スポンサードリンク




2013年05月30日

タブレットみたいなPC マイクロソフト Surface(サーフェス) Pro 6月7日発売開始

PCみたいなタブレット「Surface(サーフェス) RT」が先行して発売されていましたが、今回タブレットみたいなPC「Surface(サーフェス) Pro」が6月7日発売されることが発表されました。

SurfacePro_01_Print.jpg

海外ではすでに発売されていますので、RTは見送って、Pro版をと思っていた国内ユーザーには朗報となりました。

Windows 8の販売不振が漏れ伝わってくる中、マイクロソフトを救う使命を帯びて投入される「Surface Pro」。

ところで、RTとProどう違うんだっけという方に説明しましょう。

Surface RTに搭載されているのは、Windows RTというタブレットに特化したOSでした。

バッテリーが長持ちするなど、省電力のメリットはありますが、Windowsストアからしかアプリを導入できないなどの制限がありました

Surface Proはというと、Windows 8 Proが搭載されています。

これまでのWindowsパソコンと変わらず、Windows 8に対応したソフトをインストールして使えるのが一番の違いです。

その他、ビジネスユーザーにはうれしい、ドメイン参加やリモート接続にも対応するのがRTとの違いです。

もちろん、RT同様にMS Officeもインストールされています。

タッチペンは付いてくるようですが、キーボードはオプションになります。


Surface Pro版のハードウェアスペックを見てみると、

CPUはIntel Core i5

メモリ 4GB

ディスプレー 10.6インチ

重量 約907g

ディスク容量は128GBと256GBから選ぶことが出来ます。


価格は、128GBモデルが99,800円、256GBモデルが119,800円


海外では、64GB版もあるようです。

このクラウド時代ですから、大容量のディスクはいらない気がしますね。

64GBでいいから、価格をもう少し下げて欲しい感じです。

SurfacePro_05_Print.jpg

さらに、気になるのが買うのが「今でしょ!」なのかどうか。

当ブログでも書いたのですが、年末にはWindows 8.1が登場することが、ほぼ間違いないようです。

そこで気になるのが「スタートボタン」の復活問題。

「やはり必要!」との声が多いようです。となると、Windows 8の特徴ともいえるタイル状のメニュー(モダンUI)の行方は、、という件も気になってきます。

もっとも、アップグレードは可能になるのでしょうから、今から使ってもいいとは思いますが。

もうひとつ言えば、タブレット利用者が増える中、Windowsが必要なの?という話。

AndroidもiOSも、アプリが充実してきてはいますが、ビジネスやパソコンで細かな作業をしようとなると、Windows対応のソフトを選ばざるを得ないケースが多いのが現実。

まだしばらくは、Windows PCを持ってかないと不便な状況があるだろうな、と思っています。
そういう意味では、Surface Proは立派に選択肢に入ってくるでしょうね。

iOSが元気をなくし、Androidが隆盛な中、Surfaceがどこまで食い込んでくるのか注目しましょう!


マイクロソフト 製品ページ
http://www.microsoft.com/surface/ja-jp

ニュースリリース
http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/May13/130529_surface_pro.aspx



posted by Ken at 13:33 | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

Windows 8にスタートメニューを付けてみた Windows 8.1では復活するかも

Windows 8にスタートメニューを付けてみました。Windows 8.1では復活するのでは、との予想もあるようです。

2013-05-24 8-03-28.png

Windows 8にして、モダンUI(パネル状のあれ)に手こずっている方も多いのではないでしょうか。

私も、「郷に入っては郷に従え」とばかりに、一所懸命慣れようとがんばってきました。

スタートメニューを知らなければ、不便に思うこともないのでしょうが、長年使ってきた身としては、やはり不便を感じざるを得ません。

そんなとき、目にしたのが下の記事。

「Windows 8にスタートボタンを追加、「Classic Shell 3.6.6J」日本語強化版」
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/10/238/index.html

フリーソフトですが、面白そう。

さっそく試してみました。


1. 下記のサイトからダウンロードできます。

電机本舗
【フリーウェア】Windows8にスタートボタンを付ける「Classic Shell 3.6.6J」

http://www.dnki.co.jp/content/view/145/1/

2. 「Download」をクリックすると、「Classic Shell (無印) 標準版」と「Classic Shell フルストップ版」を選ぶことができます。

