続けてます。


iRig STOMP 製品ページ
http://www.ikmultimedia.com/products/irigstomp/

→Amazonで見る
【正規代理店品】IK Multimedia iRig STOMP IKM-OT-000005

→楽天で見る
IK Multimedia iRig STOMP
posted by Ken at 07:45 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

iRig KEYSを発表 10% OFFで予約受付中

iPhone、iPod touch、iPadおよびMac/Windowsコンピュータで使えるユニバーサル・キーボード、iRig KEYSがIK Multimediaから発表されました。

iRig Keys_iPhone_ST.jpg

iRig関連製品は、どんどん充実してきていますが、ついに自前のリアルキーボードが出てきました。

Dockコネクタ用接続端子とUSB端子が装備されていて、各デバイスに簡単に接続できます。

消費電力も少なく、デバイスドライバのインストールも不要です。

iPhoneに、文字入力用のキーボードが接続されている絵はよく見ますが、こっちのキーボードが直接接続されている絵はあまり見たことがありません。

違和感がありつつも、おもしろそうです。

この秋発売予定で、価格は10,480 円(本体価格9,981 円)。今、予約すると10% OFFで購入できます。

気になるサイズは、

Size: 503mm x 120mm x 40mm (W x L x H)
Weight: 660g

主な仕様
・ベロシティ付きの37 鍵ミニ鍵盤(3 オクターブ+1 音)
・ピッチ・ベンド、モジュレーション・ホイール(CCアサイン可能)
・大型のボリューム/データ・ツマミ(CCアサイン可能)
・オクターブ・シフト、プログラム・チェンジ用のタッチ・ボタン
・4 つのセットアップを保存、呼び出しできるSETボタン
・サスティン/エクスプレッション・ペダル(別売)入力端子
・Core MIDI、USBクラス仕様に準拠し、iOS機器、Mac/PCでプラグ&プレイを実現
・iOS機器Dock接続端子とMac/PC USB端子を備え、バスパワーで動作
・無償のiPhone/iPadアプリを用意:SampleTank FREE + 48 ボーナス音色(App Storeでダウンロー
ド)
・Mac/PCソフトウェア音源ライセンス付き:SampleTank 2 L(IK User Areaでダウンロード)

買ってすぐ演奏を楽しめるソフトまで付いてくるのがうれしいですね。

秋に向けて楽しみが増えました。

IK Multimedia 製品紹介
http://www.ikmultimedia.com/products/irigkeys/

プレレスリリース
http://www.ikmultimedia.com/joomla/images/ik_images/news/news_attachments/JP_PR/irig-keys-pr-jp.pdf
posted by Ken at 06:00 | Comment(0) | IK Multimedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。