後者には、「Windows8便利ユーティリティ」が入っているとのことなので後者を選んで「ダウンロードはこちら」をクリックします。

3. 名前とEメールアドレスの入力し、アンケートを記入して「送信する」をクリックします。

4. 3.で記入したEメールアドレスにダウンロードURLが記載されたメールが届きます。

5. ファイルをダウンロードし、メールに書かれているように拡張子(.exe)を追加します。

6. 5.のファイルを実行します。指定した場所にファイルが展開されて、「ClassicShell-Jxx.xxxxsp」のフォルダがてきます。

7. さらに6.のフォルダ内に、「ClassicShell-J」フォルダがあるので開きます。

2013-05-24 7-41-11.png

8. 「ClassicShell-J標準版.exe」をダブルクリックします。

2013-05-24 10-19-56.png

9. インストールされ、スタートメニューが表示されます。

2013-05-24 8-03-28.png

10. 初回スタートボタンをクリックすると、設定画面が表示されます。

2013-05-24 7-57-16.png

「Windows Classic」「Windows XP」「Windows Vista/7」のスタイルから選ぶことができます。「スキン」タブで、オリジナルのスタイルを選ぶことも可能です。

スタートボタンを右クリックすると、いつでも設定画面を呼び出すことができます。

メニューは「基本設定」の他、「フル設定」を選択すると、さらに多くの項目を設定できます。

ちなみに、スタートボタンは「ホタテ」のようなマークです。「Windowsライク」なボタンも用意されていますが、試してみたらあまり画像がきれいではありませんでした。


さて、スタートメニューを使ってみると、あーーなんと便利なのでしょう。

プログラムを実行するにせよ、コントロールパネルで設定するにせよ、再起動、シャットダウンまでも、あのモダンUIに遷移せずに実行できるのですから、操作が楽です。

さらに、うれしい収穫が2つありました。

ひとつは、Windows 8を入れてから、写真や動画などアイコンが変わりました。

開こうとすると、あのモダンUIに遷移して、何だか不便を強いられます。

デスクトップで並行して作業しようにも、簡単に行き来できません。

ファイルを開くときに、プログラムを選んで開いたりしていました。

ところが、今回一緒にダウンロードした、「Windows8便利ユーティリティ」を使うと一発で問題解消です。

「メトロアプリとの関係を切る」を実行すると、モダンUIに紐付けられたファイルが従来のプログラムで開けるようになるのです。


さらに、もう1点Windows 8にしてから頭の痛い問題がありました。

突然現れるブルースクリーン。

それもどうやら、Windows 8独自の仕様のため起こりやすくなるようで、「Windows8便利ユーティリティ」でWindows 7互換の設定に戻してやると解消する可能性があるようなのです。

家で、電源をつないで、LANケーブルをつないだ状態で使っているときには起こらないのですが、外出先でWi-Fi環境、バッテリー駆動だと、時々突然落ちてしまうことがあります。

特に、ブログなど書いていて、急に落ちてしまうと最悪。まめに保存するよう心がけているのですが、忘れているときに限って・・・というのがあるんですよね。

さっそく設定してみたので、様子見です。

2013-05-24 9-50-54.png

昔は、フリーソフトを入れてなんぼ、セキュリティーの問題も今ほど言われていなかったのでバンバン入れていました。

最近は、ごぶさたしていましたが、久しぶりに良いフリーソフトに出会いました。


Windows 8の改良版、Windows 8.1が年末にも配布されるようです。

スタートメニュー復活の要望は多いらしく、マイクロソフト幹部も可能性について言及しているようです。

先取りする意味で、試してみてはいかがでしょうか??

posted by Ken at 11:32 | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

終了間近!! Windows 8 特別価格 発売記念優待価格版 1月31日まで アップグレード版も 32bit 64bit 3,300円 ダウンロード





Windows 8 特別価格の発売記念優待価格版の終了が1月31日に迫ってきました。アップグレード版も同様で、32bit 64bitとも、3,300円という破格のダウンロード価格も間もなく終了します。



以前に、当ブログで、

「Windows 7 32bit版からWindows 8 64bit版へ ダウンロード版でクリーンインストールできた」
http://greenhand.seesaa.net/article/299965551.html という記事を書きました。

おかげさまで多くの方に読んでいただいています。ありがとうございます。

さて、Windows 8の特別価格も終わりが近づいていることに気づき、せっかく安いからもう少し?!買っておくことにしました。

何せ、2月からは、ダウンロード版は終了、パッケージ版は27,090円になるというのですから、指をくわえて見ている手はありません。(週間アスキーの記事による)

先日1台を、Windows 8にアップグレードして満足していましたが、予備機として眠っていたVistaマシーンと、iMac上の「Windows 8 Release Preview」も製品版にしておこうと、思い立ったのです。

特別価格のキャンペーンでは、1人3ライセンスまで購入できるとのことですので、ちょうど良い機会です。

いざ、前回と同じくiMacにインストールした「Parallels Desktop 8 トライアル版」で 動く「Windows 8 Release Preview」を使って購入しようとしましたが、

※詳細は「Parallels Desktop 8 で Windows 8 を動かしてみました」
http://greenhand.seesaa.net/article/299588254.html

困った問題が発生しました。

1つは、Microsoftから、「Windows 8 Release Preview」の90日間の有効期限が間もなく切れる、とメールが来たこと。

有効期限が切れる前に、Windows 8を買わなくてはいけません。

そもそも、このメールをきっかけに、買い増しを思い立ったのです。

もう1点の問題は、「Parallels Desktop 8」も試用期間が終了してしまって起動しないこと。

買おうかな、高いしなぁーと思いながら、Parallelsのサイトを見てみると、

ななな、なんと通常4,900円のアップグレード版が3,920円で買えるではないですか。

http://www.parallels.com/jp/store/

即、購入しました。通常版も、7,900円が6,912円とお買い得です。

期間限定なのか、理由もよく分かりませんが、興味のある方はお早めにどうぞ。

さあ、準備は整ったので、2ライセンス買うことにしました。

前回の記事では、購入後のダウンロードからの画面しか載せていないので、今回は、購入プロセスを順を追って見てみましょう。

1. 「http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy」を開き、「Pro を \3,300 でダウンロードする」をクリックします。



2. 「Windows8-UpgradeAssistant.exe」がダウンロードされるので、任意の場所に保存します。



3. 「Windows8-UpgradeAssistant.exe」をダブルクリックして実行します。
Windows8のロゴが画面上に現れ、「Windows 8 アップグレード アシスタント」が起動します。



4. 「互換性をチェックしています」の画面。少し待ちます。



5. 「チェックした結果です」の画面、「次へ」をクリックします。



6. 「引き継ぐ項目を選んでください」の画面。
今回はクリーンインストールなので「何も引き継がない」を選んで「次へ」。



7. 「お勧めの Windows 8」の画面で「注文」をクリックします。
ご覧の通り、32bitとか64bitの説明は出てきません。

あくまでも、「Windows 8 アップグレード アシスタント」を実行したシステムに準じたバージョンが購入されます。



8. 「ご注文を確認します」の画面で「確認」をクリックします。
DVDの注文もできますが、購入したバージョンと同じ、32bit、64bitのどちらか一方のみになります。



9. 「いくつかの処理を準備しています」の画面。少し待ちます。



10. 「請求先住所」の画面で、必要事項を入力します。「次へ」をクリックします。



11. 「支払い情報」の画面で、支払い方法を選びます。
「クレジットカード」と「PayPal」を選択できます。



12. クレジットカードを選んだ場合の「支払い情報」の画面。
必要情報を入力して、「次へ」をクリックします。



13. 「PayPal」を選んだ場合の「支払い情報」の画面。
「次へ」をクリックしすると、14. の画面に進んだあとで、PayPalのサイトに移動します。



15. 「注文の確認」の画面。確認して「注文の確定」をクリックします。



16. 「注文を処理しています」の画面。



17. 「ご注文ありがとうございました」の画面。
「次へ」をクリックするとダウンロードを開始します。



私はすでにダウンロードしたファイルがあり、プロダクトキーだけ欲しいのでここで終了。

もう一度、冒頭からの作業を繰り返して、無事2ライセンス購入しました。

このあとの、ダウンロードからISOファイルの作成などの続きは、

「Windows 7 32bit版からWindows 8 64bit版へ ダウンロード版でクリーンインストールできた」
http://greenhand.seesaa.net/article/299965551.html をご覧ください。





今なら、5,000円を切った価格で買えます!2万円値上げの前に購入しましょう!!


posted by Ken at 12:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Windows8をさらに快適に MV Pen Touch8 Windows8にアップグレードしたけどタッチパネルではないあなたへ

Windows8にアップグレードしたけど、タッチパネルではないPCを使い続けているあなた。

タッチパネルでないと意味がないからと、Windows8 PCを買うまでWindows8をがまんしているあなた。

2012-12-12_0627.png

もうタッチパネルをがまんする必要はありません。

Windows8を搭載したタッチパネル非対応のPCを、タッチ操作可能にしてしまう専用タッチペン、MV PenのTouch8が間もなく発売されます。

Windows7以前から、Windows8にアップグレードしたPCでも、もちろん利用可能です。

最大17インチのディスプレーまで、対応しています。

使用方法は簡単です。

付属の磁石接着板をPCのディスプレー横に取り付けます。

そこへ、ベースユニットを固定し、USBでPCに接続します。

キャリブレーションという、簡単な調整作業をすれば、すぐ利用できます。

Touch8のペン先は、押されると赤外線と超音波を発生し、ベースユニットがこれを感知します。

位置を計測して、画面に反映することで、タッチ操作を可能にします。

2012-12-12_0628.png

マウス代わりにタッチ操作できるだけでなく、ディスプレー上に、手書きする感覚で文字入力をすることも可能です。

画面をスライドさせたり、資料に書き込みをしたり、ペイントソフトやゲームで利用したりと、さまざまな場面で活用できます。


Touch8は2012年12月21日(金)から、一部の主要量販店で販売されます。

販売店舗は以下のとおり。

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップ、コジマ、他

価格は7,800円程度が見込まれています。

タッチパネルに投資することを思えばだいぶ安上がりです。

浮いた資金は、タブレットやスマホに回しましょう。



MV Pen 製品情報
http://www.mvpen.co.jp/touch8/

posted by Ken at 06:39 | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

Windows 7 32bit版からWindows 8 64bit版へ ダウンロード版でクリーンインストールできた

(2013年1月15日更新しました)

今使っている、Windows 7 32bit版からWindows 8 64bit版へ、ダウンロード版でクリーンインストールできちゃいました。

2012-11-01_2306.png http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy

以前の記事で、自分のPCに「100パーセントWindows 8をインストールできないことが分かりました。」と書きました。
http://greenhand.seesaa.net/article/299588254.html

アップグレードアシスタントの結果から判断したのですが、念のためググってみたら同じモデルのPCでインストールしたという記事がたくさん出てくるではありませんか。

じゃー、インストールしない手はありません。

さっそく、コンビニでWindows 8入門の雑誌を買ってきて、インストールを検討しました。

インストール方法の希望が3つ。

1. Windows 7は32bitで使用中ですが、Windows 8は64bitで使いたい。

2. アップグレードではなく、クリーンインストールしたい。

3. 3,300円のダウンロード価格で購入したい。


1.を満たすには、

アップグレードアシスタントを使用してダウンロード購入する際には、使用している環境に合わせたバージョンがダウンロードされます。

※上記 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buyの「Proを\3,300でダウンロードする」をクリックするとアップグレードアシスタントがダウンロードされ実行できます。

64bit版をダウンロードするには、64bitの環境でアップグレードアシスタントを走らせないといけません。

32bitの環境では、32bit版がダウンロードされます。

2. を満たすには、

クリーンインストールするためには、メディアに保存しなくてはいけません。

ダウンロードして、インストールファイルがどう保存され、そこからどう再インストールできるのかがよく分かりません。

3. を満たすには

ネット上の記事や、マイクロソフトのFAQなど見ても、32bitから64bitでアップグレードするには、DVD版を購入する必要があると書いてあります。

ダウンロード版より、かなり割高になるのでどうしようかと考えました。


結論から言うと、解決策はいたって簡単でした。

iMac上のParallels Desktopに入れたWindows 8 Release Preview は64bitでインストールしていました。
http://greenhand.seesaa.net/article/299588254.html

無茶かと思いつつ、Windows 8 Release Preview 上でアップグレードアシスタントを走らせてみると、、、

意外にもちゃんと進みます。

実際にWindows 8を購入してみると、64bit版がダウンロードされました。

ISOファイルを書き出せるので、DVDに焼いて完成です。

これでインストールすれば、64bitでインストールできます。

ということは、Windows 8 Release Previewか、7なりVista、XPの64bit版をインストールして、ダウンロードすれば64bit版が入手できるということ。

でも、PCを複数台持っていない限り、手間を考えるとDVD版を買ったほうが早いでしょうね。

実際にインストールするには、32bitのwindows上から実行するとエラーになるので、いずれにしてもクリーンインストールするしかないようです。

『週刊アスキー PLUS』
「Windows8アップグレード版でクリーンインストールは可能!? 」参照
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/114/114964/

せっかくだから、キャプチャーも取りたいし、32bit版のイメージも確保しておきたいなと思い、

購入時に送信されてきたメールのリンクから、Windows 7 32bit上でダウンロードしてみます。

制限があるのかどうか分かりませんが、別のPCを使用しても複数回ダウンロードできました。

ただし、プロダクトキーは64bit版をダウンロードした際のものと同じものが表示されました。

以下、32bit版のダウンロードの様子です。64bit版の購入後の画面も同じようなものでした。

(2013年1月15日更新)
もう一台、32bitから64bitのWin8にしたいPCがあったのと、iMac上のRelease Preview版も製品版にすべく、もう2ライセンス買い足しました。

何せ、2月からは、ダウンロード版は終了、パッケージ版は27,090円になるというのですから、指をくわえて見ている手はありません。(週間アスキーの記事による)

ダウンロードにいたる前の、購入方法からご覧になりたい方のために記事を新たに書きました。あわせてご覧ください。


「 終了間近!! Windows 8 特別価格 発売記念優待価格版 1月31日まで アップグレード版も 32bit 64bit 3,300円 ダウンロード 」
http://greenhand.seesaa.net/article/313518844.html


1. 「Windows 8をダウンロードしています」。




2. 「ダウンロードをチェックしています」。

すべて完了したら「次へ」をクリックします。




3. 「ファイルをチェックしています」。

すべて完了したら「次へ」をクリックします。




4. 「Windows 8のインストール」で「メデイアを作ってインストール」を選びます。

「次へ」をクリックします。




5. 「ISOファイル」を選んで、「次へ」をクリックします。

(インストールするPCが、USBからの起動をサポートしていれば「USBフラッシュ」に保存して、インストールすることもできます)




6. ISOファイルの保存場所を選択します。

ここでは、ファイル名を「windows8_32.iso」として保存しています。




7. 「ISOファイルを作っています」。

すべて完了したら「次へ」をクリックします。




8. 「ISOファイルをDVDにコピーします」。

プロダクトキーをメモしておきます。(購入時に送信されてくるメールにも書かれています)

保存場所が確認できます。

「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします。




9. 「Windows ディスクイメージ書き込みツールが起動します。

「書き込み」をクリックすると、DVDにWindows 8のインストールイメージを書き込みます。



これで、インストールイメージを確保することができました。

ISOファイルは上で示された場所に保存ているので、任意のソフトで焼くことも可能です。

作業を途中で中止しても、デスクトップに作成されるアイコンから、再度実行することができます。



インストールの様子は、また後日書くことにします。

最後まで読んでいただいてありがとうございます! よろしければ右の”顔入りの「いいね!」”もしていただけるとうれしいです!!




今なら、5,000円を切った価格で買えます!2万円値上げの前に購入しましょう!!


posted by Ken at 00:07 | Windows 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。